シビック・セダンで帰省

シビック・セダンを家族にお披露目するため、今年の夏は車で帰省することにした。

帰省日は、通常の夏休みよりも二日早い8/9(木)。夏休みに2日休暇をくっつけることで実現できた。ぎりぎりまで台風の進路が気になったけど、なんとか千葉方向にそれたため、予定通り出発だ。

画像
カーナビの所要予測時間は9時間17分。休憩を入れたら余裕で10時間は超えるはず。でもまあ焦らず安全運転で636kmを走破しよう!

しかし、相模原愛川から圏央道に乗るといきなり渋滞にはまる。せっかくなので、ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)を渋滞中にも使ってみたところ、これまたかなり使える機能だった。

速度を100km/hに設定していても、前の車が速度を落とせばそれに追従して車速をコントロールしてくれるのは渋滞中でも一緒。のろのろ運転から前の車が停止してしまったらどうなるのか。今回それを試してみたところ、シビックも自動で止まり、前の車がまた走り出すと、自動でスタートしてくれた! これは超便利で超楽ちん。

画像
ただし、停止のままある一定時間が過ぎると、インジケータが「停車中」になり、その場合はアクセルを踏み直さないとスタートしてくれない。この辺は、わざとそうしているんだろう。

これとLKAS(車線維持支援システム)のおかげで、渋滞中の面倒なアクセルワーク(アクセル踏んだりブレーキかけたりの繰り返し)が激減したので、かなり疲労が軽減されたと思う。

画像
最初の休憩は、新東名の浜松SA。出発から約3時間後の13:20頃に到着した。前回寄ったときにも思ったけど、新東名のトイレの表示は、個室の空きや洋式和式が一発でわかっていいね。

画像
昼食は、いろいろ見て回った末に、普通の醤油ラーメン+辛ネギトッピングにした。限定のあさり塩バターラーメンは\1,100以上もするし、別のお店のひつまぶしは\3,000近かったので、さすがに却下かな。醤油ラーメンの味はまあまあでした。

14:20頃に再スタートし、途中の岡崎SAで給油したり、四日市~鈴鹿付近の事故&故障車渋滞に巻き込まれつつも、2回目の休憩ポイントである大津SAに到着。

画像
この時点で18:00過ぎとなり、到着予想時刻は21:20になってしまった。

が、再々出発後は目立った渋滞もなく、淡路島を40分で突っ切って、20:40頃に実家がある徳島に到着することができた。ほぼ11時間の帰省ドライブでした。お疲れさま>自分

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック