サッカー日本代表(セルビア戦)

2021/5/27時点でのFIFAランキングは、日本が28位に対してセルビアは25位。この連戦の中では一番ランクの高い相手となる。果たして、今の日本代表の立ち位置はどのあたりなのかを測るには格好の相手だが、できればベストメンバーで挑んでみたかったところだ。

この試合のスタメンは、権田、長友、植田、谷口、室屋、守田、橋本、南野、鎌田、伊東、古橋。まあ、あちこちのポジションがベストじゃないね。

結果としては、1-0で日本の勝利となったけど、あらためて感じたのは、この中では鎌田と南野はプレイの質がワンランク上だということ。あと、オナイウ阿道がリオオリンピック落選時から比べたらかなり成長しているように見えたことは収穫だった。

9月から始まるW杯最終予選のメンバーにこの中から一体どれだけのメンバーが生き残ることができるのだろう。オリンピックが終わって、今のU-24メンバーが合流したら、かなりの人数が消えていくと思われる。スタメンに関しては、センターバックは吉田と冨安で決まりだし、サイドバックは長友と酒井。ボランチは柴崎次第ではあるけど、今なら遠藤航と田中碧の組み合わせががよさげ。2列目は、今のところ南野、鎌田、伊東がファーストチョイスだとして、バックアップは三苫、久保、堂安でしょ。ワントップは代えの効かない大迫なので、W杯最終予選のスタメンはほぼ固まったと思っていいだろうね。

さて、次のA代表の試合は、6/15(火)19:25からのキルギス戦(アジア2次予選)となる。楽しみ~。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント