テーマ:映画

スパイダーマン3(WOWOW)

久しぶりにプロジェクターを設置して、録画してあったスパイダーマン3を視聴。見始めてしばらくしたら、すでにほとんど1作目2作目のことを忘れているのに気がついた。 えっと、友人のお父さんを殺したと誤解されたのはどっちだっけ?1作目かな? MJにはスパイダーマンの正体を気づかれたんだっけ。まあこれは2作目だよなあ。なんてことを考えながら…

続きを読むread more

崖の上のポニョ(ワーナーマイカルみなとみらい)

先日のインディ4に続いて、今日は「崖の上のポニョ」を劇場まで見に行った。場所は同じくワーナーマイカルみなとみらい。 これまで宮崎駿作品は公開初週に見に行っていたものだが、今回はいまいち乗り気にならなかったので今まで引っ張ってしまった。ここ数作の出来を考えたら仕方のないことだと思うが、それでもまだ劇場でみたいと思うレベルに何とか…

続きを読むread more

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国(ワーナーマイカルみなとみらい)

今日の会社帰りに桜木町で途中下車し、ワーナーマイカルみなとみらいでインディ・ジョーンズ4を見てきた。明日8/29までの公開だったので、ぎりぎり滑り込みセーフだ。 実は、そろそろポニョを見に行こうかと思って、横浜付近の映画館を検索していたら、ここで8/29まで公開しているのがわかったのが昨日の夜。公開は21:25開始の回のみなので、…

続きを読むread more

雲のむこう、約束の場所(WOWOW)

「秒速5センチメートル」から一週間おいて、ようやくこれを視聴。早く見たかったような、でも見たくないような。そんな気がしてしまうのは、新海誠作品が切なさを主軸にしているとわかってしまったからなのだが。 最後までみた感想を最初に言うと、「秒速5センチメートル」ほどきつくはなかった。でも釈然としない部分はある。・・・それはまあさておき。…

続きを読むread more

秒速5センチメートル(WOWOW)

「ほしのこえ」の新海誠作品の一挙放送がWOWOWであったので、まずは最新作を視聴。切ないというかやるせないというか、見終わったあとに何ともいえない感情が残る作品だった。 「ほしのこえ」を見たときの感想はこちら。このときも似たような気持ちになったが、今回はさらにきつかった。なんというか、子供の頃の鮮烈な思い出をずっと引きずってしまっ…

続きを読むread more

ルパン三世・カリオストロの城(地デジ)の画質など

5/2に日テレ(地デジ)で放送された、カリオストロの城をプロジェクターで視聴。気になる画質の評価を簡単にしてみる。 一見してわかるのはこれまでにない解像度の高さ。そもそもの解像度が上がった上に、HDリマスターによって余計な輪郭補正がなくなったので、線がすっきりして見やすくなっている。DVDと比較するとわかりやすいが、オープニングの…

続きを読むread more

時をかける少女(フジ)

巷で評判のよかったらしいアニメ版時かけが地デジで放送されたので録画後に本日視聴。放送時はサッカー日本代表の試合があったので録画視聴はまあ当然だろう。で、見た感想だが、なるほど確かに面白かった。 正直、なんで今頃「時をかける少女」なんだろう、と公開当時は思った記憶がある。原田知世主演の映画を今更アニメでリメイクして意味があるんだろう…

続きを読むread more

THE 有頂天ホテル(DVD)

近所のレンタル屋さんにCDを借りに行ったところ、DVDを含む全品100円キャンペーンを実施していたので、急遽かねてから見てみたいと思っていた「THE 有頂天ホテル」も借りることにした。 三谷幸喜監督作品は「ラヂオの時間」が非常に面白かったが、次作「みんなのいえ」でがっかりした口なので、巷での評判がよかった「THE 有頂天ホテル」に…

続きを読むread more

50回目のファースト・キス(デジタルWOWOW)

アダム・サンドラーとドリュー・バリモアのコンビ作品を見るのは「ウェディング・シンガー」以来となる。「ウェディング~」が結構面白かったのでどんなものか楽しみに見てみたが、意外な展開が待ち受けていて少し驚いた。 作品のテイストとしてはコメディとロマンチックさと少々の下品さだったのでほぼ予想通り。いろいろなシーンで笑わせてもらった。しか…

続きを読むread more

カクレンボ(BS-hi) ほしのこえ(BS-hi)

先日の「茄子 アンダルシアの夏」と同時に放送された短編アニメ。正直、「茄子~」よりも強烈な印象を与えてくれた。 「カクレンボ」 妙に緊張感のあるホラーテイストアニメ。全員がキツネのお面をかぶっているので、キャラに思い入れなどはできないが、作画や背景はいたって丁寧でなかなか好感が持てる。最後まで唐突感は拭えないが、25分とは思えな…

続きを読むread more

茄子 アンダルシアの夏(BS-hi)

ジブリ作品の作監・原画で知られている高坂希太郎が監督した中編アニメ映画。劇場公開時の宣伝だけ見ていたらジブリの新作かと勘違いするくらい絵柄が宮崎駿に似ているのはいいのか悪いのか。 見始めてすぐに画角が4:3であることがわかってびっくり。偏見だと思うが、映画=ワイド(シネスコ(2.35:1)やビスタ(1.85:1))、テレビ=スタン…

続きを読むread more

逆境ナイン(デジタルWOWOW)

これはもう隅から隅まで島本和彦テイストがつまった作品だ。それを覚悟して見ないと大変なことになること間違いないな。 島本和彦の漫画を読んだことのある人ならわかると思う。彼の作品の持つ、ばかばかしさ・異常な熱血具合・勘違いっぷり・掃きだめの鶴的に可憐なヒロイン等が見事にちりばめられている。少林サッカーを意味不明にレベルアップした感じ、…

続きを読むread more

人狼 JIN-ROH(BS-hi)

この前BS-hiで放送した「人狼 JIN-ROH」をようやく見た。原案・脚本は押井守でしたか。知らなかった。 さて、見終わっての率直な感想は「救いがないなあ」。冒頭のエピソードからラストまでとにかく鬱になりそうなほど暗い。架空とはいえ終戦後の日本だから明るい話にはなり得ないが、警察内部の諜報戦やゲリラとの戦いなどの設定がさらに輪を…

続きを読むread more

チャーリーとチョコレート工場(デジタルWOWOW)

10月のWOWOWの目玉はこれらしい。一応ジョニー・デップが主演ということしか知らないけど、とりあえず見てみることにした。 って、これティム・バートンが監督だったのか。彼の映画はあまり見たことがないが、「PLANET OF THE APES 猿の惑星」のあまりの駄作っぷり、というか名作であるオリジナルをあそこまで曲解した挙げ句の果…

続きを読むread more

天使のくれた時間(BS-hi)

実家にあるDVDの冒頭5分だけ見てそのまま放置していたが、先日BSハイビジョンで放送されたので続きを見てみることにした。 なるほど、邦題の意味はそういうことかと映画を見ている途中で思った(ちなみに原題はThe Family Man)。話としては意外とありがちなパターン。パラレルワールドに入り込んでしまった主人公(ニコラス・ケイジ)…

続きを読むread more

タッチ(地デジ・日テレ)

なんで今更「タッチ」の実写映画化なんだろう、と映画化の第一報を聞いたときに思った記憶がある。まあ、原作の漫画は全巻持っていたし、映画館まで行く気はしないが、テレビで放送するなら、と録画してあったのをようやくこの3連休で見ることにした。 最初に気になったのは上杉ツインズを演じる役者。どっかで見たことがあるなあ。どこだっけ? ・・・・…

続きを読むread more

ゲド戦記(TOHOシネマズ南大沢)

見てきました「ゲド戦記」。ネタバレが嫌なのでジブリの映画は公開3日以内に見るようにしているが、それでも公開初日に見たのは久しぶりだ。「紅の豚」以来かな。 見た劇場はTOHOシネマズ南大沢。立川シネマシティに比べて音響等の設備は劣るが、人気作でも余裕でネット予約可能&近くに安い駐車場があるので交通の便がいいから最近お気に入りの劇場だ…

続きを読むread more

コンスタンティン(デジタルWOWOW)

W杯が終わってしばらく経つのにまだ抜け殻のようになっている状態を脱却すべく、録画したまましばらく放置状態の映画を見ることにした。最初はこの「コンスタンティン」。さてどんな感じか。 キアヌ・リーブス主演ということで内容を知らないまま録画しておいたのだが、まさかこんなお話だったとは。エクソシストを何倍もつまらなくしたような内容ははっき…

続きを読むread more

「ゲド戦記」チケット予約完了

7/29に封切りとなるジブリ最新作「ゲド戦記」のチケットをネット経由で予約した。席もほぼ中央の8列目なので文句なし。2週間後が楽しみだ。 スター・ウォーズEP3以来となる劇場での映画鑑賞だが、例によって事前情報をほとんど入れていない。もちろん宮崎駿の息子が監督することや、(読んだことはないが)有名な小説が原作になっていることは知っ…

続きを読むread more

タイタニック(BS-hi)

最近スクイーズDVDが発売されたが、長らくレターボックス素材しかなかったことを考えると、あのタイタニックがハイビジョン画質で見ることができるとはいい時代になったものだ。 というものの期待していた画質は、それほど超高画質いうわけではなかった。でもよしとしよう。先ほどもいったように少し前はレターボックスだったのだから。今回はビスタとシ…

続きを読むread more

ミリオンダラー・ベイビー(デジタルWOWOW)

プロジェクターが修理から戻ってきたお祝い?に、録画しつつも未見だった映画を見ることにした。第一弾はアカデミー作品賞その他を受賞したという「ミリオンダラー・ベイビー」。クリント・イーストウッド監督作品だが、彼の作品は監督作じゃなくてもほとんど見たことがない。さて、どんな出来なんだろう。 ・・・なんて思いながら見始めたが、序盤はドラマ…

続きを読むread more

スチームボーイ(デジタルWOWOW)

劇場公開時にかなり宣伝していたもののそれほど興味はなかったが、このたびWOWOWで放送されたのでどんなものか見てみた。感想は・・・まあ予想通りかな。 大友克洋の映画って実のところ今まで一度も見たことがなかった。自分にとってはあまり興味をそそる作家でないことは確か。とは言っても見もせずに評価もできないってことで今回見てみたわけだけど…

続きを読むread more

シンデレラ・ストーリー(デジタルWOWOW)

WOWOWの番組表で現代版シンデレラと紹介されていたが、それよりも全米で人気のアイドル(ヒラリー・ダフ)がどんな感じなのかに興味があったので見ることにした。 お話自体は確かにシンデレラ。意地悪な継母と姉が出てきて毎日いじめられるし、王子様とのダンスのあとに忘れ物するし。ただし、王子様→高校の人気者、舞踏会→ダンスパーティ、忘れ物:…

続きを読むread more

映画版・電車男(DVD)

見たいと思っていた映画版「電車男」のDVDを妹が貸してくれた。早速視聴していたところ、プロジェクターのランプが破裂するトラブルがあったりしたが、液晶テレビに切り替えてなんとか最後まで見ることが出来たので簡単に感想などを書いてみる。 「電車男」についてはいろいろなメディアで展開されていて、自分もずいぶんたくさん見てきた。最初が小説の…

続きを読むread more

バイオハザードII アポカリプス(デジタルWOWOW)

カプコンゲームの映画化第2作目。1作目が(ゲーム原作にしては)そこそこ面白かったので、まあまあ期待してみてみた。 1作目は1回しか見ていないのではっきりとは覚えていないけど、出だしは前作のエンディングからそのまま繋がっている感じ。ラクーンシティ全体にウイルスが蔓延している様は、ゲームの「バイオ2」に似ている。まあ、前作ほどではない…

続きを読むread more

アイ, ロボット(デジタルWOWOW)

ウィル・スミス主演の近未来アクション映画をデジタルWOWOWで視聴した。特に期待してみたわけではなく、何か新作映画を見たいなあと思ったらこれを放送していたのでたまたま見たという感じなのだが・・・。 まあ、予想通りあまり面白くなかった。個人的にはここ最近の「近未来SFアクション」というジャンルにはもう期待していない。特にスピルバーグ…

続きを読むread more

COWBOY BEBOP 天国の扉(BS-hi)

カウボーイ・ビバップの劇場版がBS-hiに登場。未見&ハイビジョン&5.1chサラウンドということで、結構期待してみてみた。D-VHSに録画しながら、プロジェクターで同時視聴なんて久しぶりだ。 まず画質だが、見た感じ解像度があまり高くないのでそれほど高画質には見えない。さすがにアップコンほどではないがその点は少し残念。ただ、さすが…

続きを読むread more

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(デジタルWOWOW)

公開から1年4ヶ月遅れでようやく見ることができた。DVDも買わずに我慢していたのはひとえにハイビジョンで見たいから。こんなにきれいな画質で見せてくれて待っていた甲斐があった。WOWOWさん、ありがとう。 しかし、子供を主役にしたシリーズ物の宿命だけど、ハリー・ポッターを始めとした出演者たちがみんな結構成長していて、多少違和感があっ…

続きを読むread more

いま、会いにゆきます(デジタルWOWOW)

TVドラマ版に続いて、WOWOWで放送した映画版を見た(順番逆だけど)。さすがにドラマ版とは違ってテンポよく話が進んだ。まあ2時間と10時間だから当たり前か。でも、結構設定とか違うんだね、映画では。 それでも、澪が事故にあって未来に飛ばされ、自分が死んだ後の巧と祐司に出会うことや、最初は巧の思い出が語られ、その後に同じシーンを澪の…

続きを読むread more

勝利への脱出(BS-hi)

むかーしテレビで見た覚えがあったが、今回見るまでサッカーじゃなくてアメフトだと記憶違いしていた。なんでだろう。スタローンが出ているからかなあ?。 内容は、戦時中の捕虜収容所での脱走劇にスポーツ(サッカー)を絡めたドラマ。サッカーの神様ペレが出ていて、素晴らしいテクニックやオーバーヘッドも見せてくれる。それ以外の選手も当時のプロ選手…

続きを読むread more