サッカー日本代表(U-24日本代表戦)

当初予定されていたジャマイカ戦がコロナの影響(ジャマイカ選手が揃わず)で中止となり、代わりに急遽U-24日本代表との試合が組まれた。一度は見てみたかった試合だけど、同時に思ったことがある。それは、「どちらも怪我だけはしないでくれ!」だ。

試合は開始当初から、思っていた以上に厳しいデュエルが随所に見られ、身内同士のぬるい練習試合といった感じはまったくなかった。すると、徐々にA代表の方が圧倒し始め、開始2分で先制点、前半終了間際に追加点、後半開始7分でだめ押し点を奪い、3-0でA代表の完勝となった。まさに、貫禄の勝利と言っていい。

A代表で光ったのは鎌田の充実ぶり。ワンタッチでのパスやドリブルでの仕掛けもいいが、特に2点目となるゴールは素晴らしかった。別に、尾を引くようなすごいシュートではないけど、あの位置から見事にゴール隅に決める精度の高さと決定力は素晴らしい。代表にデビューしたてのころはぱっとしなかったが、今では代えのきかない選手になりつつある。この調子で成長していってもらいたい。

U-24代表組では、久保は相変わらずあまり良くなかった。時折意表を突くようなプレイを見せるものの、それは単発に終わるし、なによりすぐ倒れるのがあまり好きじゃない。つまり、プレイが軽すぎる。ここ一番では、(倒れたりしないで)テクニックで相手を抜き去り、決定的な仕事ができるようになって欲しいと思う。

また、堂安を代表で久しぶりに見たけど、結構体のキレがありそうだった。森保Japan立ち上げ当初、中島、南野、堂安の3人にスポットが当たっていた時期があったが、一番最初に輝きを失ったのは堂安だと思う。今日、U-24代表はガーナとの親善試合があるので、そこで堂安がでてきたら体のキレやプレイを注目して見てみよう。

あと、遠藤航はさすがのプレイだった。彼が入ると流れががらっと変わるのはU-24でも同じだった。オーバーエイジに彼を選出したのは大正解だと思う。

次は、6/7(月)19:30からタジキスタンとのW杯アジア2次予選の試合となる。最終予選進出を決めた日本はどんな選手や戦術を試してくるのか。あるいは固定メンバーで熟成をはかるのか。楽しみ~。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント