サッカー日本代表(コスタリカ戦)

ロシアW杯が終わって、今日この試合からまた新生日本代表の歩みが始まる。

本当なら札幌でのチリ戦がスタートのはずだったけど、前日の震度7の地震&大規模停電で残念ながら中止となっていた。まあこれは仕方のないところだろう。

思いおこせば、7年前も東日本大震災の影響で、その数日後に行われるはずだった代表戦が中止になっていた。しかしあのときは、日本代表対Jリーグ選抜というある意味で夢の対戦が代わりに行われ、その時のカズのゴールとスタンドの笑顔は今でもしっかりと覚えている。

話を新生日本代表に戻そう。

今回はロシアW杯の主力メンバーはほとんど呼ばれておらず、新戦力発掘の場という意味合いが強い。なので、試合の勝敗やチームの連携とかではなく、選手個々人の出来や意欲を中心に試合を見てみた。そこで気になった選手はというと。。。

中島
 やっぱりロシアW杯落選はおかしい、とあらためて思うくらい、キレキレの出来だった。

南野
 ゴールも決めたし、自分が決めてやろうとする気の強さがいい方に転がればスタメンも狙えそう。

堂安
 じっくり見たのははじめてだけど、意外とテクニックはありそう。でも決めるときに決めないと。

室屋
 プレイからは「頑張ってる!」って感じがすごく伝わってくる。酒井高徳もそうだったなあ・・・ 一皮むけるかどうかが鍵か。

この試合で目立っていたのはこれくらいかな。

一方で、試合の展開としては速いボール回しが印象的だった。また、近場のパスでも、今までにない厳しいところにパスを出していた気がする。これまでの日本代表のショートパスとはちょっぴり質が違うように思った。

10月の親善試合には実績のある海外組も呼ぶらしいので、今回のメンバーがどれだけ残っているか注目したい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック