2019年10月期に見たテレビアニメの感想

時間がとれたので、去年の12月に放送終了したアニメの感想を書いておく。新基準に基づき、「普通」以下は感想自体なし。

まずは、最後まで見たものの感想なしの2作品。

◆ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld
12/29終了 全12話 TOKYO MX
評価:普通

◆ぼくたちは勉強ができない!(第2期)
12/29終了 全13話 TOKYO MX
評価:普通


感想ありは以下の2作品。

◆ハイスコアガールII
12/21終了 全12話 TOKYO MX
この作品が10月から放送されることを直前まで知らなかったので、それを知ったときは本当にうれしかった。そして、2期の前に1期のエクストラステージである13話~15話を放送してくれたことに感謝したい。1年間本当に待ち遠しかった。

2期になっても、ゲームをベースにしつつも大野および日高と矢口の3角関係は変わらない。小春ちゃんの性格がちょっときつくなったものの、大野の無口っぷりは最後まで変わらなかった。でもそこがいい。

3Dアニメにする必要はまったく感じないが、それでも作品の完成度向上には役立っていそうなので良しとしよう。3期はあるのだろうか? もしきれいに作品が完結できたら、そのうち発売されるだろうBD-BOXの購入を検討してもいいかな。
全話BDに保存予定。
評価:良い

◆星合の空
12/27終了 全12話 TBS
中学男子ソフトテニス部のお話。見る前はBL臭があるかもと警戒していたがそんなことは全くなく、とてもリアルに部活や友情やいじめや家庭内暴力などを描いた作品だった。

「友情」「努力」「勝利」部分に多少都合が良すぎる部分があるのはまあいいとして、家庭内暴力のところはどうしても暗くなってしまうのが残念。ラストはあのあと一体どうなってしまうのだろうか。当然2期もあるんだろうな。このまま終わりなんて勘弁してくれよ。

エンディングのダンスシーンのパクリ騒動についても、ちゃんと手順を踏んでおけば何の問題も無かったのにね。制作側にコンプライアンス遵守の意識が足りないなあ。
全話BDに保存予定。
評価:まあまあ


途中で断念したのは以下の8作品。最後まで見ていないので当然感想も評価もなし。

◆慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~ 1話目
◆アズールレーン 1話目
◆戦×恋 2話目
◆神田川JET GIRLS 2話目
◆アサシンズプライド 2話目
◆超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 3話目
◆私、能力は平均値でって言ったよね! 3話目
◆俺を好きなのはお前だけかよ 6話目

ふう、これでようやくリアルタイム(2020年1月放送開始分)に追いついた。今後、できれば期をまたがないうちに感想を書いておきたいものだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント