2015年07月期に見たテレビアニメの感想

今期の感想は6作品(+2)。いつもどおり放送終了順に感想を書いておく。

◆GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
9/19終了 全12話 TOKYO MX
昔の「戦国自衛隊」のような色物作品かと思っていたら、まさしくそんな感じだった。自衛隊が行くのは戦国時代じゃなくて、エルフとかドラゴンとかが出てくるファンタジー世界だけど。

両者のギャップにオタク要素が絡んできて、内容自体は回を追うごとに面白くなっていたので、12話で終了は残念だと思っていたら、来年1月からすぐに2クール目が放送されるとのこと。これは楽しみだ。
評価:まあまあ

◆赤髪の白雪姫
9/22終了 全12話 TOKYO MX
やんちゃな王子様がでてくる設定とかいかにも少女漫画が原作といったところなんだけど、実際にはそれほどベタ甘な展開にはならなかった気がする。だから最後まで見ることができた。

1クールではちょっと消化不良なところもあるけど、原作はまだまだ続いているようなので仕方の無いところか。原作は読んでいないのでこの先の展開は知らないけど、できればヒロインが薬草の知識を生かしてどこまで自立した女性になれるかを見てみたい。その結果としてハッピーエンドならなおいい。
評価:普通

◆のんのんびより りぴーと
9/22終了 全12話 テレビ東京
今期のベストはもちろんこれ。事前の期待通りの出来だった。

サブタイトルの「りぴーと」は、別エピソードで1期と同じ年を繰り返すという意味だった。だから、れんちょんは今回も1年生だし、蛍はまた転校してくる。でも1期と同じエピソードの裏話とかではなく、ほぼ新作だったのがよかった。

癒やし系アニメとして近年では群を抜く存在のこの作品、今後も長く続いていってほしいシリーズだ。・・・越谷家の長男は今回もセリフがなかったなあ。もっと頑張れ!
全話BDに保存済み。
評価:良い

◆WORKING!!!
9/27終了 全13話 TOKYO MX
事前の期待作品その2。安定の出来ではあったけど、すべての懸案事項を回収にかかっているのが丸わかりだったのがちょっと寂しい感じ。

山田の家出、音尾さんの迷子の奥さん、佐藤と八千代などの関係がほぼ決着した。変わらなかったのはぽぷらの身長くらいか。とは言いつつ最終回でも小鳥遊とまひるだけは完全には決着しなかったと思っていたら、近日中に完結編があるらしい。でも予告編を見る限りでは、完結しそうにもない感じだったけど。

まひるの髪留めが今回も毎回違っているのは○。ほんわかしたまひるのお母さんは◎。もっと出番増やして欲しかった。
全話BDに保存済み。
評価:まあまあ

◆それが声優!
10/2終了 全13話 BSフジ
アニメ制作現場を描いた「SHIROBAKO」に続いて、今回は声優さんにスポットを当てた作品。なんで今までなかったんだろうと思うけど、どっちも裏舞台を垣間見ることができて面白かった。

野沢雅子、堀江由衣、神谷浩史などが実名の本人役で出演しているのがなかなかすごい。自分はあんまり声優さんには詳しくないので、よくわからないエピソードも結構あったけれど。

新人声優なんて、苦労が多い割りに給料は少ないだろうし、好きでもないとできない仕事なんだろう。それがよくわかった。あと、イヤホンズの歌は結構良かった。
全話BDに保存済み。
評価:まあまあ

◆アイドルマスター シンデレラガールズ 2nd SEASON
10/17終了予定 全12話 テレ玉
終わり間際の特別編成が原因で最終回を見てはいない状態での感想となる。終わるまで待っていられないし、待っても待たなくても感想はおそらく変わらないだろうからまあいいか。

前クールの感想にも書いたけど、自分はしぶりん押しなのでその活躍が見たかっただけなのに、全編にわたる暗ーい展開にはうんざりした。しぶりんもニュージェネじゃなくて別の3人組で活動し出すし、なんじゃこりゃだ。

いつも笑顔のアイドルも裏ではいろいろ大変なのかもしれないけど、その裏ばっかり見せられてもなあ。爽快感の全くない2nd SEASONだったと思う。
評価:いまいち


ここまでが今期の作品の感想。途中で断念したのは以下の7作品。最後まで見ていないので感想や評価はなし。

◆Classroom☆Crisis 2話目
◆がっこうぐらし 2話目
◆空戦魔導士候補生の教官 2話目
◆城下町のダンデライオン 3話目
◆監獄学園(プリズンスクール) 3話目
◆Charlotte(シャーロット) 4話目
◆干物妹!うまるちゃん 4話目


2クールの作品の感想はこちら。

◆俺物語!!
9/24終了 全24話 日テレ
少女漫画が原作だけど、これはかなり異色なのではないだろうか。だって、主人公がイケメンじゃない。ないどころか、かなりごつくてとてもじゃないけど少女漫画の主人公には見えない。でも話はそこそこ面白かった。

見ていてちょっと思ったことは、その主人公とつきあうことになったヒロインって、同性からはあまり好かれないタイプなんじゃないかということ。作中ではちゃんと仲良しグループがあってそれに入っているけど、実際はそんなに甘くないんじゃないの。男にこび売っているとか言われて孤立してそう。

最近そんな女子同士のどろどろした関係の作品が多くなっているので、本編とは全く関係ないところでいらぬ心配(想像)をしてしまった。
評価:普通

◆長門有希ちゃんの消失
7/20終了 全16話 テレ玉
実際には2クールじゃなくて、1クール以上2クール未満の全16話という中途半端な話数で終わった。

タイトルからわかるように、本作は「涼宮ハルヒの消失」のパラレルワールド側のお話。あの劇場版を見たときはかなりの衝撃と緊迫感があったが、これはコメディなので気楽に見ることができた。ああ、こんな長門や朝倉もいいなあ、とか思いながら。きょんがハルヒじゃなくて長門を選ぶというifも確かに見てみたかった設定だ。途中、ハルヒ側の長門が出てきたときはどうなることかとハラハラしたけど。

製作は京アニじゃないし絵柄もずいぶん違っているけど、それほど違和感なく見ることができたのは作り手側の勝利だろう。久しぶりに本家の「消失」も見直してみたくなった。
全話BDに保存済み。
評価:まあまあ


OP/EDのお気に入りは以下の4曲。

Classroom☆CrisisのED曲 「アネモネ」 ClariS
新生ClariSのシングル第2弾。やはり歌声は以前のClariSとは少し違うが、曲自体はアップテンポだけど軽くはなくていい感じだと思った。

Classroom☆CrisisのOP曲 「コバルト」 TrySail
2回しか聴いていないのでこっちはもう忘れてしまった。たぶん自分好みの曲のはず。

それが声優!のED曲 「あなたのお耳にプラグイン!」 イヤホンズ(高野麻里佳、高橋李依、長久友紀)
曲中のお便りコーナーが毎回違うのでいつもEDを聴いていたら耳からフレーズが離れなくなってしまった。

赤髪の白雪姫のED曲 「絆にのせて」 eyelis
今期の中では一番のお気に入り。ちょっと古くさいところがいい。


さて、すでに10月期の新番組が始まっているけど、事前に見たいのをピックアップしてみたら近年まれに見る不作ぶり。実際には見てみないとなんともいえないけど、もしかしたら視聴継続0になるかもしれない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック