SACDプレーヤ(DENON DCD-SA500)入手

思いがけなく、デノンのSACDプレーヤDCD-SA500を格安で入手できた。一度SACDの音をじっくり聴いてみたいと思っていたのでこれはうれしい。

DCD-SA500のスペックなどについてはこちらを参照。入手先は会社の同僚からなのでいわば中古なのだが、この中古ひと味違う。というのは、中がかなりいじられているのだ。あまり詳しくはいえないが、クロックを別回路にしてジッタを押さえたり、電解コンデンサをいじったり、天板に鉛を貼り付けてシャーシの共振を押さえたりしているらしい。

ということでメーカーの保証(修理)が受けられないので、\20,000でいいということだった。通常の中古価格はだいたい\50,000前後らしいので、やはり格安といっていいだろう。

DCD-SA500をラックに入れたらこんな感じ。
画像
壊れたまま放置していたソニーのMDプレーヤMDS-JA3ESは撤去して、こちらは長く愛用しているソニーのCDプレーヤCDP-XA5ESと重ねる形で設置してみた。

さてどんな音が聴けるのか。ただ、SACDソフトは本体入手時点では1枚ももっていなかったのでCDの音を、CDP-XA5ESと比較しながら聴いてみた。

・・・いろいろと試したのでそのすべてを書くと膨大な量になる。なのでポイントをできるだけ簡単に書くことにする。

ポイントその1
CDP-XA5ESと比べるとDCD-SA500は情報量が多くて、今まで聞こえなかった楽器の音が聞こえるようになった。同じ音楽CDソフトなのに、まるでリミックスされたように印象ががらりと変わる。また、CDP-XA5ESはソリッドで音が堅い感じだが、DCD-SA500はバランスがよく柔らかい。高音の出方も明らかに違った(これには訳があって、それはあとでわかった)。

ポイントその2
実は、ポイントその1時点では、CDP-XA5ESは光ケーブルでのデジタル接続で、DCD-SA500は安物ピンコードでのアナログ接続という、接続形態の違いがあった。そこで、DCD-SA500もデジタル接続(同軸)してみたら、なんとDCD-SA500の音がCDP-XA5ESそっくりになってしまった。そう、ずっと聴いていたCDP-XA5ESの音の傾向は、AVアンプ(Pioneer VSA-AX10Ai)のDACの音の傾向だった。まあ気がついてみたら当たり前なんだけど。

ポイントその3
ちょっと脱線して、じゃあCDP-XA5ESもアナログ接続してみたらどううなるかとおもって試してみた。確かに音の傾向は変わったが、でもDCD-SA500に比べたらかなり落ちる。ということで、今後のCDはDCD-SA500で聴くことに決定! アンプとの接続はもちろんアナログで。

ポイントその4
アナログピンコードを安物(たぶんビデオかなんかの付属品。線も細いし金メッキでもない)から\1,200くらいの市販品に代えてみた(ヤマダ電機で購入)。すると、また音が明らかに変わった。というか、今までで一番音が変わったと思う。低音にパンチ力が出たし、女性ボーカルが澄みやかになった。全体の音量も大きくなって思わずアンプのボリュームを絞ってしまうほどだ。これはかなり驚いた。でも確かに昔(アナログ時代)はケーブルを代えただけで音がかわったよなあ。デジタル全盛になってすっかりそのことを忘れてしまっていた。

ということで、現時点ではかなり満足している。毎週、休みにいろいろとCDを聴くのが最近は楽しくて仕方がない。じつは、これ以外にもアンプの設定をいじったり(これまた音がかなり変わった)、SACDソフトを購入して同一タイトルのCDと聴き比べたりもしているが、それを書き出すと止めどなくなるので今回はやめておく。でもまた別の機会に書いておきたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 【光ケーブル 接続】関連商品

    Excerpt: 光ケーブル 接続 に関するYahoo! 楽天 AMAZONの検索結果、ブログからの口コミ情報を提供しています。 Weblog: オンラインショップ シンプル検索 racked: 2008-09-17 18:09