ノートPC(LIFEBOOK WA2/S)購入・その6

さて、これまで6回に渡って書いてきたノートPC買い換え日記も今回で終了。最後はLIFEBOOKの使い勝手についてだ。

画像
セットアップが完了したので、置き場もこれまでVAIOを置いていたところ(TVの横)に移動して使い始めている。

まず、起動の速さについて。PCを立ち上げた状態から再起動をかけると、10秒後に内部リセットがかかり、20秒後にFUJITSUのロゴが出る。ようこそ画面は50秒後で、初めてWindowsのデスクトップ画面が現れるのは約60秒後だった。その後もいろいろとアプリとかを立ち上げているので、実際に使えるようになるのは再起動をかけてから2分後といったところか。

ちょっと気に入らないのは、内部リセットがかかるときに、必ずボツ音が発生すること。ちゃんとミュートしてからリセットしてほしい。あと、再起動じゃなくてスタンバイからの復帰は一瞬だ。1秒でデスクトップ画面になり、10秒以内に操作可能になる。

ちなみに、VAIO VGN-FW90Sの再起動時間はというと、内部リセットまでが1分30秒、ようこそ画面までが2分40秒、デスクトップ画面が2分50秒、なんとか使えるようになるのが4分後だった。・・・遅い。ということで、起動関連は○。

HDDの動作音(アクセス音)は本当に静か。カリカリいう音はほぼ聞こえないので、アクセスランプを見ないとアクセスしているかどうかがまずわからない。

また、ファンが動いて内部から熱風が出たりすることは今のところ一度も遭遇していない。平常時もかなり静か。VAIOのファンノイズはうるさかったからなあ。ということで、動作音関連は◎。

キーボードについては、まだ慣れていないこともあってか、ちょっと微妙。VAIOに比べてキーストロークが短く、キータッチ自体もペコペコしていてあまり打ち心地がよくない。また、F5とかF10とかのファンクションキーが小さいので、よく隣のキーと打ち間違ってしまう。ということで、キーボード関連は△。

液晶については、反射防止フィルムを貼れば○。貼ってないと、たぶん×。フィルムのない縁部分の映り込みのすごさを見たら、フィルムなしは考えられない。WebMartでのカスタマイズでノングレアIPS液晶が選択できればなあ。さらに言うと、フルHDの1920*1080で15.6インチは小さすぎる。17インチ以上の大画面ノートを出してほしい。

スピーカーは、Pioneer製ということでどんな音が出るのか興味があったが、最初にiTunesで再生させた音楽を聴いてびっくり。VAIOとは正反対の音色だ。VAIOは高音寄りでシャカシャカした音だったけど、LIFEBOOKから出てきた音は、中低音がしっかり出ている。何曲か同じ曲で聞きくらべてみたけど、全然違う。

じゃあ、LIFEBOOKがいい音で、VAIOがダメかというとそうでもないから面白い。まあ、所詮はノートPCなので、どっちもどっち。いい音かと聞かれたら、そうでもないと回答するしかない。△~○の間ってところだろう。

Discドライブについては、ATOKインストール以外で使っていないから評価なし。そのうちCDからの取り込みで使うだろうからそのときに気がついたことがあったら追記しよう。

まあ、こんなところかな。

アプリやWindows関連の設定では、何度か追記をしている。

その4・Windows Searchを無効にすると、デジカメからWiFi経由で画像取り込みができなくなる

その5・Windows ストアアプリでATOKが使えなくなった

なので、もうしばらくはLIFEBOOK関連の書き込みは続くとは思う。でも、一旦は今回で終了。お疲れさまでした>自分

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック