「赤い奇跡」第1話&第2話

当初は赤いシリーズリメイクの最後を飾るはずだった「赤い衝撃」が、「陸上選手に見えない」「(深キョンが)昭和風ではない」などの理由で急遽完全新作「赤い奇跡」になってしまった。さてその出来はいかに。

第1話
多少時機を逸した感もあるけど、トリノ金メダルで沸いた女子フィギュアスケートが題材でしたか。陸上スプリンターに見えないから企画が変更になったのに、深キョンをスポーツ選手にしちゃって大丈夫なの? まあ、アップは本人、引きの演技は別の人というありきたりの編集で逃げていたけど、彼女が大会優勝者という風には全く見えない時点でリアリティがないのはあきらか。

じゃあ見どころはと言うと、意外にもというか企画のねらい通りというか深田恭子しかない。実をいうと、彼女のドラマは野島伸司脚本の「ストロベリー・オン・ザ・ショートケーキ」しか見たことがなかった。しかし、ドラマ放送当時(2001年)も、「ブレイクから数年経っているのに高校生役とは一体何歳なんだ?」と思ったものだけど、それから5年経ってもフィギュアというスポーツ選手で主役を張れるとは息が長いと驚いてしまう。まだ24歳なのね、彼女。

深キョンしか見どころはないと言いつつも、第1話はまあまあ楽しめた。ただ、一体どこが「赤いシリーズ」なんだ?という疑問は残るけど。

第2話
さて、赤いシリーズ的な展開になるのか否かという期待を持ちつつ見た最終話だったが、こっちははっきり言って期待はずれ。赤い云々は別にして単純にお話としても面白くないし。

見終わったあと、どこが「奇跡」なんだと思ったが、奇跡の復活ということなのか? うーーん、それはあまりに無理がある。


視聴率的にはかなり苦戦したようで、第1話が9.3%、第2話が8.3%という惨憺たる結果に終わっている(だって一桁だよ!)。赤いシリーズのリメイク自体は悪いアイデアだとは思わないので、問題は他にあるのだろう。3シリーズの期間が空きすぎたのも一因ではないだろうか。

個人的には深田恭子が結構かわいいということが今更ながらわかったことだけが収穫だったドラマだった。ということで彼女の画像を数枚アップしておこうかな。

画像


画像


画像


画像


結構髪型を変えているなあ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック