テーマ:サッカー

サッカー日本代表(スイス戦)

W杯本戦まで残り2試合。相手はFIFAランク6位のスイス。超格上だ。 この試合のスタメンは、川島、長友、槙野、吉田、酒井高徳、長谷部、大島、宇佐美、本田、原口、大迫で、システムは4バック。おそらく西野の中ではこのメンバーが本大会でのスタメンであろうと予想できる。 ただ、個人的な希望スタメンは、酒井高徳ではなく酒井宏樹で、大島…

続きを読むread more

サッカー日本代表(ガーナ戦)

この試合はロシアW杯前の国内最終戦かつ、メンバー23名発表の前日に開催される重要な試合となる。 注目のスタメンは、川島、槙野、長谷部、吉田、長友、原口、山口、大島、宇佐美、本田、大迫の11名。この時期に3バックを試すなんて、何を考えているんだ?西野は。 3バックなんて、格上相手に使ったら常時5バックになる守備一辺倒のシステム…

続きを読むread more

サッカー日本代表(ラージリスト発表)

ロシアW杯メンバー23名のベースとなるラージリスト27名が18日に発表された。以下がそのリストとなる。 GK 川島永嗣 東口順昭 中村航輔 DF 長友佑都 槙野智章 吉田麻也 酒井宏樹 酒井高徳 昌子源 遠藤航 植田直通 MF 長谷部誠 青山敏弘 本田圭佑 乾貴士 香川真司 山口蛍 …

続きを読むread more

サッカー日本代表(ウクライナ戦)

欧州遠征の2戦目はウクライナ。こりゃまたいい相手だね、ってシェフチェンコが監督かよ。ちょっとびっくり。 注目のスタメンは、怪我人除く現状のベストメンバーかと思いきや、一部にテスト起用もありそうな微妙な感じ。で、試合結果をいってしまうと1-2の敗戦だった。 それはまあ想定内なので、前回同様この試合に出場した選手の中で、個人的に…

続きを読むread more

サッカー日本代表(マリ戦)

W杯イヤー最初の重要な試合。戦術や結果よりも、W杯メンバーに選ばれるのは誰なのかが主眼のヨーロッパ遠征になりそうだ。 その試合に出場した選手の中で、個人的に印象に残った選手を挙げてみると・・・ ■長谷部 攻守にバランスがとれていてさすがのパフォーマンスだった。今日の出来を見る限り、W杯メンバーとスタメンはほぼ確定だろう。 …

続きを読むread more

サッカー日本代表(E-1選手権・韓国戦)

勝ちか引き分けなら優勝となる試合だったが、韓国に1-4の完敗だった。日本国内で行われた試合で3点差つけられて韓国に負けるなんて屈辱以外の何物でもない。 今日のスタメンは、中村、車屋、昌子、三浦、植田、井手口、今野、土居、倉田、伊東、小林となった。これで国内組の序列がほぼ確定したと思う。初戦のスタメンでそれ以降の出場がない谷口、室屋…

続きを読むread more

サッカー日本代表(E-1選手権・中国戦)

E-1選手権の2戦目の相手は中国。 今日のスタメンは、東口、山本、昌子、三浦、植田、大島、今野、土居、倉田、伊東、小林。前の試合から7人が入れ代わっている。この急造メンバーで最近FIFAランク急上昇中の相手とどう戦うか見物だ。 しかし、試合自体は非常につまらない展開の連続だった。どちらのチームもポンポンロングボールばっかり放…

続きを読むread more

サッカー日本代表(E-1選手権・北朝鮮戦)

すべて国内組で挑むE-1選手権(旧・東アジア杯)が開幕。選手にとっては、来年のW杯メンバー入りをかけた大きな重要な大会だ。 しかし、言ってみれば合同トライアウトみたいなもので、常にW杯予選メンバーに選ばれていた井手口や昌子とか以外はそのほとんどが落選になるはずだ。 この試合のスタメンは、中村、車屋、昌子、谷口、室屋、井手口、…

続きを読むread more

サッカー日本代表(W杯組み合わせ決定)

がっかりした。誰がなんと言おうとがっかりした。ロシアW杯の日本代表の組み合わせはがっかり以外の何物でもない。 ポット1の振り分けはまあどうでもいいとして、ポット2までが決まった時点で最も好ましい組はグループB。なんとポルトガルとスペインが同じ組になった。ここに日本代表が入って欲しい! 次点はグループFのドイツ、メキシコ。グループC…

続きを読むread more

サッカー日本代表(W杯希望組み合わせ)

12/1のW杯組み合わせ抽選会まで待ちきれないので、個人的な希望チームを書いておこう。組み合わせ予想じゃなくてあくまでも希望だ。 まず、各ポッド分けは以下の通り(かっこ内は最新FIFAランキング)。 ポット1: ロシア(65)、ドイツ(1)、ブラジル(2)、ポルトガル(3)、アルゼンチン(4)、ベルギー(5)、ポーランド(…

続きを読むread more

サッカー日本代表(ベルギー戦)

ブラジル戦の感想が書けていなかったので、必然的にこの試合も書くのが遅れてしまった。 この試合のスタメンは、川島、長友、槙野、吉田、酒井宏樹、山口、井手口、長澤、原口、浅野、大迫。ブラジル戦からは、長谷部と久保が外れて、長澤と浅野が入った。ここ数試合、久保の出来はよくなかったので、代わりに浅野を出すのはいいとして、長澤はまったくノー…

続きを読むread more

サッカー日本代表(ブラジル戦)

北海道観光中にサッカー日本代表の試合があった。当然ホテルのテレビで観戦はしたのだけれど、感想を書けていなかったので、今更ながら更新しておく。 相手は、もううんざりのブラジル。そしてスタメンは、川島、長友、槙野、吉田、酒井宏樹、長谷部、山口、井手口、原口、久保、大迫の11名。・・・ネームバリュー的に見劣りがするなあ。 試合結果…

続きを読むread more

サッカー日本代表(ハイチ戦)

キリンチャレンジカップ2試合目の相手はFIFAランク48位のハイチ。アフリカの国かと思ったら中南米だった。 前の試合に続いてこの試合も出た選手全員の個人寸評を書こうかと思っていたけど、結構面倒なので取りやめて、試合と数人の感想のみとする。 試合の早い段階で2-0になったときはなんだよ弱い相手、と思ったけど、そこから3点とられ…

続きを読むread more

サッカー日本代表(ニュージーランド戦)

長かったW杯アジア予選がようやく終わった。そして本戦に向けて最初の強化試合は、このあと南米5位とのプレーオフを控えたニュージーランドだ。マッチメイク的には可もなく不可もなくといったところか。 で、試合結果は2-1で日本の勝利。2点のうち1点はPKだし、試合内容はあまり良くなかった。なので、本戦23名枠をかけて戦った選手の個人的寸評…

続きを読むread more

サッカー日本代表(W杯最終予選・サウジアラビア戦)

最終予選の最後の試合。W杯出場は前の試合で決めたけど、是非とも勝って締めくくって欲しい。 それにしても、W杯出場が決まっていると、アウェイの最終戦でもなんと落ち着いて観戦できることか。余裕があるって素晴らしい。 本田と岡崎がスタメンなのは、自分の中では予想通り。ハリルホジッチは、ここでベテラン勢の最終見極めをするつもりなんだ…

続きを読むread more

サッカー日本代表(W杯最終予選・オーストラリア戦)

よっしゃーーーーー!!!! ロシアW杯出場決定だーーー。 今はもうただうれしくて、うれしくて、うれしい。特に井手口のスーパーゴールが決まったときは、欲しくて欲しくてたまらなかった追加点だけに、感極まって久しぶりにサッカー日本代表の試合で泣いてしまった(都合3回目)。 今はただこの感動に浸っていたい。おめでとう。そしてありがと…

続きを読むread more

サッカー日本代表(W杯最終予選・イラク戦)

さて。W杯最終予選も残り3試合。最後にオーストラリアとサウジアラビア戦を残すことを考えたら、アウェイとはいえ勝ち点3が是非とも欲しい。 この大事な試合でのスタメンで驚いたのは、ボランチが遠藤と井手口という若い二人だったこと。おいおい大丈夫か?チャレンジャーだな、ハリルホジッチ監督。 前半の早い時間帯に大迫のゴールで先制したの…

続きを読むread more

サッカー日本代表(シリア戦)

来週のイラク戦に向けた大事なチャレンジマッチ。この試合で試合勘やら体のキレやらを十分に調整して欲しい。 とか思っていたら、開始早々に香川が怪我で交代。頼むから、頼むから怪我だけは勘弁してくれ~。そんなことも影響したのか、全体的に重苦しい展開となり、今ひとつ攻撃も守備もピリッとしない。これまで絶好調だった久保も今日はキレがない感じだ…

続きを読むread more

サッカー日本代表(W杯最終予選・タイ戦)

W杯予選は結果がすべて、といいつつも今日の試合ほど内容が伴わない結果もないだろう。 ホームで4-0勝利の勝ち点3ゲット。これは紛れもなく素晴らしい。しかし、同じ勝ち点3をアウェイで取った、この前のUAE戦のすばらしい集中力はどこに行ってしまったのか。全くの別チームとも思われるようなひどい内容の試合だった。 一体全体あのパスミ…

続きを読むread more

サッカー日本代表(W杯最終予選・UAE戦)

今日から最終予選の折り返し。その最初の試合は、ホームの初戦で苦杯をなめたUAEが相手だ。・・・これは絶対に負けられない。 その重要な試合で、長谷部が怪我で離脱。近年では記憶にない不安が心をよぎる。なので今日は日本時間の深夜にもかかわらず、これまで以上に気合いを入れて応援した。 長谷部に代わるスタメンのボランチが今野なのはまあ…

