ノートPC(LIFEBOOK WA2/S)購入・その1

本日2/6(金)に、予定通り配送・配達された。ここからはセットアップ編となる。

画像
といいつつ、最初の画像はいきなりセットアップ完了後の写真で、今まで使っていたVAIOとの比較。VAIO VGN-FW90Sは16.4インチ(1600*900)だったのに対し、LIFEBOOK WA2/Sは15.6インチ(1920*1080)だから、画面サイズとしては少し小さくなった。

でも画面サイズよりも差が気になったのは、本体(キーボードがある側)の厚み。VAIOが底板に足がついていて床との間に最大で1cmほど隙間があるのに対し、LIFEBOOKはほぼぴったりベタ置きだ。だからかなり本体が薄く感じるし、画面高さも2cmほど低い位置にある。

まあ、そういった使用感みたいなものはあとでまとめて書くことにして、今回は最初のセットアップの流れなどをまとめておく。

今回、PCを箱から出して一番最初に行ったこと。それは、液晶反射防止シートを貼ることだ。

画像
こちらは、ノートPC本体に合わせて購入したもの。ヤマダ電機でLIFEBOOKの実物を確認したところ、液晶の反射がとても気になり、ネットでも見にくいとか目が疲れるとかいう書き込みがたくさんあったので、あらかじめ反射防止用のフィルムを買っておいた。買ったのはサンワサプライのLCD-156WBCARというやつで、amazon価格は\2,818だった。48%OFFだったのでうれしい。

しかし、いままでもDSとか3DSとかに保護シートを貼るときはかなり苦労している。しかも今回は15.6インチという巨大サイズ。これは苦戦必死・・・と思っていたら、意外とあっさり貼り終えてしまった。所要時間5分程度? ほぼ一発で成功し、しかも埃起因の気泡はゼロという奇跡! 事前に集めたアドバイス情報通り、お風呂場で作業したのがよかったのだろうか。ただ、一カ所埃じゃなくてシートの折れによる気泡があるにはあるけど、これには目をつぶろう。

画像
これは反射防止シートを貼る前。デジカメで写真を撮影しようとしている誰かさんがくっきり映り込んでいる(笑)

画像
こちらは貼ったあと。映り込みが激減しているのがわかる。買って良かった。ちなみに、この時点ではまだ電源を一度も入れていないので、実際に画面を表示してシートありなしの比較はできていない。するつもりもない。

実際に電源を入れて、WindowsとOfficeのセットアップが完了したのは、始めてから1時間半後くらいかな。思ったほど時間はかからなかった印象だ。その間、HDDのアクセス音もほぼ無音に近いこともわかったし、液晶の画素欠けも見つけられなかった。よしよし。

画像
こんな画面を延々見つつ、

画像
セットアップが完了して初めて起動したWindows8.1の画面がこれ。

次は、Office以外のアプリをインストールしたり、WindowsとかIEとかをカスタマイズするフェーズに移行だ。ということで、次回につづく。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック