サッカー日本代表(W杯最終予選・オーストラリア戦)

ホームに最大の敵を迎えての試合。結果は0-0のドローで、勝ち点1にとどまった。

前半はほぼ互角だっただろうか。オーストラリアは無理をしない戦い方をしているようだが、勝負時と見ると一気にたたみかけてくるので不気味だ。一瞬も気を抜けない、久しぶりに手に汗握る緊張感のある試合展開だったのに、内田のパスミスや松井の軽いプレーを見て結構ヒヤヒヤした。

後半は惜しいシーンも多くて、特に遠藤のミドルシュートは真正面だったのが残念だ。しかし、枠にいったシュートはたぶんこれだけ。押し込みながらも決め手がなく、シュートも打てず、打っても枠外か正面では点を取れるはずがない。

相手がオーストラリアとは言え、ホームゲームで無得点の勝ち点1では大いに不満だ。まあ、負けなかったので岡田の首の皮もまだつながるだろうが。最終的にグループ2位までに入っていれば問題ないわけだから、下の3チームがだんご状態になってくれることでも祈ってみるか。

今日の試合、10点満点で5点といったところかな。

-
この試合を見たあと、風呂に入って一杯飲みながら追記。なのでとりとめなし。

最終予選を4試合戦って(予選の半分終了)、ホーム2試合中2試合とも引き分けで、アウェイ2試合中2試合とも勝利ってどういうことだ? また、最下位のウズベキスタンの成績は0勝3敗1引き分けの得点1で、その1点と引き分けは日本のホーム試合という。今の日本代表は、この結果だけ見ると逆境に強いともいえるが、勝つべき時に勝ちきれないひ弱さがあるのも間違いない。要は、まだまだのレベルということだ。

今日の試合、稲本と中村憲剛がベンチにも入っていなかった。これまた一体どういうことだ? かつてオシムチルドレンといわれた選手たちは岡田体制になって軒並み姿を消したが(その割にまだメディアでは「ボールも人も動くサッカー」などといっているのが笑える)、中村憲剛もとうとうその仲間入りなのだろうか。稲本に至っては、ベンチにも入れないならドイツからわざわざ呼び寄せるな、といいたい。人をなんだと思っているのか。あー、早く岡田更迭されないかな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック