alneo XA-V80-B入手

日頃の電車通勤時には、いつも第二世代のiPod nano(4GB)で音楽を聴いているのだけど、容量の少なさは別に気にならないが、音の悪さは前々から気になっていた。ほぼ毎日2時間は聴いているので、どうせならもっといい音で聴いてみたい。

さて、何がいいかと考えるが、現行の第五世代iPod nanoは最初から対象外。音質的にもう懲りた。色々考えて、ネット等での評判が良かったビクター alneo XA-V80-Bに決めた。

画像
左がこれまで使っていたiPod nano。右がXA-V80。サイズ的にはほとんど変わらない。多少厚みが厚くなったくらいか。ただ、デザインセンスは遙かにiPodの方が上。

画像
裏にはビクターの犬のマークの刻印あり。なかなかかわいい。このマーク、液晶画面のスクリーンセーバーとしても使われている。

さて、両者の音の聴き比べだけど、ヘッドホンは別売のものを使用。iPod nanoに付属していたヘッドホンは話にならないほど音も装着感も悪かった。alneo付属のも音はあまり良くないらしい。今回使用したのはインナータイプで、\3,000程度で買った安物だけど、付属のものよりは遙かにましだと思う。

で、最近よく聴いている曲を何曲か入れて聴き比べたが、もう圧倒的に音が違う。もちろん音量はどちらもほぼ同じくらいになるように調整してある。iPod nanoの方は特定の楽器だけが妙に強調されてきこえ、それ以外の音は痩せてしょぼい感じだけど、alneoは低音から高音まで自然な感じで聴かせてくれる。バランスがいい感じ。その中でも特に驚いたのは、楽器やボーカルの「響き」が再現できていたこと。まるでスピーカーで聴いているかのような音は、「所詮DAPの音なんてしょぼくて当たり前」と思っていた固定概念を見事に崩してくれた。

音楽データの転送方法が簡単でわかりやすいのもGood。普通のUSBケーブルを挿してPCと接続し、エクスプローラで、mp3ファイルをドラッグ&ドロップするだけだ。もちろん、Windows Media Player11で、曲の管理をすることも可能だけど、同期するとかしないとか面倒なので、ドラッグ&ドロップの方が好みかな。自分としては、これまで通りiTunesでCDを取り込み、とりこんだmp3ファイルをalneoにコピーするようにしようと思う。これで曲名やアーチスト名もばっちり引き継げる。

不安点は、バッテリーの持ちかな。まだそれほど使っていないのでどれくらいで充電することになるのか不明だけど、どうやらあまり持ちはよくなさそう。まあ、その分音質に回しているのだとしたら仕方がないとあきらめよう。

あと、このalneo XA-V80、今ではかなり入手困難な状況にある。実店舗ではほぼ在庫はないと思う。ネットで買うか、万が一店頭で在庫処分のたたき売りをしていたら、迷わず買うことをお勧めする。



日本ビクター 8GBデジタルオーディオプレーヤー(ブルー) XA-V80-A
ビクター

ユーザレビュー:
クリアで引き締まった ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ipod nano

    Excerpt: alneo XA-V80-B入手 きまぐれな言葉たち/ウェブリブログ iPod nanoの方は特定の楽器だけが妙に強調されてきこえ、それ以外の音は痩せてしょぼい感じだけど、alneoは低音から高音ま.. Weblog: mixi 儲ける racked: 2009-11-01 03:40