2014年01月期に見たテレビアニメの感想

いつものように、この1月期に見ていたアニメ作品の感想を放送終了順に書いておく。今回は6作品+3で、計9作品の感想だ。

◆いなり、こんこん、恋いろは
3/20終了 全10話 TOKYO MX
神様から神通力をもらった女の子の話。第1話からその神通力でいきなり変身したりするので、全編やりたい放題になるかと思ったらそうでもなかった。

ストーリー的には可もなく不可もなく。もうちょっとラブコメ成分が多めだったらよかったのに。ヒロインのネイティブっぽい京都弁はかわいくて○。ただ、全10話はちょっと短すぎ。

ラストで神通力を返してしまったので、もういなりは神様を見ることはできなくなったけど、いなりの兄は神通力と関係なく神様(宇迦様)と話ができる風なカットがあったので一安心だ。
評価:普通

◆ウィッチクラフトワークス
3/23終了 全12話 TOKYO MX
常に無表情にもかかわらず、主人公を守る、あるいは自分に振り向かせるという目的のためなら比較的手段を選ばない巨乳ヒロインとか、わかりやすい敵役が激弱すぎて逆に親しみがわくとか、突出した兄ラブのツンデレ妹とか、総じてギャップ萌えを狙った作品だけど、そのじわじわ来るギャップ感が狙い通りに面白かった。

そんな中でも個人的なお気に入りはやはり、態度だけは対等以上なのに弱すぎていつもあっさりやられる敵キャラ5人組。もっと出番を多くして、毎回あっさりやられて欲しいなあ、と思うくらいお気に入りだった。メインとなる魔女同士の戦いに関するお話は、それに比べたらおまけ程度かな。
評価:まあまあ

◆ノラガミ
3/23終了 全12話 TOKYO MX
作画がものすごくきれいで、それが目当てで4話ほどBD-REに保存したけれど、内容的には残しておいて何度も見直すほどのものではないことがわかったので、途中からは視聴のみに切り替え。

作画以外の見所としては、ヒロインが見た感じ黒髪ロングでおしとやかキャラかと思ったら、実はそうでもなく結構お転婆なところかな。この作品も、メインストーリーは比較的どうでもいい感じ。
評価:普通

◆中二病でも恋がしたい! 戀
3/27終了 全12話 TOKYO MX
今期の中では一番の期待作。しかし、結果的には期待していたほど出来はよくなかった。後付で続編作った感がかなりあるし、なにより新規の設定にとても無理がある。

急に主人公の親が海外に行ってしまうとか、その主人公(+妹)の家にヒロインが同居するとかご都合主義的過ぎだろう。主人公も普通に中二病のうざい台詞を連発するようになるし、三角関係用に中二病の新キャラ出してくるし(どうせならモリサマとにして欲しかった)、1期では少しは存在感があった友人の一色はほぼ出てこなくなって、構図的にほとんど主人公のハーレムものになってるし。

1期はもしBD-BOXが出たら買おうかと思っていたけど、2期のはいらないな。
全話BDに保存済み。
評価:普通

◆Wake Up, Girls!
3/29終了 全12話 テレビ東京
ヤマカンこと山本寛(ゆたか)が満を持してアイドル関連の作品に進出。以下に箇条書きっぽく感想を書いてみると、

ストーリー: 売れない下積み時代からブレイク直前までの話にしたのは◎
作画: あまりよくない。女の子たちがあんまりかわいくないんだよなあ。
音楽: パクリっぽいのを除けば、確実にこの作品の価値を上げたと思う。
声優: もとがオーディションで選ばれた素人ばっかりなので下手っぴ。
その他: まゆしぃにトップアイドルグループでセンターを張っていたというオーラが全くないと思うのは自分だけ? あと、予告編が実写でアフレコ現場というのは面白いアイディアだと思った。自分は予告編見ない派なので、一度もちゃんと見てないけど。

ほぼ同時期に公開していた劇場版も見たけど、このTVシリーズの1話と2話というのが適当だった。劇場版のクオリティではない感じなので、単に話題作りのためにそういう公開の仕方にしたんだろう。でもまあ、TVシリーズを見て面白かった人には一見の価値はあると思う。
全話BDに保存済み。
評価:まあまあ

◆とある飛空士への恋歌
3/31終了 全13話 TOKYO MX
見る前はもうちょっと爽やかな感じを期待していたんだけど、それが実現できていたのは最初の少しだけで、本編途中からは仲間が何人もあっさり死んでしまい、ドラマティックというよりは単に暗いお話になってしまっていた。

そもそも何で空飛ぶ島で長い旅をしているのか最後までよくわからないままだったし、世界の果てに到達してもどうしてそういう行動(島自体で壁に突っ込む)になるのか意味不明だった。さらにいうと、島が無くなったのに飛行機だけで元々住んでいたところに戻ってこられるなんて、どれだけ世界の果ては近いんだよ。

見終わったら原作も読んでみようかと思っていたけど、アニメがこの出来なら微妙だなあ。いや、逆にだからこそ読むべきなのか? 悩みどころだ。
全話BDに保存済み。
評価:いまいち


以下は2クールのようなので、感想はまた次回に。

◆ニセコイ


途中で断念したのはこれら7作品。最後まで見ていないので感想や評価はなし。

◆最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。 2話目
◆ディーふらぐ! 2話目
◆魔法戦争 2話目
◆桜Trick 2話目
◆のうりん 2話目
◆未確認で進行形 3話目
◆世界征服~謀略のズヴィズダー~ 3話目


2クール以上の作品の感想はこちら。

◆宇宙兄弟
3/22終了 全99話 日テレ
放送開始は2012年4月だったので、まる2年間放送され、それをずっと毎週見続けたことになる。いやー、お疲れ様でした。

あまりに放送期間が長すぎて最初のころの話はもうすっかり忘れている気もするけど、もしどのあたりが一番面白かったかと訊かれたら、やっぱりJAXAでの一連の選考テストかな、と思う。

面接とかチームを分けての共同生活とかのエピソードを見て、本当にこんな風に宇宙飛行士を選考しているのかなとか、最後は誰が選ばれるんだろうとか思いながら当時は毎週楽しみに見ていた。

100話一歩手前までやっておいてまだ話は道半ばという感じだし、原作の漫画もまだ続いているようなので、いつかまた続きをアニメ化してくれないかなと思う。
評価:普通

◆ゴールデンタイム
3/30終了 全24話 TOKYO MX
とらドラ!の原作者の作品ということで見始めたのだけれど、よくまあ2クール最後まで見きったと自分を褒めてあげたい。はっきり言って、最初の数話で見るのをやめてもおかしくない出来だった。

なんとなく古くさいキャラデザ。まったく好感が持てないヒロイン。大学生活開始早々に新興宗教?への勧誘事件ができてきたり、そもそも主人公が記憶喪失だったり。全くもって心躍りそうな展開が無かったのになんで最後まで見てしまったのだろう。我ながら不思議だ。やはり最終的にどうなるのかだけは知りたかったからかなあ。
評価:いまいち

◆凪のあすから
4/3終了 全26話 TOKYO MX
背景は凄くきれいだけど、キャラデザがブリキ(「はがない」とか「電波女と青春男」のイラストレータ)の原案を生かせてなさそうでもったいないなとか思いながらも、P.A.WORKS×岡田麿里のコラボなので見続けていた。

1クール目の感想を一言で言えば、まあそこそこ。海の中で生きることができる人間と普通の人間との共存というか接触はまあユニークだなとは思ったけど、正直いって1クールで終わっても特に問題はなかったと思う。

驚いたのは2クール目の最初の話。いきなり5年も時間が過ぎていて、しかも冬眠で年を取っていない人間と、普通に5年分歳を重ねたものが混在してしまうカオス。この回の放送がちょうど年末年始をまたいで新年最初だったこともあり、もう何が何だか(笑) あれ?そもそもなんでこんなことになっているんだっけ?

その後は怒濤の展開が続く。さすがに最終回は詰め込みすぎの感もあったけど、まあ最後まで走りきったかな。当初からは誰も想像できない展開に、ただただ驚かされた作品だったと思う。
評価:まあまあ


最後はOP/ED曲。今回もなんとかお気に入りがあってよかった。といっても1曲+番外1曲の2曲だけだけど。

番外
Wake Up, Girls! のOP曲 「タチアガレ!」 Wake Up, Girls!
本編の1話と2話のみのOP曲。3話目からは別の曲になって、あれ?こんなにいい曲なのになんでと思ったら、この曲は実は劇場版の主題歌だということがあとでわかった。だから番外。

作曲は神前暁。いつも思うが、よくもまあ毎回毎回いい曲を作るなあと感心してしまう。歌っている人たちがもう少しうまかったらよかったのに。

1位
ウィッチクラフトワークス のED曲 「ウィッチ☆アクティビティ」 KMM団
これはかなり中毒性のある曲で、数回聴いたらもう忘れられない名(迷)曲だ。特に本編ED映像を見ながらだと、その中毒効果は倍増すること間違いなし。

自分は毎回必ずこのEDを飛ばさず視聴していたし、場合によっては2,3回EDのみリピートしていた。まさに中毒患者。本編よりも楽しみにしていたと言ってもいいかもしれない。


一番最後の作品の最終回が4月に食い込んだので、このあとすぐに4月の新番組が始まってしまう。ちょっと下調べしてみたところ、これまで以上の不作ぶりに愕然(あくまで事前の、だけれど)。とりあえず、数打ちゃあたる作戦でもとってみるか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック