「功名が辻」第26話

この回は吉兵衛につきる。初回から見続けていた人は涙なくしては見ることはできないだろう。

山内一豊(上川隆也)を支える重臣の一人である五藤吉兵衛(武田鉄矢)が今回で命を落とす。史実がどうだったか知らないし、予告編でそれらしきことは匂わされていたけど、正直信じたくはなかった。それほど彼の存在は大きかった。

討ち死にする前夜に彼が一豊に語った言葉は、冗談めかせてはいたけれども感動させるに十分だった。「功名が辻」という言葉の原点は彼だったのか。

彼なくして今後の山内家はどうなるのだろう。大河ドラマの展開的も賤ヶ岳だし、地味ながらますます目が離せなくなった功名が辻に期待大だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック