2019年夏の帰省(京アニ原画展)

GWに続いて、夏休みも車で帰省した。

今回は8/8(木)と8/9(金)を休暇にして8/8にすぐ移動したので、いつもよりは遙かに交通量が少なく、高速ではほぼ渋滞に巻き込まれることはなかった。高速を降りて徳島の一般道が一番渋滞していたかな。

帰省した翌日にまず向かったのは、地元の本屋さんである小山助学館・本店。ここで7/20から8/31まで開かれている京アニの原画展を見学するためだ。

IMG_1485.JPG入り口の立て看板には、CREATOR'S MESSAGEが書かれていて、その中には今回犠牲になったスタッフの名前とメッセージもあった。

店内に入り、店員さんに写真撮影してもいいか確認したところOKとのことだったので、展示されている70枚すべてを個別に撮影しておいた。さすがにそのデータをアップするのは控えるが、展示の全体像としてはこんな感じ。

IMG_1432.JPG広い壁側に「Free!-Dive to the Future-」の原画が35枚。

IMG_1465.JPGこちらの奥まった通路前に「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の原画が18枚と「ツルネ ―風舞高校弓道部―」が17枚展示されていた。

アニメの原画を見るのはたぶんこれが初めてだけど、B5くらいの少し小さめの用紙に、かなり細い線が鉛筆で丁寧に描かれていた。長い曲線も継ぎ足しなく一気に引かれているのがすごいと思った。

IMG_1520.JPG店内の一角には、京アニへの応援メッセージを書くノートが設置されていて、いろいろなメッセージやイラストが残されていた。

IMG_E1530.JPG今回この展示に貸し出されていたために、あの放火事件での焼失を免れたこれらの貴重な原画を入場料無料で展示してくれている感謝と京アニ支援の意味も込めて、いくつかのグッズを購入。

IMG_1489.JPGそれにしても、JR徳島駅前にあった小山助学館・本店がこんなところに移転していてびっくりだ。

IMG_1487.JPGお店の向かいには新町川が流れていて、ベイブリッジとかを彷彿させる景観はなかなかのもの。ただ、ぶらりと立ち寄れる立地ではないので、本当にここでやって行けているのかちょっと心配だ。

自分が訪れたのは午前中だったけど、原画展目当てと思われる訪問者は4,5人程度。高校生から大学生くらいの若い女の子達だけだった。できれば期間中にもっとたくさんの人に足を運んでもらいたいなあと思う。

この記事へのコメント