ゲームキューブとWiiのゲームソフト買い取り見積もり依頼

ゲームキューブとWiiのゲームソフトを処分するため、某ネットショップに買い取り見積もりを出してみた。

画像
ゲームキューブソフトに関しては、実は1年半前にもきれいさっぱり売り払おうとして同じネットショップで買い取り価格を調査したところ、15本で約\13,000だった。結構いい値段だなとは思ったものの、郵送するのが面倒なので、そのまま近所のブックオフに持ち込んでみたところ、見積もりの結果は\3,700だった。

はぁ? なにその値段差は。当然、「じゃあ、やめます」と即答してソフトはそのまま持ち帰ったものの、一気にやる気が無くなって、紙袋にソフトを入れたまま1年半が経過してしまった。

うーん、これではいかんと思って、ようやくこのシルバーウィークに重い腰を上げることにした。まずは、ネット上での買い取り価格の再調査から。前回と同様に買い取りリストから値段を拾って集計してみると、なんと前回よりも高くなってる! \22,000超だった。なぜ?

いくつか高額買い取り商品をピックアップしてみると、

■ゼルダコレクション
 今は無きクラブニンテンドーでもらえたゼルダのスペシャルディスク。これ一枚で初代ゼルダの伝説(ファミコンディスクシステム)と、リンクの冒険(ファミコンディスクシステム)と、時のオカリナ(ニンテンドー64)と、ムジュラの仮面(ニンテンドー64)がすべてプレイできるという優れもの。非売品だし、まあ高額になるのもわかる。前回は\3,500だったのが今回は\5,000になっていた。

■ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス
 トワイライトプリンセス自体はWiiが発売されたときに同時リリースされたソフトだったと思う。でもゲームキューブユーザーのために、任天堂の通販オンリーで発売されたゲームキューブ用ソフトがこれ。Wii版はリンクが右利きだけど、ゲームキューブ版はこれまで通り左手で剣を持っているという違いがある。調べてみたらマップもすべて左右逆らしい。これもかなりレアソフト。実は買ったはいいけど自分はWii版しかプレイしていない。前回は\2,500だったのが今回はなんと\5,300になっていた。

■ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡
 自分が初めてプレイしたファイアーエムブレムがこれ。面白かったなあ。当時はゲームキューブ本体自体が全く売れていなくて、このソフトも10万本も売れなかったんじゃないかな。その後も3DSとかにも移植されていないので高額買い取りがキープされているのだろう。前回\2,000が今回は\3,000

■バテンカイトス2
 RPG不足がゲームキューブの不振の原因とか言われていたときに、ナムコが出してきたオリジナルRPGの続編。一作目が大こけしたものの、自分としては1作目も2作目もどっちも楽しめた記憶がある。1作目だけプレイした人が2作目をやってみたいと思うのか、これも2作目は安定して高額買い取り作品だ。前回\2,000が今回は\3,000だった。

といった感じ。

もう自分の環境ではゲームキューブのソフトを遊ぶことができないのでソフトは売却するのだけれど、本体自体は全然売れなかったもののゲームキューブのソフトは名作が多かったなあ、とあらためて感じる次第だ。

さて、今のステータスとしては、事前見積もり価格の連絡待ち。それに問題がなければ商品を送付し、実際に向こうで商品を見て再度買い取り価格の連絡が来ることになっている。

果たして、見積価格はいくらくらいになるのか。そして、商品送付後に実際に提示されるのはどれくらいか。引き続きレポートしてみたい。

2015.9.23 13:00追記:
今朝、事前見積もりの値段が出てきた。15本で\22,850。ほぼ予想通りだった。ついでにWiiのソフトも見積もりを出していて、こちらは14本で\10,950だった。3DSは1本で\2,000だったので、合計30本で35,800なり。

早速申込書と免許証を印刷しようとしたら、自宅のプリンタが壊れていて印刷できなかった・・・。こりゃ年末に買い換えだな。印刷は明日会社でやろう。

さて、この後実際に商品を送ってどれくらいの提示額になるか注目だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック