M:i:III(デジタルWOWOW)

スクリーンを買い換えてから見る最初の映画はこいつ。特に意味はなく、たまたま未見でHDDに残っていた映画を選んでみた。

1作目2作目もそうだったが、この作品も見終わったあとにほぼ同じような感想を持った。よくわからないテクノロジーを駆使してミッションに当たるところとか、敵は外じゃなくて身内にあるとか、見終わったあとはもう2回目をみたいとは思わないこととか。その場限りの娯楽作品という形容がぴったりだ。

イーサン・ハントの結婚相手のなれそめとか、作中でキーとなるラビット・フットの正体とか、それを上海から盗み出す部分のカット具合とか、いろいろ気になる部分は多かった。まあいろんな意味で作りが甘かった気がする。まあ、あまり中身について書くような作品じゃないのでこれくらいにしておこう。でもこんな作りを続けていたら観客も劇場に足を運ばなくなるんじゃないかなあ。画質やサラウンドはなかなか良かったけどね。

内容:70点 画質:90点 サラウンド:90点

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック