きまぐれな言葉たち

アクセスカウンタ

zoom RSS ハリー・ポッター 第1章〜第7章PART2 コンプリートBOX ブルーレイ

<<   作成日時 : 2011/11/27 12:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ハリー・ポッターの全話ブルーレイBOXを購入。未見だった最終作(死の秘宝PART2)をようやく見ることができた。

BOXの中身はこんな感じ。
画像
初回特典のフィルムはロンとハーマイオニーが写っていてまあまあ、ミニクリアファイルはドラコ。はずれか?フォトアルバムは正直どうでもいい。

本編8作と特典ディスク4枚で全12枚組。本編ディスクが重なって収納されているので、上のディスクを外さないと下のを取り出せないのは何とかして欲しかった。

価格は、定価が\15,800。amazonで予約購入したので\11,586だった。27%OFFだ。本編1作\1,500以下で買えたことになるので十分お買い得だろう。映画館で見るより安いぞ。

一応、本編のタイトルを公開順に書いておく。どれが何作目だったか途中から覚えていられなかったので、備忘録代わりだ。

1作目(2001):ハリーポッターと賢者の石 
2作目(2002):ハリーポッターと秘密の部屋
3作目(2004):ハリーポッターとアズカバンの囚人
4作目(2005):ハリーポッターと炎のゴブレット
5作目(2007):ハリーポッターと不死鳥の騎士団
6作目(2009):ハリーポッターと謎のプリンス
7作目(2010):ハリーポッターと死の秘宝PART1
8作目(2011):ハリーポッターと死の秘宝PART2

さて、死の秘宝PART2だけど、PART1を先月WOWOWで見たばかりだったので、比較的違和感なく見ることができた。このシリーズは新作を見るといつも前作のことを忘れてしまっていて、ハリーたちが一体何のためにこんなことをしているのか微妙に理解できないまま映画が進行していく、ということが多かった。まあ今回はPART1とPART2という切り分けでもあるので、そういったことが少なかったのかもしれないけど。

視聴は液晶テレビではなくプロジェクターで行った。最近のこのシリーズは夜のシーンが多くて、液晶では暗いシーンがよく見えないからだ。大画面&サラウンドで見たいというのが一番の理由だけど(だから見るのが遅くなった)。画質はさすがのブルーレイ。言うことなし。サラウンドも久しぶりに派手な効果を堪能した。

内容についてもちょっとだけ触れると、最終話だけあって、いろいろな登場人物がたくさん死んだ。それも比較的あっさりと。特に味方側は死んだという事実だけが最後にわかるので、とてもあっさりしている。あれ、この人も死んだのか、ってかんじ。最後のヴォルデモートとハリーの戦いは拍子抜け。ヴォルデモート弱いぞ。そうなるように事前にみんなががんばったからだろうけど、もっと悪役の執念を見せてくれてもいいのでは。

エピローグもどうなんだろう。いきなり19年後になってしまって、カットバックも甚だしい。予定調和=大団円でもないと思うんだけど。とってつけた感が強いラストだった気がする。それでもまあ、成長した主役三人へのズームシーンで終わったのだけはよかった。やっぱりこの三人だよなあって思えた。

せっかくBOXで購入したので、いつかシリーズ通しで見てみようと思う。なにか新しい発見があるかもね。

ハリーポッターと死の秘宝PART2:
内容:70点 映像:95点 サラウンド:95点




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハリー・ポッター 第1章〜第7章PART2 コンプリートBOX ブルーレイ きまぐれな言葉たち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる