「たったひとつの恋」全10話

10月期のドラマが早くも終了し始める。今年ももう終わりだなあ。まずは「たったひとつの恋」が最終回を迎えた。

北川悦吏子脚本ということで期待していた一本だったが、確かに面白かった。・・・途中までは。前半は身分違いの恋の行方や、友人たちとの軽妙な会話などが面白かったのだけれど、いつからか夢が覚めたというか現実に戻されたような話が続くうちに、ちょっと醒めてしまった。

特に、お別れして数年後、ばったり再会・・・なんていうありがちな展開には正直がっかりしてしまった。最終回もあまり盛り上がることなく、余韻もなく終わってしまった。うーん、傑作になりそうな予感があっただけに残念だ。

主題歌であるKAT-TUNの「僕らの街で」(作詞・作曲 小田和正)はなかなかいい歌だ。カラオケで歌えるように今度レンタルしてみよう。

お薦め度:70点

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック