車での帰省道中記

いつもは新幹線&高速バスで帰省しているが、今年は何を思ったか車で帰省することにした。まあアコードに買い換えて2年目だし、実家への披露目もかねてかな。東京~徳島まで片道約670kmの一人旅だったが、予想通り結構疲れた~。とりあえずタイムスケジュール等を以下に書いておく。

行き 8/10(木)
8:40頃 出発
11:50頃 中央自動車道・恵那峡SAにて一回目の休憩 食事(山菜うどん)&給油
15:50頃 神戸淡路鳴門自動車道・淡路SAにて二回目の休憩
17:30頃 到着
所要時間は約9時間

帰り 8/15(火)
12:00頃 出発
13:30頃 神戸淡路鳴門自動車道・淡路SAにて一回目の休憩&給油
15:50頃 名神高速道路・伊吹PAにて二回目の休憩 食事(おにぎり)
18:20頃 中央自動車道・虎渓山PAにて三回目の休憩 食事(おにぎり)
20:30頃 中央自動車道・中央道原PAにて四回目の休憩 食事(おにぎり)
23:00頃 到着
所要時間は約11時間

ここからは雑記。

その1
行きでの昼食はSAで山菜うどんを頼んだ。食券を買い厨房のおばちゃんに渡そうとすると、「出来上がったら番号をお呼びします」とのこと。???と思って食券を見ると確かに番号が印刷されている(確か133番だった)。食券を自販機で買ったら、その時点で厨房にはその情報(番号とメニュー)が伝わる仕組みらしい。なるほど~。

その2
ガソリンが高騰しているので、さぞや高速内では高いだろうと思っていたら、その異常な高騰っぷりに高速内設定価格(前月の平均価格らしい)がついていけず、下よりも安かった(ハイオクが148円/下では155~157円)。当然のごとく行き帰りともに高速のスタンドで給油したが、同じことを考える人は多く、帰りの時は結構な列ができていた。

その3
行きは2回の休憩で乗り切ることが出来た。渋滞らしい渋滞は名神に入ってすぐの5kmくらいで、あとは京滋バイパス、中国道、淡路などもスムースそのもの。最高120km/h巡航で走ることができたと思う。ただ、淡路島内はクルーズコントロールを使って110km/h固定走行をしてみた。約1時間もの間クルーズコントロールを使い続けることなんて滅多にない機会だが、追い越し・追い越されのタイミングに気を遣う以外は快適なドライブだった。

その4
一方、帰りは4回も休憩する羽目になった。2回目の休憩を終えた直後に事故渋滞に巻き込まれ、10km渋滞の脱出に1時間30分もかかったのが痛かった。疲れ&夜間走行&東京に近づくと雨模様になったこともあり、後半は走行車線で平均90km/h運転。ラッキーなことに前後の車が自分と同様かなり車間距離をとる運転をしていたので、比較的神経をすり減らすこともなく運転することができた。自分を含む前後3台同じ車で八王子までの1時間はランデブー走行したかな。結構走行台数が多い中だったので本当によかった。頻繁に前後に割り込まれたり、車間がつまったりするとスピード調整に気を遣って必要以上に疲れるからなあ。

結局、行き帰りともにナビの予想所要時間である11時間はクリアしたから、ほぼほぼ順調な帰省だったとは思う。ただ、帰省先での足を得る代わりにかなりの精神的&体力的な疲労は避けられないこともあらためてわかった(実は3回目の車での帰省)。もうしばらくは車での遠出はいいかな・・・。

おまけ。帰りの淡路SAから撮った明石海峡大橋。暑かった~。内陸的暑さの東京(日野)とはまた違う暑さでした。
画像

この記事へのコメント

2006年08月18日 02:49
こんにちは。新着から入りました。うちにもどうぞお越しください。

この記事へのトラックバック