iTunesでアルバムアートワークを表示

ここしばらく車の買い換え顛末記を書いていないが、裏では細々とだが納車に向けた準備を行っている。今回はその一環で、「カーナビで音楽再生中にアルバムアートワークを表示させるための準備」編だ。

まず、iTunesでアルバムアートワークを表示させる方法をググってみると、意外と簡単にできることがわかった。

iTunes Storeからアルバムアートワークを取得する

(1)AppleIDを取得する(無料)
(2)iTunesにそのAppleIDでサインインする
(3)iTunesのメニューから「アルバムアートワークを入手」を選択(取得無料)

たったこれだけ。iTunesStoreで購入したものしかだめなのかと思っていたけど、個人所有のCDをiTunesに取り込んだものでも無料で取得できるとは知らなかった。ただ、取得できるのはiTunesStoreで販売されている楽曲のみとのこと。

画像
全取得に時間がかかりそうだったので、夜寝る前に実行してそのまま放置して朝起きたら取得完了していた。うーん、取得率は4,5割ってところだろうか。まあそれでもありがたい。

ただ、この状態でiTunesからMP3等のファイルをUSBやSDカードにコピーして再生しても、カーナビ等でアルバムアートワークを表示させることはできない。その方法をまたググると、Mp3tagというフリーソフトを使うといいらしい。

カーナビのオーディオのアルバムアートワークが表示されないから「MP3tag」で埋め込んでいった

画像
まず、ファイルをUSBやSDカードなどにコピーして、Mp3tagソフトで開く。次にiTunesのアルバムのプロパティからアートワークを選択し、表示されているアートワークをMp3tagにドラッグ&ドロップして上書き保存すればいい。

画像


画像
そのファイルをiTunesじゃない別の再生ソフト(WindowsMediaPlayerとか)で再生してみたら、無事アルバムアートワークが表示された。よし、まずはこれでOK。

次は、iTunesStoreから取得できなかったアルバムの対応だけど、これは一枚ずつ手動で作業するしかない。ネット等で検索した画像を、上記のiTunesのアルバムのプロパティから「アートワークの追加」で追加していく。地道で時間がかかるけど、こうやって設定したファイルはMp3tagソフトを使わなくても、そのままUSB等にコピーするだけでアルバムアートワークが表示できるようになる。いっそこっちの方が便利かもしれない。

画像
とりあえず、アルバムの先頭の方だけはすべてアルバムアートワークを表示できるようにした。うん、いい感じ。これからしばらくはこの作業を行うことになりそうだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック