とめはねっ!鈴里高校書道部(全6話)

河合克敏の漫画が原作のドラマ「とめはねっ!鈴里高校書道部」が今日最終回。やっぱり全6話なんて短すぎるよ。

原作の漫画はヤングサンデー連載時代から好きで、ヤングサンデー廃刊後に掲載誌がスピリッツに移っても毎週(いや、隔週か)楽しみに読んでいる。そんな作品がドラマ化なんだから見逃すはずがない。でも、アニメ化じゃなくてドラマ化とは、初めてそのニュースを見た時はちょっと驚いた記憶がある。

で、そのドラマだが、無名の若い新人たちを脇で大御所たちががっちり固めるキャスティングになっていて、当初思ったよりもちゃんとしていた。正直、もっと手抜きでくるかと思っていたけど、その辺はさすがNHKといったところか。書道に関するうんちく話やパフォーマンスも、あらためて聞いたり実際にその書を見たりすると、漫画よりもわかりやすく理解できた気がする。

ただ、最終回の転校話はちょっとなあ。原作がまだ続いているのに6話で話を終わらせないといけないから仕方がないのかもしれないけど、もっと他にやりようがあっただろうと思うととても残念。別に、「また来年もみんなで一緒に書道甲子園目指して頑張りましょう」的な終わり方でも問題なかったと思うんだけど。

最初はいまいちかなと思った望月結希役の子(朝倉あき)もすぐに慣れたし、周りの書道部の面々もなかなか良かった。特に影山先生役の八嶋智人はぴったりで笑ってしまうほどだ。

でも、あの終わり方じゃあ続編はないんだろうなあ。返す返すも残念だ。

原作の漫画についても一言。
河合克敏といえば柔道漫画「帯をギュッとね!」くらいしか知らない。もう少年漫画(ジャンプとかサンデーとか)から卒業してずいぶんになるので、その「帯をギュッとね!」すら一度も読んだことがない。名前くらいは知っている程度だった。

ところが数年前にヤングサンデーとスピリッツに読み切りを書いたことがあって、このどちらもが結構面白かった。特に、ラジコンカーを操る女の子の話が面白くて、これはそのうちにこっち(青年誌)でも連載が始まるかも、と思っていたところに始まった連載が「とめはねっ!」だ。連載開始後は毎週楽しみにしていた読んでいたものの、ヤングサンデー廃刊後はどうなるのかやきもきしたが、無事にスピリッツに移籍しほっとしたのを覚えている。

NHKさん。原作はまだまだ魅力的なエピソードがあるので是非とも続編をお願いしたい。そばやさんの話を是非。今回転校で終わらせた件は、「いやー、またもどってきました~」でいいのでよろしく。



とめはねっ! 鈴里高校書道部 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)
小学館
河合 克敏

ユーザレビュー:
面白いことは面白いが ...
「一」から始める書道 ...
予想以上書道をテーマ ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック