吾右衛門(西八王子)のラーメン

この土曜日にようやく西八王子のラーメン店「吾右衛門」に行ってきた。

開店11:00にあわせ、11:00着の電車で西八王子で下車し、お店には11:03に到着。このくそ暑いさなかにラーメンで並ぶ人もそういないだろうと思っていたら、開店直後にもかかわらず店の外に6名も並んでいた。

店内がざっと数えて10席だったので、開店前には16名も行列していたことになる。うーん、物好きの多いことよ。そこで待つこと約15分。11:20分前には店内に入ることができた。ちなみに自分の後ろには、また10人くらいの行列あり。

画像


画像
自分が頼んだのは、普通の中華そば\550。初めてのラーメン屋ではいつもトッピングなしのシンプルなラーメンにしているけど、\550は八王子ということを差し置いても東京にしてはかなり安い。

ジャンルとしては、ご当地八王子ラーメンなので、色濃いめの醤油スープの表面に油が浮いている普通のラーメンだ。一番わかりやすい特徴としてはデフォルトのトッピングが刻み玉ねぎであること。あと、ここはスープの味がちょっと魚介系(煮干し)の香りがすることだろうか。他の八王子系では魚介の香りが全くしないお店もある。

最初の一口を食べて思ったのは、中細ストレート麺の割りには、麺に芯がある食感だということ。腰があるでもツルシコでもない、なんか不思議な感じがした。メンマやチャーシューは特に感想なし。可もなく不可もなく。

画像


画像


せっかくなので、途中でカウンターにあったスープのタレやおろしにんにくを入れてみたけど、スープのタレについては味の違いがわからず、おろしにんにくはいつも通りの醤油にんにく味になっただけだった。まあ醤油にんにく味スープ、美味しいけどね。

どうでもいいけど、自分の前に一人で並んでいた女子大生っぽい女の人がたまたま隣の席になったのだけれど、中華そばをメンマとチャーシュー抜きで頼んでいた。それって、ほぼ具なしのただの素ラーメンなんじゃあ。。。 で、値段はもちろん\550のままでした。

総評として、100点満点で65点といったところだろうか。接客や雰囲気は何の問題もないけど、わざわざ休日に電車賃を使ってまで食べに来るほどではないように感じた。まあ、今回のように何かのついでに立ち寄って食べる分には何の問題もないと思う。

P.S.
夜は立川の陳建一のお店で麻婆豆腐定食。

画像


画像
両方で\1,400超だったので、コストパフォーマンス的には×だろうね。個人的には。味は・・・まあ、こんなものかな。

"吾右衛門(西八王子)のラーメン" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。