車のナンバー変更

横浜に引っ越ししてきて一年と5ヶ月経つが、唯一変更手続きをしていなかった車のナンバー変更をようやく行ってきた。最初はディーラーにすべて任せようと思ったが、結局すべて自分でやってしまったので、今後のためにも手続きの手順を書いておこうと思う。

ナンバー変更を行うには色々と書類が必要になる。これを準備するのが面倒で、たぶん一番のネックだ。

(1)車庫証明の申請
何はともあれ車庫証明がないと話にならない。一年点検をディーラーに依頼した時、ついでに車庫証明を取るための書類一式をもらっておいた。もちろん直接警察署に行ってもらってもいいし、ネットでダウンロードもできる。

準備したのは、
・自動車保管場所証明申請書(4枚複写)
・保管場所の所在図・配置図
・別紙の地図(Google Mapを印刷したもの)
・駐車場契約書のコピー
・住民票(コピー可)
と免許証だ。

車検証を見れば証明申請書に記入すべき項目はすべて載っている。面倒なのは保管場所の配置図で、駐車場近くの道路の幅とか保管場所のサイズとかを書かなければいけない。なので、夜中にメジャーを持って道幅とか駐車枠の長さを測った。ちょっと怪しい感じなので人に見られたらいやだなあと思ったが、幸い誰にも目撃されなかった(と思う)。

これら一式を所轄の警察署に、平日の8:30-12:00,13:00-17:15の間に提出する。このとき収入印紙\2,600分が必要で、それはだいたい警察署横にある別建物で売っているので、そこで購入する。

(2)車庫証明の受け取り
(1)の申請書を提出してから約1週間後に車庫証明の発行が可能になるので、また、平日の8:30-12:00,13:00-17:15の間に警察署に受け取りに行く。このときは特に費用は発生しない。\500分の収入印紙がついた受取証を窓口に渡すだけだ。

自分の場合、3/18(水)に申請書を提出したら、3/23(月)13:00以降に受け取り可能となっていて、3/30(月)の午後に受け取った。車庫証明の有効期間は申請後1ヶ月なので、あとのことを考えたら早めに受け取った方がいい。

(3)住民票(3ヶ月以内のもの)
陸運局でナンバー変更を行うには住民票(3ヶ月以内のもの)が必要になる。車庫証明時に使った住民票は引っ越し直後に発行したものだったので、今回新たに区役所に行って住民票を発行してもらった。1枚\300。役所によっては土曜日も住民票を発行してもらうことが可能だったり、ネットで申し込んだりできるが、自分の場合は車庫証明を受け取るついでに区役所までいって発行してもらった。

(4)希望ナンバー申請
ナンバーを自分の希望する番号にしたい場合は、こちらからあらかじめ申請しておく。ぞろ目などは抽選になるが、そんな恥ずかしい番号にするはずないのであっさり取得できた。希望番号のナンバープレートはできあがるのに手数料入金確認後から数日かかる。自分の場合、4/1(水)に申し込み&ネットバンキングで振り込みを行ったところ、4/6から5/7までの間に交付可能とのメールが来た。1ヶ月あるように見えるが、車庫証明の有効期限が4/22までなのでそれほど余裕はない。希望ナンバーの交付手数料は\4,100。4/1に申し込んで、入金の期限が4/3までという結構厳しい制限があったことに驚いた。

(5)ナンバー取り付け
ここからは陸運局に行ってからの手続きになる。もちろん、車持ち込みで。受付は、平日の8:45-11:45,13:00-16:00。
まず、ナンバー変更申請書を購入する。\375。別の窓口で希望ナンバーの受付番号を伝え、その受付証明書をもらっておく。あとは車検証を見ながら申請書に必要な項目を記入して、別の建物の別の窓口に提出する。5分程度待つと新住所になった車検証が発行された。続いて、また別の建物に行って税金関係の住所やナンバー変更届を提出。ここまでで、とりあえず書類関係の手続きは終わり。

つぎに、隣の建物の希望ナンバー交付窓口に行く。すると、車を建物の近くに持ってきて、前後のナンバーを外してくるようにいわれるので、ドライバーを借りて自分でナンバープレートを外し、受付証明書とともに窓口に持って行く。すると、新ナンバープレートを渡されるので、また自分で取り付ける。作業中に検査員がきて、ボンネットの中を見、最後にナンバーを封印したらすべて終了。

結局、陸運局にいた時間は1時間くらいかな。10:00に家を出て、10:30頃神奈川陸運支局に到着し、11:30頃作業がすべて終了し、12:00には家に戻ってきていた。陸運局では思ったよりあっさりと終わってしまった。ただ、建物から建物へあちこち移動させられるけど。今日がいい天気で良かった。

さて、今回のナンバー変更でかかった費用は、2,600+300+4,100+375=\7,375。本当は陸運局に行って帰ってくるまでの高速代(往復で\1,400)もあるけど、それをあわせても\9,000以下で済んだ。この手続きをディーラーに依頼していたらいくらかかったかというと、車庫証明や住民票は自分で用意したとしても約3万円といわれていたし、個人で行政書士に代行を依頼していたら見積もりは\49,400だった。さすがにこの差は大きい。

金額差を見ると他人に依頼するのがばからしくなるが、やはり書類を準備するのが大変だし、何より少なくとも二日間は平日に処理をしないといけない(=仕事を休む必要がある)。自分の場合、最初の2日は休日出勤の代休だったので、今日1日休むだけで良かった。警察も陸運局もその辺はもっと考えて欲しいものだが、土日に対応すると前述のディーラーや行政書士たちの仕事がどっと減ると思うので、たぶん土日対応は将来もならないんだろう。

最後に、写真を載せて終わりにする。
画像
あちこち歩きまわされた神奈川陸運支局内部。

画像
横浜ナンバーになった愛車アコード。個人情報なのでナンバーを何番にしたのかは秘密。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック