BDプレーヤー(Panasonic DMP-BDT900)購入

先週土曜日の午前中に、amazonからPanasonicのBDプレーヤーDMP-BDT900が届く。ん?いまプレーヤーっていった? はい、そうなんです。買ったのはレコーダーではなくてプレーヤーなんです。

今使っているBDレコーダーは2008年8月に購入したシャープのBD-HDW25なんだけど、さすがに2年半も前の機種だといろんなところで不満が出てきていた。さらに、AVアンプ(パイオニアVSA-AX10Ai)に至っては2004年3月購入だったはずだから、HDMI入出力やHDオーディオ対応などあるはずもない。

○BD-HDW25の不満点
(1)BDの読み込みやトレイ開閉などの動作が遅い
(2)HDマルチオーディオの下位互換(光端子出力)時の音が小さい
(3)ダビング中に再生などの操作ができない
(番外)去年11月のファームアップ以降、再生時に一瞬音が消える現象がでる

○VSA-AX10Aiの不満点
(4)HDMI入出力がないのでプロジェクターへの映像出力がアナログ(コンポーネント)になる
(5)HDオーディオのデコード非対応

普通に考えて一番簡単な解決方法はAVアンプを買い換えること。これで、(2)(4)(5)は解決する。(1)(3)も解決しようとするとBDレコを買い換えるしかない。でも、VSA-AX10AiクラスのAVアンプの次を探すのはなかなか勇気がいる。個人的にAVアンプに求めるのは、2chオーディオ再生の音質が一番で、その次がAVセレクター機能。サラウンド要素はほとんど重要視しない。

AVアンプに2chオーディオ再生の音質を求めると、どうしても値段が高くなってしまう。おいそれと買い換えられない理由はそれだ。VSA-AX10Aiだって、定価50万円、買値30万円だったから。じゃあ、BDレコを買い換えて(1)(3)のみ解決するか。でもそれではちょっと物足りない。うーん、どうしたものか。

ネットで色々情報を収集していたところ、HiViのベストバイの結果で興味深いものを見つけた。ほぼ満点に近いじゃないか。Panasonic? BDプレーヤー? ノーマークだったけど、DMP-BDT900の情報をさらに調べるうちに、結構いいかも、と思うようになってきた。

○DMP-BDT900がいいと思った点
・7.1chアナログ音声出力端子があること。DMP-BDT900本体でHDマルチchオーディオをデコードしてくれるので、そのアナログ出力をVSA-AX10AiのMultiInput入力に入れてやれば、迫力あるHDオーディオを楽しめそう。
・HDDを持たないプレーヤーなので、起動などが早いはず。もしかしたらBD読み込みの高速化も期待できる。
・HDMI出力が2系統ある
・色々レビューを見る限りでは、画質も良さそう

DMP-BDT900を買い足すと、(4)以外の(1)(2)(3)(5)が解消できることになる。HDMI出力が2系統あるので、AVアンプを介さずに直接HDMIでプロジェクターと接続すれば、(4)も解決できるかも。これはいい。かなりいい。

早速、価格.comで値段を調べると、最安値で\88,000。むむ、意外と高い。普通にBDレコが買えてしまう。やっぱりBDレコにしようか。・・・いやいや、BDレコを買っても(1)(3)しか解消しないからだめなんだって。そう自分に言い聞かせて、DMP-BDT900を買うことに決定(させた)。

結局購入したのは最安値店ではなく、\1,140高いamazon.co.jp。たったの\1,000ちょっとだし、今まで使ったことのないお店に個人情報を渡すくらいならamazonの方が安心できる。

到着したDMP-BDT900がこれ。あわせてHDMIケーブル(1.5m)とコンポーネントケーブル(1m)を追加購入しておいた。(このケーブルを買いに行ったときにニンテンドー3DSを見つけ、購入したことはすでに報告済み)
画像


ラックに入れたところ。薄いので3段にしても大丈夫だった。
画像


さて、不満点は解消できただろうか。検証してみる。

(1)BDの読み込みやトレイ開閉などの動作が遅い
 市販BDソフトで時間を測定。トレイにディスクを載せた状態で、閉じるボタンを押した瞬間から、画面に最初の映像が出るまでを測定した。
 アバター
      BD-HDW25 1分15秒
      DMP-BDT900 36秒
 エヴァンゲリヲン新劇場版:破
      BD-HDW25 1分27秒
      DMP-BDT900 33秒
半分以下に短縮されている。まあ30秒ちょっとというところなので、これならディスクの入れ替えでイライラしなくて済む。
 結果、ほぼ満足

(2)HDマルチオーディオの下位互換(光端子出力)時の音が小さい
(5)HDオーディオのデコード非対応
 これは、当然体感というか主観で判断。明らかに、音がよく(大きく)聞こえるようになった。今までは、いくらAVアンプのボリュームを大きくしても迫力が出なかったが、もうそんなことはない。
 結果、ほぼ満足。

(3)ダビング中に再生などの操作ができない
 これは、DMP-BDT900を買い足した時点でクリア。
 結果、ほぼ満足。

(4)HDMI入出力がないのでプロジェクターへの映像出力がアナログ(コンポーネント)になる
 これは未確認。まずはHDMIケーブルの長いの(7mくらい?)を買うことが必要。こんな長いのは店舗ではまず売っていないので、ネット購入かな。

それ以外でも、ちょっと期待していた画質の向上だけど、こっちは明確にわかる差はなかった。少し色が濃くなったくらいかな。特に赤色が鮮やかになった気がする。これは、液晶テレビ(ビクターLT-47LH905)とのHDMI接続、プロジェクター(ビクターDLA-HD350)とのコンポーネント接続で確認した結果だ。もしかしたら他にも差はあるかもしれないけど、自分の目では認識できないレベルだったということ。

ということで、思わぬ購入となったBDプレーヤーだけど、これからはBDレコーダーと併用し、状況に合わせて上手に使い分けていきたいと思う。

P.S.
一点書き忘れ。DMP-BDT900に合わせてヤマダ電機で事前購入したHDMIケーブル(1.5m)はBUFFALO製。いつもなら、ちゃんとしたAVメーカーのケーブルを買うのだけれど、ついつい安さに負けてこっちを買ってしまった。

ところが、いざテレビと接続してみると、画面に飛び込みノイズのような白い点々が無数に発生してしまって使い物にならなかった。これはテレビのHDMI2端子が悪いのか、それとも買ってきたケーブルが悪いのか。

色々試したけれど結局よくわからず。というのは、
HDMI1 BD-HDW25の付属品、 HDMI2 BUFFALO製ケーブル  ×
HDMI1 BD-HDW25の付属品、 HDMI3 BUFFALO製ケーブル  ○
HDMI1 BUFFALO製ケーブル、 HDMI2 BD-HDW25の付属品  ○
だったから。テレビのHDMI2端子だけが悪いわけでも、BUFFALO製ケーブルだけが悪い訳でもなさそうだ。結局、3番目の組み合わせで使うことにした。これがHDMIケーブルの相性問題というものだろうか。次に長いHDMIケーブルを買う時は注意しよう。


Panasonic ブルーレイディスクプレーヤー ブラック DMP-BDT900-K
パナソニック
2010-12-15

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Panasonic ブルーレイディスクプレーヤー ブラック DMP-BDT900-K の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • アバター(Blu-ray3D)入手

    Excerpt: Panasonicから「アバター」3Dプレゼントキャンペーンのディスクが届いた。まだやってたのか、このキャンペーン。 Weblog: きまぐれな言葉たち racked: 2011-04-24 23:32
  • BDプレーヤー(Panasonic DMP-BDT900)のドライブ交換

    Excerpt: 去年の3月に購入したパナソニックのBDプレーヤーの調子が悪くなったので、サービスセンターに出張修理を依頼しBDドライブの交換をしてもらった。 Weblog: きまぐれな言葉たち racked: 2012-06-30 14:28