サッカー日本代表(コートジボワール戦)

前のカメルーン戦からスタメンを7人変更して挑んだコートジボワール戦だったが、試合終了間際の植田の渾身ヘッドで勝利となったものの、内容的にはやはり物足りないものだった。

個人的によかったと思うのは、吉田と冨安のセンターバックコンビ。それにボランチの遠藤航くらいかな。期待の久保や鎌田については、もう少し長い目で見守る必要がありそうだ。

植田のゴールについては、正直全く期待していなかった。試合終了間際の後半43分にディフェンスの選手を出してどうするんだよ、と思ったのだけど、まさかその3分後のアディショナルタイムに決勝ゴールを挙げるとは。サッカーって怖いね(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント