amazonで初の返品(交換)

いつものようにamazonでCDを購入したら、届いたCDのCDケースが破損していたので商品を交換してもらうことにした。

3/18(水)に楽しみにしていたCDが届いたので、CDとおまけのBlu-ray特典映像を一通り視聴し終わり、最後にDiscをケースに戻そうと思って、その異変に気がついた。CDケースが割れている!

画像
輸送中に負荷がかかったのか、ケースの蝶つがい部分が上下ともにひびが入っていて、ケースが外れてしまっている。

結構昔からamazonを使っていたけど今までこんな状況になったことはなかった。でも、さすがにこれは交換してもらうレベルだろう。ということで、今回の初・商品返品(交換)手順を以下に記しておく。

まずは、ネットでアカウントサービスの注文履歴から商品の返品・交換を申し込む。理由を聞かれたり、破損商品を1ヶ月以内に返却しないとその分料金を請求するとかいわれるけど、別にそんな気はさらさらないので普通に同意する。

すると、すぐに代わりの商品を送る旨のメールが来る。予定日は3/21(土)。在庫があったようでよかった。で、その代替え商品が届くまでにすることは、返品受付IDの印刷と戻すための梱包。

画像
梱包は元々送られてきた梱包材を使って行う。開封時にびりびり破かなくてよかった。印刷した返品受付IDと壊れたCDは中に入れて封をし、送る準備は完了。

予定通り3/21(土)に代替え品が届き、それに問題ないことが確認できたので、最終手続きを行う。日本郵便のamazon返品専用サイトへの申し込みだ。希望日時に取りに来てくれるようなので、3/22(日)の13:00-15:00を選択。14:00過ぎに取りに来てくれたと思う。その際、送り状への記入はすべて事前にされていて、こちらでは何もする必要がなかった。中身がなにかを聞かれたくらい。

ということで、amazonでの商品返品(交換)は予想以上にスムーズに完了できた。3/18(水)に発覚した商品破損事件(ちょっと大げさか)が、3/22(日)には解決しているんだから、そう思ってもいいだろう。

さらには、今回の返品(交換)申込み時に、\500分の返金があったことにちょっと驚いた。最初は郵送費の前払いかと思ったけど、実際は着払いで商品を返送できたので、どうやら迷惑料(クレーマー対策?)のようだ。自分としては、ちゃんとした商品に交換してもらえれば別に問題はないと思っていたのだけれど、それでも悪い気はしないな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック