休肝日の効果

ここ数年、人間ドックで必ず引っかかっていたのが肝機能。お酒を飲むとその値が高くなるγ-GTPってやつだ。

去年の人間ドックでの値は242だった。基準値は男が79以下となっているので、これはかなり高い値といえる。でもこれは予想通り。だって、人間ドックを受けたのは2010年7月2日だけど、その頃は仕事が佳境も佳境で、毎晩帰ったらお酒を飲まないとやってられない状況だったから。こんな状態で受けたらどうなるのだろう、という興味もあって、前日まで特に節酒もせずにいた結果がこれだ。

ところが、8月になって仕事が一段落したあとも猛暑を言い訳にしたり、新しいスコッチを試したりするのが楽しかったりで、酒量は変わらず。うーん、これではいかん、と思い立ったのが9月上旬。まずは休肝日を作ろうと思い、巷で話題になっていたノンアルコールビールをいくつか試すことにした。味はどうなのか、そもそもアルコールなしの飲み物で満足できるのか。

いくつか買って見たのがこれ。
画像
キリン・フリーと、同じくキリンの休む日のalc.0.00%、そしてサントリーのオールフリーだ。オールフリーは、ちょうど品切れが解消して販売を再開したところだった。どれも安いところで\128、コンビニだと\148。意外と高い。

早速試す。・・・思ったより味は悪くない。プレミアムビールしか飲まない人なので、だめかと思ったらそうでもなさそう。これならいけるかも。風呂上がりにジュースじゃ物足りないけど、しゅわしゅわしたビール風味の飲み物だと何とかなりそうな気がする。で、どれにしよう。迷った結果、休む日のalc.0.00%を選択。これから休肝日にはこれを飲むことにした(350mlを二つ)。決め手はオルニチンが入っていることかな。肝臓にいいらしいので。

休肝日は、月曜、火曜、木曜の3日設けることにした。一週間に1日や2日じゃ効果が薄いそうなので、思い切って3日。水曜や金曜日は飲み会が入りやすいし、土日はやっぱり我慢したくないから、まあ妥当だと思う。

ということで、9月上旬から休肝日を設けたわけだけど、その効果はたぶんすぐには出てこないはず。継続は力なり。まずは12月まで頑張って、年末年始で休肝日のペースが乱れる前に検査をして効果を確認しようと決めた。

でもその前に思わぬ効果に気がつく。それは、休肝日のあとは顔の肌がすべすべになる、ということだ。特に、月火とアルコールを飲まなかった水曜日にそれを実感しやすい。どこでそれがわかるかというと、シェーバーでひげを剃ったあとの手触り感覚が明らかに違う。すべすべで張りがある感じ? これは面白いと思った。ただ、アルコールを飲まなかったおかげなのか、オルニチンを摂取したためなのかは不明だ。

もう一つ。休肝日にノンアルコールビールを飲む際、つまみは一切食べない。なにも食べずにお酒だけ飲むのは体によくないと言われてきたから、飲む時は必ず何か食べるようにしてきた。でもそれは休肝日には不要だ。だから間食というか夜食が減るので体重維持にも一役かったかな。

そうこうしているうちに12月になった。会社帰りに近所の個人病院に行って採血し、検査してもらった。検査日は12月3日で6日に結果を聞きに行った。γ-GTPの値は134。7月からは100以上下がったけど、それでもまだ高いなあ。しょうがない、もうちょっと何かを変えてみるか。

何か、その1。サプリメントの摂取。
画像
実は、ノンアルコールビール以外でもオルニチンが入った食品を少し食べるようにしていたんだけど、それにウコンも加えてみた。ウコンも肝臓にいいといわれているものだ。写真の左側がその「ウコンW」で、右はオルニチンの代表である永谷園の「一杯でしじみ70個分のちから」。

ウコンWには、ウコンだけじゃなくてオルニチンも入っているし(だからW[ダブル])、他メーカのよりも安い(6本で\780)からこれにした。このウコン含有ドリンク、結構効く。今までこんなの飲んだことなかったけど、1月に飲み会があって、帰宅後に1本それを飲んでから寝たら、次の日の朝は快調だった。その飲み会では結構飲んだので、これまた驚き。ということで、ウコンWをアルコール摂取日には必ず1本飲むようにした。

何か、その2。アルコール量の抑制と種類制限。
これまでアルコール摂取日に何をどれだけ飲んでいたかというと、ビール500mlを2缶と、その後はウイスキーをロックで何杯か。たまにワインも。それを、12月からはビール500mlと350ml一缶ずつ。そして、そのあとはウイスキーはやめてワインのみ。ビールの量を15%カットし、アルコール度数の高いウイスキーは飲まないようにしたということだ。

そして、それを2ヶ月継続したのでまたまた近所の個人病院に行って採血し、検査してもらった。検査日は2月8日で、今日12日に結果を聞きに行った。で、γ-GTPの値は87。惜しい! あとちょっとで限度値内だったのに。先生からもあともう一息と言われた。

しょうがない、また次の作戦を立てないと。今度はどうしようかな。ビールを350ml×2にしようか。でも、350ml缶のみって危険なんだよね。ついつい3缶目に手が伸びてしまって、結局前より増えてしまう可能性があるから。でも500ml一缶じゃ、たぶん足りない。悩むー。

・・・さてどうなるか。次回の検査は4月の予定。しばしお待ちを。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 休肝日の効果・その後

    Excerpt: 前回の検査から早くも2ヶ月。また近所の消化器内科にいって採血し、γ-GTPの値を検査してもらった。果たしてその結果はというと、 34 だった。余裕で範囲内だ。よし、目標クリア! Weblog: きまぐれな言葉たち racked: 2011-04-15 00:53