2011年1月期に見たテレビアニメの感想

事情により、4月になってからの感想になる。対象となったのは以下の5作品+α。

◆みつどもえ 増量中!
2/27終了 全8話 TOKYO MX(HD)
最近増えてきた変則2クールもの(連続して2クール放送するのではなく、間に1,2クール空きを入れる)なんだけど、全8話ってやけに2クール目が短い。なので一ヶ月も前に終わってしまった。

前作は、途中見るのをやめていて前半と後半の数話を見た程度だったけど、今回は完走。でも、なんかあっさり終わってしまって、ちょっと地味な感じだったかな。

無印みなみけの脚本・演出陣だけあって、構成とかそっくり。みつどもえを2クールやるくらいだったら、新みなみけをやってほしいなあ。
評価:いまいち

◆君に届け 2ND SEASON
3/30終了 全12話 日本テレビ(HD)
ほぼ原作に忠実な作り。ファーストシーズンの出来からしても安心して見ることができた。ただ、自分とは解釈の違うところがあると、そうじゃないだろうと思ったり、一方であまりに原作通り過ぎると、新鮮味に欠けるなと思ったり。なかなか難しい。

セカンドシーズンは1クールなので、ちょっと物足りない感が強い。もう少し原作が進んでからでもよかったんじゃないか。

この原作は、言葉の解釈の違いによるすれ違いが物語の中心だったんだけど、これ以降はそれが薄れてきているので、サードシーズンがあったらもっとストレートに楽しめそう。次も期待したい。
評価:普通

◆フラクタル
4/1終了 全11話 フジテレビ(HD)
あのヤマカンこと山本寛の監督作品。あるサイトによると、「この作品がダメならアニメ監督を引退する覚悟」と言うほどに気合いが入っていたらしい。それを踏まえて最終話まで見た人間からいわせてもらうと、「すぐにでも引退した方がいい」。そう思うほどひどい出来だった。

まず、ナウシカとラピュタとコナンを混ぜたような世界観やレイアウトは呆れを通り越して怒りさえ覚えるほど。いくら30年前の作品とはいえ、この頃の宮﨑アニメはすでに古典になっていて、もう誰もが知ってしまっている。そんな作品をパクってバレないとでも思っているのだろうか。

それでも話が面白ければ多少大目に見てもいいのだけれど、そうじゃないからたちが悪い。後半の8話か9話のどっちかなんて、見ていて寝そうになってしまった。肝心の後半でそれなんだからあとは推して知るべし。こんなのを作るやつはやめてもらって結構。というか、もうどうでもいい。好きにして。次作があっても見ないだけだから。
評価:悪い

◆放浪息子
4/1終了 全11話 フジテレビ(HD)
これは予想外に面白かった。当初は見る予定がなかったものの、何度か目にした予告編の美術の美しさに惹かれて見てみることにした。まあ、「秒速5センチメートル」に匹敵するかと思った桜のシーンはさすがに第1話だけだったけど、それでも総じていい感じの画面だったと思う。

お話的には、女の子になりたい男の子と男の子になりたい女の子が中心。そしてその周りには似たものがいっぱいいて、正直今後の日本は大丈夫か?と思わずにはいられない。

でもなんていうか、見ていて緊張感があって最後まで目が離せないという作品だった。脇を固める堀江由衣や水樹奈々などのベテランの演技はさすがだったというのも付け加えておく。
評価:まあまあ

◆IS<インフィニット・ストラトス>
4/1終了 全11話 TBS(HD)
周りはみんな女の子で、しかもそのみんなが自分のことが好き。そして戦闘ありメカありお色気ありギャグあり。様々な典型を詰め込んだ安易な作品がこれだ。

ただ、この作品の見所はそこじゃなくて、作画の良さだと自分は思う。というか、それに尽きる。テレビアニメとは思えない切れのいい動き、崩れないキャラデザなど、見所は結構ある。

そこに話の面白さが加われば最強なのだけど、さすがにそこまではいかなかったようだ。でも、作品的にはOKレベル。なにも考えずにぼーっと時間をつぶす分にはこれくらいで十分だ。
評価:まあまあ


途中で断念したのは以下の作品たち。
◆フリージング 2回目
◆これはゾンビですか? 2回目
◆夢喰いメリー 3回目
◆お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! 3回目
◆ドラゴンクライシス! 3回目
◆レベルE 3回目


これは意外にも2クールのようなので感想は次回。
◆GOSICK

また、今期一番インパクトがあった、
◆魔法少女まどか★マギカ
は、今回の大震災の影響で次の放送めどがたっていないので、終了後に別枠で書くことにしたい。


2クール組の感想はこちら。
◆とある魔術の禁書目録II
4/2終了 全24話 TOKYO MX(HD)
ファーストシーズンを見たあとは、その青臭い台詞回しに寒気がし、スピンアウトのレールガンを見たあとは話の進展のなさにイライラし、今回のセカンドシーズンではまた寒気がした。

結局このシリーズは通しで出来のいい話を揃えることはできないようだ。たぶんそれは原作がそうなんだからだろうと想像する。だから、このシリーズの楽しみ方は、ピンポイントの面白い回を見逃さないようにすることしかない。

そういう意味でいうと、このセカンドシーズンは24話中1/4くらいしか面白い回がなかった。まあ、レールガンでは出番のなかった御坂妹とラストオーダーを見ることができただけでよしとしようか。インデックスのヒロイン的存在感のなさは健在で、そこはさすがというべき?
評価:普通


OP/ED曲については、何曲かいい感じのものがあったものの、ランク付けするほどではないので今回は省略。気が向いたら追記するかもしれない。

P.S. 気が向いたので追記(2011.4.9)。

お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! のOP曲「Taste of Paradise」 喜多村英梨
GOSICK のOP曲「Destin Histoire」 yoshiki*lisa
魔法少女まどか★マギカ のOP曲「コネクト」 ClariS

などが順不同でよかった。珍しくOP曲ばかりだ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック