新・お引越し顛末記・その6

この引っ越しを機会に、自転車を購入した。毎日の通勤はもちろん、コンビニとかちょっとした買い物をするために自転車は必要だからだ。

自宅から徒歩で日野駅までは約13分であることは調査済み。でも、あの坂を毎日歩くのはきつい。ちょっと遠くなるけど、豊田駅なら道のりはかなり平坦だし、豊田まで自転車で通えたら楽でいいなあ。そう思って、自転車を購入する前に、豊田駅前の駐輪場に出向いて定期契約の待ち状況を訊いてみた。

守衛のおじいさんが言うには「今は300人待ち。いつとはっきりは言えないけど、空くのは4,5年後くらいかな」だって。4,5年? だめだ、こりゃ。駅からちょっと離れたところに無料駐輪場もあるので、歩きがてらそっちも見てきたけど、いつ自転車が盗まれてもおかしくない感じの状況だった。囲いも屋根も何もなく、そこらの違法放置と何ら変わらない。もちろん管理人などいるはずもない。・・・ここには置きたくないなあ。

仕方がない、豊田はあきらめだ。日野駅に戻って、坂の途中にある西側の駐輪場の状況も訊いてみよう。こっちもいっぱいだったら、しばらく自転車購入は保留かな。ほぼあきらめつつ尋ねてみると、あっさり空いていて拍子抜け。豊田駅のこともあるので、こっちは何年待ちか、って質問しているのに、向こうは「1階と2階、どっちがいい?」なんて言っている。「空いているんですか?」「空いてるよ。1階なら一ヶ月2000円で、こことそことあそこが空いてる。2階は1000円ね」 。。。なにこの違い。なんであっさり1階が空いていたりするんだ。まあいい、即契約だ。

「あんた、肝心の自転車は?」「これから買うんです」「じゃあ、シール貼るから買ったら持ってきて」という会話を交わしたあと、速攻で自転車屋に自転車を買いに行った。実は事前にカタログを貰っていて、大体の目星はつけていたから、あとは注文するだけだった。

やっと本題。土曜日に近所の自転車屋で注文した自転車が今日入荷したので、会社帰りに取りに行ってきた。購入したのはブリヂストンのビレッタ(コンフォート)3段変速で、色はコスミックターコイズ。マンションの駐輪場を見たら、多くが黒やシルバー(女性用は赤)だったので、思い切ってカラフルな色にしてみた。自分にしては珍しい。

画像
カタログではもう少し青がきつかったので、思ったよりおとなしめの気もする。

画像
反対側から。かごが結構横に長くて、通勤鞄を縦にしなくてもそのまま入るのがうれしい。この角度だとわからないけど、ハンドルの中央にデジタル時計もついている。

お値段は、定価\49,800のところ、諸経費込みで\44,800。ダイクマや大型スーパーでは、無名メーカーだけど27インチ自転車が\10,000前後で売っている。この値段差はどこから来るのだろう。それだけの差はあるんだろうなぁ。まあ、一度くらいちゃんとしたメーカーの自転車を買っておきたかったから、値段のことはいいか。

画像
マンションの自転車置き場。部屋ごとに2台分のスペースが用意されていて驚いた。これなら安心して置くことができる。

ちなみに、家から駐輪場までは約6分。徒歩の半分くらいかな。シールを貼って貰った後、日野の上り坂にも挑戦。さすがにちょっときつかったけど、変速機能のおかげもあり、降りて押したり立ちこぎをしないでも上までいけた。これなら何とかなりそうだ。

そうそう、最初は電動アシスト付き自転車を買おうと思っていたのだけど、バッテリー充電が結構頻繁にありそうだし、バッテリー寿命も短そうで維持費がばかにならなさそうだし、そもそも本体が重くてとりまわしが大変そうだから、という理由であっさりやめてしまった。

駐輪場の契約は8月から。通勤だけじゃなくて、休日には浅川の土手などでサイクリングもしてみようかな。昔はたまにそうしていたし。


さて、その6で終わるはずだった新・お引越し顛末記だけど、あと数回書きたいことがあったのでもうちょっと続く予定。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • まさかの駐輪場空き通知

    Excerpt: 今日、ポストに一通のはがきが入っていた。内容は「駐輪場が空いたので手続きに来て」だった。 Weblog: きまぐれな言葉たち racked: 2015-11-29 19:39