続きを読むread more

サッカー日本代表(W杯最終予選・サウジアラビア戦)

W杯最終予選の前半最後の試合は勝ち点10で首位に立つサウジアラビア戦。これに勝てばW杯出場圏内に留まることができるが、負ければ2位以内はほぼ絶望になる大一番だ。 まず結果を最初に言うと、2-1で日本の勝利。よっしゃー。ただ、最後の1失点がなければ100点満点だったけど、それがあったことで、トータルでは70点といったところか。この1…

続きを読むread more

サッカー日本代表(オマーン戦)

この試合は4日後のサウジアラビア戦に向けた調整および新しい戦力の発掘にあるのは間違いない。果たしてその結果がどうだったかというと・・・。 クラブで試合に出ていない選手の調整面でいえば、スタメンで出た清武や本田はいい感じにウォーミングアップができたように見えた。ただ、後半途中から出た岡崎はちょっと・・・。彼もそろそろ衰えが見え始めた…

続きを読むread more

サッカー日本代表(W杯最終予選・オーストラリア戦)

先週の劇的勝利から5日。今日は前半戦の表の天王山、アウェーでのオーストラリア戦だ。 で、まずは先に結果を述べると、原口の素晴らしい先制点と、原口の与えたPKで1-1の引き分け。勝ち点1だった。でもうまくやれば勝てる試合だったのは間違いない。 2年前にオーストラリアはアジアカップに優勝している。そのときにも思ったけど、パワープ…

続きを読むread more

サッカー日本代表(W杯最終予選・イラク戦)

よーし、よく決めた山口蛍! よっしゃー!!、よっしゃー!!! と、冒頭から少々冷静さを失うくらい、この勝利はうれしい。ホームなのに最初からすごく苦しい戦いぶりで、ほんとにどうなることかとハラハラしたけど、最終的に勝ち点3がとれて本当によかった。 あまり口に出しては言いたくないけど、あからさまに時間稼ぎをするチームには天罰が下…

続きを読むread more

サッカー日本代表(W杯最終予選・タイ戦)

最終予選2試合目はアウェーでのタイ戦。初戦に負けてしまったことで、早くも勝ち点3がノルマになってしまった。 その大事な試合のスタメンを見てびっくり。山口蛍はわかるとして、原口と浅野がスタメン?はあ? しかし、そんな素人の感想を(いい意味で)あざ笑うかのように、この二人が得点を決めて2-0の勝利なんだから、これはもう脱帽するしかない…

続きを読むread more

サッカー日本代表(W杯最終予選・UAE戦)

いよいよ2018年ロシアW杯のアジア最終予選が始まった。ここからが本当の真剣勝負だ。 しかし、終わってみれば1-2とホームでまさかの逆転負け。勝ち点1すらとれなかった。結果がすべての最終予選でこれはどうにも受け入れがたい。 しかし、最終予選はまだ始まったばかり。今回は5チーム総当たりということもあり、あと9試合も残っている。…

続きを読むread more

サッカー日本代表(ボスニア・ヘルツェゴビナ戦)

キリンカップ2試合目の相手はボスニア・ヘルツェゴビナ。FIFAランク20位というのは伊達じゃない。自分が予想した以上に強かったなあ。 全然守備的じゃないのに、ものすごく守備が堅牢に感じた。ラストパス直前には必ず足を出してくるし、フリーと思ってもあっという間に間合いを詰めてきてしまう。攻撃陣もでかくて強いのとかドリブルが得意なのとか…

続きを読むread more

サッカー日本代表(ブルガリア戦)

3月以来久しぶりの代表戦だ。9月の最終予選に向けてチーム力を上げていって欲しい。 試合は前半から日本のペース。いつもの決定力のなさは影を潜め、前半だけで4-0はちょっと出来過ぎだ。後半も3点加えて、終わってみれば7-2の大勝だった。でも、岡崎の得点はオフサイドと言われてもおかしくなかったし、浅野のPKの判定は超微妙だった。さらに、…

続きを読むread more

サッカー日本代表(W杯アジア2次予選・シリア戦)

さあ、アジア2次予選もこれが最後の試合だ。すっきり勝って締めよう。 ノルマとしては、複数得点での無失点勝利。これができたら、まあ文句なく合格だろう。・・・と思っていたけど、結果としてはその通りになってくれたのだけど(5-0)、どうにも最後までハラハラする展開だった。 前半終わって、相手オウンゴールの1点のみ。前半のうちに、少…

続きを読むread more

サッカー日本代表(W杯アジア2次予選・アフガニスタン戦)

今年初、かつ久しぶりの代表戦だ。この間、U-22代表がオリンピック出場を決めたものの、女子なでしこは出場を決められなかった。 ということで、まだ2次予選とはいえ男子A代表の試合を見逃さないように、今日は休出の代休を取ってライブでのTV観戦に備えた。 結果からいうと、5-0で日本の完勝。危ないところは全くなかったと言っていいだ…

続きを読むread more