僕の彼女を紹介します(DVD)

「猟奇的な彼女」がとっても面白かったので、その監督と主演女優が再び贈る、なんていわれた日にゃあこれはもう見るしかない。

しかし、「見た目はかわいいけど、やることはむちゃくちゃ。でも、心の奥には弱いところあり」なんていうチョン・ジヒョンのキャラは「猟奇的~」と同じなのね。彼女がそのまま警察官になったのかと思ってしまいそうなオープニングで映画はスタートする。

その後、二人がなぜつきあい出したのかよくわからないまま話は進んでいくけど、いろいろなエピソードが突然すぎる点が気になってしまい、今ひとつ話に乗りきれない。期待していた笑いもあんまりなくて、ちょっと期待はずれだったかも。しかも、相手役の人が死んでしまうし・・・(ネタばれごめん)。

まあ、途中で何度も伏線はあったことはあったけど、あんな形で死ななくてもいいのに。私があらためていうまでもないけど、韓国ドラマ・映画の過度のドラマティック性のひとつ(死ぬことによるお涙ちょうだい)が本作にもかいま見えて、少しがっかりしてしまった。

しかし! そんなエセ評論家的な私の感想を吹っ飛ばすようなエンディングが待っていようとは! えーーー、そう来くるか、と誰もが思ったはず(私のような理由でこの作品を見た人は)。ちょっと反則気味の終わり方だが、これもありなのかもしれない。

・・・・久しぶりにもう一度「猟奇的な彼女」をみてみようかな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック