2009年4月期に見たテレビアニメの感想

今期は民放ドラマに見るものがなかったので、アニメ作品だけの感想になる。しかも1クールで終了するのは二つだけなので、それぞれをいつもより長めに書いてみる。

◆けいおん!
6/26終了 全13話 TBS(4:3SD)
製作は京アニ。ゆるゆる系の学園ドラマとかキャラデザを含む作画からみても同じ京アニのらき☆すたとよく似ている。今回は女子高生Girl's Bandのお話ということで関連CDの売り上げとかチャート順位とかが結構話題になっていたと思う。

肝心の本編はというと、ゆるゆるまったり系なので、ある日常を切り取ったたわいない話も多く、盛り上がりに欠けるきらいはあるかもしれない。でもそれがいい。ふとしたきっかけで軽音部に入部した主人公が綴るエピソードに共感した人も多いのではないだろうか。見た目がかわいいというだけで、レスポールのギターを買ったり(女の子の感覚はよくわからん。でもレスポールって重いんだよね。で、そのエピソードもあとでちゃんとある)、鏡の前でギターを抱えている自分を映してみたりとか。いきなりうまく弾けるようになっているのにはちょっと笑ったけど。

OP/ED曲以外にも、ばんばん関連CDをリリースする商魂には多少あきれ気味ではあるし、BDソフトが全13話なのに全7枚で、しかも1枚\7,980ってふざけるな!とは思う(だから買わない)。でもどの曲も本編もかなりいい出来だったのは間違いない。今期の中ではトップクラスの出来の作品だと思う。BDソフトがもっと安くて省スペースだったら買っても良かったんだけど・・・。
評価:良い

ところで、唯(豊崎愛生)が購入したギターは本家ギブソンのレスポール・スタンダードだけど、自分は今はなきギブソンの別ブランドであるオービルのレスポール・カスタムを持っているので、久しぶりに引っ張り出してみた。

画像
購入検討時はストラトキャスターか、リッケンバッカー325(いわずとしれたジョンレノン愛用モデル)を買うつもりだったのに、雑誌で見たレスポール・カスタムの黒のボディに金色のアクセントがとてもかっこよくて思わずこれにしてしまった(ん?、唯と同じ理由か?)

画像
ヘッドにはOrvilleの文字。って、まだフィルムがついてるw Gibsonじゃないところが寂しいが、ギブソンの創設者Orville Gibsonの名前から取ったブランドらしいのでブランド名は引けを取らない?

買ったのは確か1993年で、7万円前後だったと思う。ボーナスが出てすぐに八王子の楽器屋に買いに行ったような記憶がある。購入前、ギターが弾ける同期に「レスポールはどう?」って相談したら、初心者はやめた方がいいっていわれたのに、見た目が気に入ったのでアドバイスを無視して買った。でもすぐにちょっと後悔した。だってこのギター、ものすごく重い。座って練習していたら足がしびれるし、立って弾いたら肩がこる。ギターなんてどれも一緒かと思ったら、雑誌で見るだけではわからない差があるとは。軽いストラトキャスターにすればよかったと思ったものだ。トレモロアームもついていて楽しそうだし。

結局、だんだん練習しなくなりそのうちただの飾りになってしまった。今、YouTubeで「けいおん!」を検索すると、OP/EDや劇中歌を演奏する動画が山ほどヒットする。そのプレイを見ていると、これだけ弾ければ楽しいだろうなあという思いと、ここまでできなくてももっと頑張れば良かったという後悔が入り交じって複雑な気分になる。

参考までに、YouTube動画の紹介。


【TABアリ】ふでぺん~ボールペン~を弾いてみた。【Nakimushi】
【K-ON!】Cagayake!GIRLSを本気で弾いてみたHD【Guitar】
素人でこれだけ弾ければ楽しいよなぁ。

こっちは本当のおまけ。でも凄い再生回数だね。
【トトロック】 ギターでとなりのトトロを弾いてみた【My Neighbor Totorock】


◆初恋限定。
6/28終了 全13話 BS11(アップコン)
回数を重ねるたびに評価が高まったのがこの作品。原作は週刊少年ジャンプの漫画らしいが、ジャンプは読まなくなってかなり経つので、この原作が連載当時どんな評価だったのかは何も知らない。BS11限定での放送なので、それほど大人気という訳ではなかったのだろうと想像する。

最初はお色気を前面に出したおちゃらけ作品かと思ったが、実はかなりしっかりと作られた正統派恋愛コメディだとわかってから個人的な評価がかなり上がった。最初の2話を消してしまったのが悔やまれる。3話以降はBDに保存しているが、2話分のためにBDソフト第1巻を買うかどうか悩みどころ。これを買ってしまったら全部揃えてしまいそうだし・・・。

オムニバスストーリーではあるものの軸となる話(キャラクター)もあるので、散漫さがなく、かつ毎回新鮮に話を楽しむことができたと思う。女の子がたくさん出てくるアニメはそれこそ山ほどあるが、この作品のようにちゃんと設定された男キャラがそれなりにたくさん出てくるのは珍しい。そういった意味でも、脚本やシリーズ構成の人の力量はなかなかのものではなかったかと思う。

ED曲は「ひだまりスケッチ」EDからチェックしているmarbleが担当。「GET WILD」的な曲のかかり方がとてもスリリングでかっこいい。marbleのセカンドアルバムを待とうと思うも待ちきれず、つい最近シングルCDを買ってしまった。・・・もっと早く買うべきだった、と思うくらい最近一番のお気に入り曲だ。OP曲も悪くない。ありがちな、この作品に出ている声優さんユニットが歌っているものとかなり後半まで勘違いしていたけど。
評価:良い

前述したように、今クールのみの作品はこの二つだけ。しかもどっちも高評価だったから少し残念。もっと長く見たかった。

◆花咲ける青少年
◆クロスゲーム
◆ティアーズ・トゥ・ティアラ
◆咲 -Saki-
これらは2クール以上なので感想はまた次回以降。

早々に見限ったのは以下の作品。これらは様々な理由で最後まで見続ける自信がないので途中で見るのを断念した。

◆クイーンズブレイド 流浪の戦士 1回目で断念
◆PandoraHearts 2回目で断念
◆シャングリ・ラ 2回目で断念
◆夏のあらし! 2回目で断念
◆東のエデン 2回目で断念
◆こんにちは アン 3回目で断念
◆タユタマ -Kiss on my Deity- 4回目で断念

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック