AVアンプ(パイオニアSC-LX86)購入・その4

購入・その3で区切りのつもりだったけど、それ以降にいくつか気がついたり勘違いしたりしていたことについて補足しておこうと思う。

まずは、HDMIの切り替え動作について。その2の時に書いたSC-LX86の電源がOFFの動作は、設置が終わって落ち着いてから再確認したら以下のようになることがわかった。

画像
写真にある青いHDMIインジケーターが点灯しているときは、最後に電源を切ったHDMI機器の入力固定となり、その後それ以外の機器で電源を入れてもその機器のHDMI入力に自動では切り替わらない(設定が「LAST」の場合)。

自分の環境で言うと、前日BD-W1200で録画した番組を見た後に電源を切ったとして、翌日BD-HDW25のリモコンの録画リストボタンを押しても、テレビの電源は入るもののBD-HDW25の録画リストは表示されない。なぜなら、SC-LX86がBD-W1200を選択した状態になっているから。

まあ、設定が「LAST」なのでその動作は正しいのだけれど、ややこしいのは「テレビの電源は自動で入る」こと。でも入力は切り替わらない。中途半端にリンクしているから、なかなか録画リストが表示されないなあと思いつつぼーっと待つ羽目になり、しばらくしてようやく入力が切り替わっていないことに気がつく。前回どの機器でHDMI接続していたのかなんて覚えていられないよ。まあ、リモコンで該当の機器を手動で選択すれば切り替わるからいいんだけど。

ちなみに、前回最後に接続していたのがHDMI機器じゃない場合(たとえばCD再生していたとき)、青いHDMIインジケーターは消灯している。このときにはリンク機能はちゃんと働くからさらにややこしい。BD-W1200で録画リストボタンを押しても、BD-HDW25で録画リストボタンを押しても、ちゃんとテレビの電源は自動で入り、入力もその機器に切り替わってくれる。「LAST」、「OFF」、「各入力固定」だけじゃなくて、「AUTO」という設定さえあればよかったのに、と思う。

もう一個、HDMI関連。
自分はHDMI出力1(リンク機能あり)を液晶テレビに接続し、HDMI出力2(リンク機能なし)をプロジェクターに接続している。その3の記事を書いたときは、まだプロジェクターに出力していなかったのだけれど、実際に出力してみたらこんな困ったことになってしまった。

ふつう、プロジェクターに映像を出す場合はテレビは消しておくはずだ。しかし、その状態でBDレコとかを操作するとHDMIリンク機能が働いて、勝手にテレビの電源が入ってしまう。「ええい、余計なことするなよ(←こらw)」と思いつつテレビの電源を切ると、今度はBDレコ側の電源が連動して切れてしまう。「おいおい、勘弁してくれ」と嘆きつつBDレコの電源を入れると、またまたテレビの電源が入る。・・・この繰り返し。

しょうがない、プロジェクターを使うときはHDMIリンク機能をOFFにしよう。と思って、設定メニューでOFFにするものの、まったくOFFにならない! なんで?

取説通り、リモコンをAVアンプモードにして、ホームメニューを表示する。システム設定 → HDMI設定で、コントロール機能をOFFしてもコントロール設定をOFFしてもだめ(そもそもこの両者の差がよくわからない)。どっちをOFFしても、どっちもOFFにしても、BD機器側を操作するとテレビの電源が入ってしまう。

いろいろ試した結果、結局行き着いたのは、「プロジェクターを使うときはテレビ側のHDMIケーブルを抜く」という間抜けな結論だ。でもこれが一番確実なんだからしょうがない。

HDMIリンク機能に関してはフルオートを期待するのはまず無理で、セミオート程度という気持ちでいた方がいい、というのが現時点での正直な感想だ。


・・・むむ、書きたいネタがまだあるので、またまた次回に続く。次はHDMIネタ以外の予定。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック