池田高校の校歌

今日のセンバツで、ものすごく久しぶりに池田高校の校歌を聴くことができた。いやー、うれしい。

池田高校といえば、80年代に高校野球に革命を起こした高校だ。それまでの常識を覆すインパクトのある打撃で全国制覇を何度も成し遂げた。しかも、四国・徳島の山奥にある公立高校がだ。

で、当時その打撃と同じくらいインパクトがあったのが、池田高校の校歌。いい歌なんだな、これが。校歌なんてどれも似たような歌詞・メロディが普通なのに、池田高校のは全然違う。自分の高校の校歌はもうすっかり忘れているけど、池田高校のは今でも歌詞もメロディも覚えていて、たぶん空で歌える。

今回27年ぶりに春のセンバツに池田が出場すると聞き、久しぶりにその校歌を聴いてみたいと思って、今日は朝からテレビで試合を観戦していた。

バッティングに関しては、ストライクならほぼ初球から手を出し、凡打の山で数球でチェンジになるスタイルは以前のまま。そして、スケールはかなり小振りになったけれど、ここぞというときにたたみかける「山びこ打線」もやはり以前のままだった。今は亡き蔦監督の築いた野球はまだちゃんと残っているな、と感じる試合だった。結果としては4-3で池田高校のサヨナラ勝ち。

いつから始まったのか知らないけど、試合途中で聴く校歌とは明らかに違う、勝利した高校だけが歌うことができる試合終了後の校歌斉唱はやはり格別。自分も一緒に歌おうと思ったけど、劇的なサヨナラ勝ちということもあり、なんだか感極まってうまく声を出すことができなかった。

次の試合は平日なので自分はTV観戦できないけど、選手達にはがんばってもらって、すばらしい校歌をまた思いっきり歌ってもらいたいと思う。

P.S.
NHKのテレビ中継で、スタンドに畠山や江上たちの姿が写ったのが懐かしくてうれしかったな。次は水野も一緒にスタンドで応援すればいいのに。

2014.3.23追記:いろんなサイトの記事を見ていたら、水野もスタンドで応援していたらしい。江上と一緒に。じゃあ、畠山たちといたあれは江上じゃなくて別人だったのか・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック