AVアンプ(パイオニアSC-LX89)購入・その2

SC-LX89購入・その2となる今回は、予告通りセットアップ準備編。

画像
まず本体を箱から出す前にやった作業はスピーカーケーブルのバナナプラグ化。

自分のフロントスピーカーはバイアンプ接続なので、スピーカー1本に付き4本のケーブルをアンプに接続する必要がある。リアも含めると全部で12本も接続しなければならない。前回はこの作業に30分以上かかったので、今回のアンプ買い換えにあわせてスピーカーケーブルもバナナプラグ接続に移行だ。

画像
・・・ところが、想定以上にバナナプラグ化に時間がかかり、片方の作業を終えるのに1時間近くかかってしまった。フロント用のケーブルは太いのでAT6302じゃなくてAT6303にしたのは失敗だったかもしれない。ものすごく作業がしにくかった。透明カバーは、1cmほど切れ目を入れてケーブルを回避し、後ろ側からかぶせることでなんとかしのいだ。ケーブル込みですべてかぶせるのはほぼ不可能だと思う。

画像
リア用のAT6302はものの数分で作業完了。

画像
SC-LX86を引っ張り出して、開封したSC-LX89と並べたところ。シールがなければまずどっちがとっちかわからない。

画像
なお、今回は紙の取説が添付されていた。LX86時には紙の取説がなくて驚いたけど、やはり評判が悪かったのだろう。って、当たり前だよ。定価いくらだと思っているんだ。取説くらいコストダウンしないでちゃんと添付しとけ。

画像
ラックに入れて各種ケーブルを接続し、電源を入れて音が出るところまで確認してこの日は終了。

続きは、その3・セットアップ本番編で。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック