サッカー日本代表(アジアカップ・トルクメニスタン戦)

2019年アジアカップUAE大会が開幕し、今日はいよいよ日本代表の試合だ。W杯に次ぐ重要な大会なので気合い入れて応援するぞ。

残念ながら中島が怪我で途中離脱し、新生日本代表の顔となった3人そろい踏みにはならなかった。でも、今のこの勢いあるメンバーで、アジアをどう戦うのか要注目だ。

しかし、結果として勝つには勝ったが「やはり、アジアの戦いはそんなに甘くない」をあらためて実感した試合だったと思う。試合の入りは非常に良くなく、慎重なプレイの割りにミスが多い。特に柴崎の前半の出来は最低に近いものだった。

縦パスの多くがカットされたのは、誘い込まれていたからだろう。わざと穴を開けておいて、そこに出してきたパスを出足良くカットする戦法に何度もやられていた。しかも、相手に見事なロングシュートを決められて、まさかの0-1での折り返し。

前回王者のオーストラリアも今大会の初戦を落としているし、とてもいやな展開だったけど、よく後半盛り返してくれた。ただ、3-1からミスで与えたPKは余計。日本の2点目、3点目はラッキーな部分も多分にあったので、下手したら1-2での敗戦もあり得たと思う。

この出来の悪さで勝ち点3をとれたのだけが救いだ。正直いうと、24チーム中16チームが決勝トーナメントに進むことができるので、グループリーグ敗退はまずないと思っている。しかし、見る側としてはもっと安心して試合を見たいというのが人情だ。ドキドキハラハラするのは決勝トーナメントにいってからでも遅くない。次は今日よりは内容も伴う試合にして欲しい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック