サッカー日本代表(W杯最終予選・オーストラリア戦)

長かったW杯予選もこの試合でようやく終わり。すでに出場は決めているけど、できれば勝って欲しい。相手はここまで無失点のオーストラリアが相手ならなおさらだ。

試合は静かながらも緊張感のある立ち上がり。ほぼ満員の観客が妙に静かなのも緊張感があるようにみえたのかもしれない。出来としては、前の試合に比べたら多少はましになっていた。ただ、橋本、今野、松井はいまいちの出来。

そんな中、日本がCKから闘莉王のヘディングで待望の得点をあげ、前半はそのまま1-0で折り返す。もしかしたら、とも思ったが、しかしまたドイツW杯のシーンは繰り返され、ケーヒルに2得点されて1-2で負けてしまった。阿部じゃなくて中澤だったら何とかしてくれたかもしれないが、それはいっても仕方がないか。ただ、悔しい。

日本も攻撃で惜しいシーンは何度かあった。しかし相変わらず、ラストパスの精度があきれるほど悪くて決定的チャンスは作ることができなかった。ゴール前ではワンタッチで細かいパスを出さないといけない決まりでもあるのだろうか? 相変わらずそう思わされるところは何も進歩していない。ゴール前までドリブルで持ち込めそうなのに、ペナルティエリア前で慌ててシュートを打って、はるか枠外に外すのも変わっていない。岡田は試合後のインタビューで確実に進歩しているといっていたが、一体どこが進歩したというのだろう。

さて、W杯本戦まであと一年を切った。今後、メンバー選考(もちろん監督を含む)、組み合わせ抽選、強化試合など楽しみはいくつもある。本戦でのベスト4などという戯言は聞かなかったことしてあげるので、身の丈にあった、まず1点。まず勝ち点。まず1勝。そして予選突破を目指して欲しいと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック