サッカー日本代表(E-1選手権・香港戦)

E-1選手権2戦目の相手は香港。まあ今回の相手の中では一番格下だろう。

この試合のスタメンは、大迫、渡辺、田中駿汰、古賀、大島、田中碧、相馬、菅、仲川、田川、小川で、中国戦から全員が入れ替わった。森保になってからこんなのばっかりだなあ。しかも直近でのA代表常連メンバーは一人もいないという。。。

しかし、結果からいうと、小川の初代表ハットトリックもあり、5-0の完勝。まあ、順当なスコアだろう。この試合で一番光ったのは、その小川ではなく大島僚太であることは間違いない。一人だけ別次元のプレイを披露していた。

数年前に大島が代表に呼ばれていた頃は、いまいちその良さがわからず、肝心なところでPK与えたり怪我したりであまりいい印象はなかった。しかし、相手がかなり格下とはいえあのプレイを見せられたら、今後のA代表でも期待大だ。

小川は3点のうちの1点目が素晴らしかった。トラップから回転してゴールの左隅に決めるには腰がよく回らないとできない。回りきらないと右にいたDFに当たっていただろう。彼はU-22でもずっとチームを引っ張ってきたので、このまま怪我せずオリンピック代表を目指して欲しいと思う。

さて、次は因縁の韓国戦。前回の日本大会では優勝を決める一戦で大敗した苦い思い出がある。どちらもベストメンバーではないが、是非とも勝って令和元年を締めくくって欲しい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント