2018年01月期に見たテレビアニメの感想

今期の感想は8+1作品。完走した作品数は久しぶりに多めとなった。さてその内訳はというと。

◆ラーメン大好き小泉さん
3/22終了 全12話 TOKYO MX
内容未知ながらも、事前の期待度が高かった作品。そして、その無責任な期待にきっちりと応えてくれた。これほど美味しそうにラーメンをズルズル~ってすするシーンを描画した作品があっただろうか。いや、ない!

登場するラーメン屋さんはどれも実在する店舗の模様。自分でも知っているお店が伏せ字なしでそのまま出ていた。惜しむらくは、ちょっと奇をてらったお店が多かったことくらいか。

CM前の「ラララ、ラーメン大好き小泉さん♪」もよかった。この作品を見始めてから、自分の食生活におけるラーメン率が確実にアップしたと思う。あと、いつも行く花月嵐のBGM&宣伝で、タイアップとしてOP曲がかかっていたのには笑った。

しかし、これだけ毎日ラーメン食べてたら、小泉さんも数年後にはでぶになること確実だろうな。
全話BD-Rに保存済み。
評価:まあまあ

◆三ツ星カラーズ
3/26終了 全12話 BS11
上野を舞台に、女子小学生3人組が街を守るための珍騒動を描いた作品。作画もいいし笑いもあって最初は評価高かったけど、そのうちだんだん飽きてきてしまった。

ほのぼの日常系というにはちょっと日常離れしているし、癒やされる感じもない。その辺がちょっと残念だった。しかしこの3人、数年後にこれを見たらイタい自分に悶絶するんじゃないか。
評価:普通

◆からかい上手の高木さん
3/26終了 全12話 TOKYO MX
アニメ化前から本屋さんでこのタイトルは何度か見ていて、なんとなく印象に残っていた。だから見てみたのだけど、後半にいくに従って個人的な評価はうなぎ登り。高木さんと西方のやりとりにニヤニヤしっぱなしだった。

高木さんのからかい方も嫌みがないので好意の裏返しだとわかるし、それが理解できない西方の男子中学生的反応もわかりやすい。なにより高木さんの声がすごくかわいくてよかった。その高木さんが歌うEDの選曲もすごくよくて久しぶりにCD購入してしまったよ。

これは是非とも続編を期待したい。今回全話BDに残さなかったことが悔やまれる。そして、からかい上手の(元)高木さんっていう漫画が気になる~。
評価:良い

◆りゅうおうのおしごと!
3/27終了 全12話 TOKYO MX
これは将棋をモチーフにしたロリハーレムアニメだね。感想としてはそれ以外に答えようがない。将棋ものとしても全然ダメ。自分はまったく将棋には詳しくないけどね。

途中で何度か見るのをやめようと思った。次があってももうみないだろう。
評価:いまいち

◆宇宙よりも遠い場所
3/27終了 全13話 TOKYO MX
1話目を見たときは即切り候補に近かったけど、2話目の「昭和か!」と3話目の「力士か!」のつっこみで笑ったのが運の尽き。それからは毎週楽しみに待つ作品に早変わりしてしまった。

女子高生4人が南極に行くお話。ひと言で言ってしまえばメインテーマはそれなんだけど、その中に笑いあり涙あり南極に関するプチ情報あり高校生ならではの悩みあり。地味になりがちなところのバランスがとても良かった。

続編はちょっと難しいだろうけど、なにかスピンオフ的な作品があれば是非とも見てみたい。
全話BD-Rに保存済み。
評価:良い

◆デスマーチからはじまる異世界狂想曲
3/30終了 全12話 TOKYO MX
2話目から3話目くらいまでは面白かったんだけどな。異世界に飛ばされてすぐにレベルMAX状態になり、マップは見えるは敵のレベルはわかるはやりたい放題。奴隷の女の子達を善意で助けたりしてなつかれれば、そりゃいい気分にもなるだろう。

ただ、延々そればっかりだとやっぱり飽きてしまう。一体どれだけの女の子を侍らせれば気が済むんだ、この主人公は。結局、デスマーチ状態の現実世界には一度も戻ることがなかったし、そのつもりもなさそうだ。異世界をチート状態で危機感なく楽しむぬるい作品だった。
評価:いまいち

◆恋は雨上がりのように
3/30終了 全12話 フジテレビ
事前に期待していた作品の一つ。原作からはいろいろ変えられていて、それがいいか悪いかは微妙。いいところもあったけど、残念なところの方が少し多めだったというのが正直なところか。

キャストの声に関しては、ヒロインのあきらは新鮮な感じで良かった。でもそれ以外は店長も西田さんも吉澤くんもイマイチ合っていなかったのが残念。

原作も多くの伏線が回収されないまま、アニメの最終回にタイミングを合わせるように唐突に最終回になってしまって、なんだかとっても消化不良だ。
評価:普通

◆ヴァイオレット・エヴァーガーデン
4/5終了 全13話 TOKYO MX
京アニの新作は珍しくシリアスもの。毎回、代筆を依頼する人たちの個々のエピソードはそれぞれに悲喜こもごもで、それなりに感動あるいは涙をこらえることも多かった。

しかし、それらを台無しにしていたのが、茅原実里の間の抜けた歌い方のED曲だ。曲じゃなくて歌い方が最悪。あれがあることでこの作品の評価はかなり下がったと思う。
評価:いまいち(ED曲が別なら「普通」)


ここまでが今期の作品の感想。
途中で断念したのは以下の8作品。最後まで見ていないので感想や評価はなし。

◆博多豚骨ラーメンズ 1話目
◆スロウスタート 2話目
◆メルヘン・メドヘン 2話目
◆ゆるキャン△ 3話目
◆ハクメイとミコチ 2話目
◆BEATLESS 2話目
◆ダーリン・イン・ザ・フランキス 2話目
◆刀使ノ巫女 3話目


2クールものの感想は以下。

◆3月のライオン 第2シリーズ
3/31終了 全22話 NHK-G
2期も結局最後まで見てしまった。将棋ものとして「りゅうおうのおしごと!」よりも面白かったかというとなんとも言いがたいところではあるけど。

冒頭から、将棋じゃなくていじめがメインになったときは、もう見るのをやめようかと思った。学校生活の現実問題として避けては通れないのかもしれないけど、そんなリアルを見たいわけじゃないんだよ、アニメでは。まあ、リアルでは藤井六段がこのアニメ(原作漫画)よりも数歩前をいっていて、もうどっちが現実なんだかよくわからん。

もしかして第3シリーズもあるのだろうか。あったら見る見ないはそのとき決めよう。
評価:普通

今期のOP/EDのお気に入りは、ちょっと反則だけど

からかい上手の高木さん のED曲集 「Cover Song Collection」 高木さん(CV:高橋李依)

選曲もすごくいいし、なにより高木さんの歌声に癒やされる。CDの高橋李依スペシャルインタビューも興味深く読ませてもらいました。

今回は、評価:良いが二つも出たけど、実質はどちらも「まあまあ」と「良い」の中間くらい。そろそろ評価表記を見直した方がいいかもしれない。次から10段階評価にしようかな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック