レミーのおいしいレストラン(デジタルWOWOW)

火曜日に見た2本目の映画はPIXARの「レミーのおいしいレストラン」。

PIXARの作品はここ数年の「Mr.インクレディブル」「カーズ」がいまいちな出来だったので、「レミーのおいしいレストラン」もあまり期待はしていなかった。なので、見終わってもあまりがっかりはしなかったと思う。

PIXARの作品の良さはファンタジーだと思っているが、そこに現実の人間の生活を絡めすぎると肝心のファンタジーが嘘くさくなってしまう。そんなことあるはずがない、と我に返ってしまうから。そういう意味で、「レミー~」はファンタジーとして失敗作だと思う。

ネズミが人の言葉を理解できる?繊細な味覚を持つ?頭の上から人を操ることができる?果ては、ネズミ自身が人前で料理をしてしまう? ふざけるなといいたい。 そして見ている観客にそう思わせた時点でこの作品は失敗だ。

同じPIXARの「トイ・ストーリー」はその点すばらしかった。人がいないところでは、人形やおもちゃがしゃべるは動くはやりたい放題。でも人がいる時は当然動いたりはしない。で、いなくなるとまた動き出す。もしかしたら自分の家にある人形やおもちゃたちも陰ではこんなことになっているかも、なんて思わせてくれた。これぞPIXARファンタジー。

ネズミが人語を理解しても繊細な料理をしても別にいいよ。ちゃんと説得力を持って見せてくれればね。でも「レミー~」みたいなやり方じゃだめ。その辺に作る側が気がついてくれないとPIXARの映画がどんどん面白くなくなってしまう。果たして「WALL・E/ウォーリー」はどうなのか。劇場には見に行く予定はないので、またWOWOWで放送するまで待ってみようと思う。

内容:65点 画質:90点 サラウンド:85点

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック