テーマ:ブログ

サッカー日本代表(W杯アジア2次予選・ミャンマー戦)

いよいよこの試合から、2022年カタールW杯出場にむけたアジア予選の長い戦いが始まる。予選は結果がすべて。これまでの日本代表は、アジア予選の初戦はいつも苦労してきたけど、アウェイの地で勝ち点3を勝ち取ってきて欲しい。 スタメンは先週のパラグアイ戦と全く同じ。森保監督の中では現時点でベストのメンバーということだろう。このメンバーでパ…

続きを読むread more

サッカー日本代表(パラグアイ戦)

6月のコパアメリカはテレビ放送がなくて試合を見ることができなかったので、個人的には久しぶりな気がする代表戦だ。 結果から書くと、ホームとはいえ南米のパラグアイ相手に2-0の完勝。前半はチームとして高い完成度を示し、大迫と南野がそれぞれ得点し、後半は久保の一人舞台だったものの最年少得点は奪えなかった。久しぶりに見ていて楽しい試合だっ…

続きを読むread more

2019年夏の帰省(京アニ原画展)

GWに続いて、夏休みも車で帰省した。 今回は8/8(木)と8/9(金)を休暇にして8/8にすぐ移動したので、いつもよりは遙かに交通量が少なく、高速ではほぼ渋滞に巻き込まれることはなかった。高速を降りて徳島の一般道が一番渋滞していたかな。 帰省した翌日にまず向かったのは、地元の本屋さんである小山助学館・本店。ここで7/20から…

続きを読むread more

2019年04月期に見たテレビアニメの感想

遅ればせながら、4月期の感想をまとめておく。といいつつ、前回から始めた新基準に合わせると今回は感想を書ける作品は1つもなかった。 ◆ぼくたちは勉強ができない 6/30終了 全13話 TOKYO MX 評価:普通 ◆進撃の巨人Season3(Part.2) 7/1終了 全10話 NHK総合 評価:普通 以下の2…

続きを読むread more

2019年01月期に見たテレビアニメの感想

前期の感想がまだだったので今更ながらまとめておく。 ただ、最後まで見たけど評価が芳しくなかったものは内容については触れないでおく。もうそんな作品に時間をかけるのはもったいないから。従来評価での「普通」「いまいち」は省略し、「まあまあ」「良い」のみの記載とする。 ということで、今回最後まで見たものの感想なしなのは以下の4作品+…

続きを読むread more

サッカー日本代表(エルサルバドル戦)

3バックを試す2試合目だが、個人的になんとなく盛り上がりに欠けるテレビ観戦となった。 その理由は、メンバーもシステムもあまりにもテスト的な意味合いが強いので、真剣に見る気が失せていたんだと思う。やっぱりスポーツは真剣勝負じゃないとなあ。なので試合どうこうはさておき、何人かの選手についてのみ感想を書いておく。 永井 久しぶりの…

続きを読むread more

サッカー日本代表(トリニダード・トバゴ戦)

令和最初の日本代表戦は、南米選手権を見据えつつもかなりテスト的な要素の高い試合となった。 一番大きいのは、システムが3-4-3となり久しぶりに3バックが採用され、それによって南野がスタメンからはじき出される形となった。3バックは、畠中、昌子、冨安の3人で、ダブルボランチは柴崎と守田。両サイドが長友と酒井で、前戦は中島、堂安、大迫と…

続きを読むread more

「令和」始めました。

ということで、数10年ぶりくらいに筆をもって書き初めをやってみた。 せっかくなので、墨をするところから始めたけど、なかなか濃くならない。20分くらいかけてようやくそれなりの濃さになった。 お手本を見ながら何度か練習するも、払いや止めが難しくてうまくいかない。こりゃだめだ、と早々にあきらめ、すぐに清書開始。 とりあえず、…

続きを読むread more

シビック・セダンで平成最後の帰省

平成から令和への切り替わりを実家で迎えるため、シビック・セダンで2回目の帰省をすることにした。 土曜日出発はいろいろと忙しないので、土曜日は休息と準備にあてて、4/28(日)の10:30頃にいざ出発。 前回同様、1回目の休憩は新東名の浜松SA。厚木付近からだらだらした渋滞があったので、14時過ぎの到着となった。その間、名神で…

続きを読むread more

サッカー日本代表(ボリビア戦)

前のコロンビア戦からスタメン11人全員を入れ替えて臨んだこのボリビア戦は、プレイするメンバーによってサッカーの質が全く違ってくることが如実に表れた試合だったと思う。 今回のスタメンは、後ろからシュミットダニエル、安西、三浦、畠中、西、橋本、小林、乾、香川、宇佐美、鎌田の11人。このメンバーで後半の15分くらいまでやっていたけど、は…

続きを読むread more

らあめん花月嵐(豊田駅前店)閉店

ほぼ毎週土曜日に通っていた、らあめん花月嵐・豊田駅前店が3/25(月)に閉店することになった。ショック!! それを知ったのは、3/20(水)。翌日が休日ということで、ニンニク成分を補給するために会社帰りに立ち寄ったところ、こんなお知らせが入り口に貼られていた。 はあ?なんで?意味わかんない。今年の1月に有吉のテレビ番組で花月…

続きを読むread more

サッカー日本代表(コロンビア戦)

アジアカップ決勝での悔しい敗戦から約2ヶ月。新たな戦力を求めての強化試合初戦は、いろいろ因縁があるコロンビアが相手だ。 まあ、向こうとしてはロシアW杯での借りを返そうとするはずなので、いいマッチメイクといえるのだろう。自分としてはそろそろ飽きてきた気がしないでもない。 今回の日本代表メンバーを見ると、新戦力の発掘と旧戦力のふ…

続きを読むread more

焼肉ジュージュー移転

会社の同僚や家族とたまに行っていた「焼肉ジュージュー」がいつの間にやら移転していた。ここより美味しい焼き肉屋さんはそうそうなかったので、ちょっとショック。 気がついたのは3月上旬の会社帰り。車でお店の前を通ったところ、平日なのに電気が消えていて、入り口に張り紙らしきものが見えた。まさか閉店か?と思って翌日の会社帰りに店の前に車を止…

続きを読むread more

読売新聞オンライン

読売新聞から読売新聞オンラインの招待状が送られてきたので、どんなものか試してみた。 昨年まで自分が契約していた新聞は朝刊のみで月3,826円(税込み)。それが年明けから税込み4,200円に値上がりになった。そのフォロー的なもので、読売新聞オンラインへの無料アクセスができるようにしてくれるらしい。 招待状は、こんな感じで郵送さ…

続きを読むread more

サッカー日本代表(アジアカップ決勝・カタール戦)

負けた。悔しい。2大会ぶりのアジアチャンピオンの称号を得ることは叶わなかった。 カタール相手に1-3という結果は到底承服できることではないが、結果は結果として受け入れるしかない。日本がアジア相手に負ける場合は、大体が突出した個の力にやられている。 守備面で一番がっかりだったのは、GKの権田。2本のシュートも甘いコースだったP…

続きを読むread more

サッカー日本代表(アジアカップ準決勝・イラン戦)

現時点でのアジア最強と思われるイラン代表にどんな試合をしてくれるのか。それが焦点だったが。。。素晴らしい勝利をありがとう、日本代表! 不調の南野に代えて乾の先発もあるかと思ったけど、復帰の大迫を含むベストメンバーで挑むスタメンとなった。前半はほぼ互角の戦い。どちらかというと優勢なのは日本だったが、決定機はイランの方にあったと思う。…

続きを読むread more

2018年下期(7月~12月)に読んだ本

かなり遅くなったが、2018年下期に読んだ本の結果を書いておく。 ●7月[5冊] [☆] ソードアート・オンラインオルタナティブ ガンゲイル・オンライン 7 [時雨沢恵一] ゴブリンスレイヤー 6 [蝸牛くも] 空飛ぶタイヤ [池井戸潤] 異世界居酒屋「のぶ」 1 [蟬川夏哉] 86 -エイティシックス- …

続きを読むread more

サッカー日本代表(アジアカップ準々決勝・ベトナム戦)

いやー、危なかったなあ。でもなんとか1-0で勝利してベスト4進出だ。 しかし、スタメンがサブ組じゃなくて、出場停止の武藤の代わりに北川を入れた以外はサウジ戦と同じって何考えているんだ? 中二日で主力組をここで酷使する意味はどこにあるんだ? と試合開始前にスタメンの顔ぶれをみてそう思った。 ベトナムは確かにいいチームではあった…

続きを読むread more

サッカー日本代表(アジアカップ1回戦・サウジアラビア戦)

いやー、久しぶりに痺れる試合だった。さすがはサウジアラビアというところだろうか。 アジア相手のチームに、大迫以外は今のベストメンバーで挑んだ日本代表がここまでボールを持たれる展開になるとはね。特に前半途中まではかなり厳しくて、日本はほとんど攻撃できなかった。 ここを無失点でしのげるかどうかがポイントだったけど、そのさなかに得…

続きを読むread more

サッカー日本代表(アジアカップ・ウズベキスタン戦)

試合が終わって1日以上が過ぎてしまったので、感想は短めに。 グループリーグ首位突破を賭けた試合は、スタメンほぼ全員を替えて臨み、2-1での逆転勝利となった。初戦同様、相手に先制されたのはいただけないが、きっちり逆転して3連勝での首位通過という結果はある程度評価できる。 この試合で最も目を引いたのは、間違いなく塩谷だろう。勝ち…

続きを読むread more

2018年10月期に見たテレビアニメの感想

新年にずれ込んでしまったが、放送終了順に今期の4作品+αの感想を書いておく。 ◆色づく世界の明日から 12/29終了 全13話 TBS 1話目を見たときは、作画や世界観の構築など、そのクオリティの高さに驚いた。制作したP.A WORKSは、制作集団として確実に進歩しているように思う。 惜しむらくは、自分にとっては何度も繰…

続きを読むread more

サッカー日本代表(アジアカップ・オマーン戦)

アジアカップ2戦目の相手はオマーン。これに勝てばグループリーグ突破となる。 オマーンといえば、カタール、バーレーン、ヨルダン、シリアなどとともに中東サッカーの新興国として、10年前くらいからアジアの戦いでは苦しめられてきた国の一つだ。 前の試合から、怪我の大迫の代わりに北川が入り、富安がCBにシフトして槙野がアウト。ボランチ…

続きを読むread more

サッカー日本代表(アジアカップ・トルクメニスタン戦)

2019年アジアカップUAE大会が開幕し、今日はいよいよ日本代表の試合だ。W杯に次ぐ重要な大会なので気合い入れて応援するぞ。 残念ながら中島が怪我で途中離脱し、新生日本代表の顔となった3人そろい踏みにはならなかった。でも、今のこの勢いあるメンバーで、アジアをどう戦うのか要注目だ。 しかし、結果として勝つには勝ったが「やはり、…

続きを読むread more

2019年始動

毎回遅ればせながら、今年の年賀状を公開。 平成最後の年賀状です。 私の昨年一番のトピックは、やはり12月に左目白内障の手術をしたことですね。手術を決めるまでは不安もありましたが、幸い名医といわれるクリニックで手術を受けることができ、その後の経過もとても順調です。ものがきれいに見えるって素晴らしい! 僅差の2位は…

続きを読むread more

白内障の手術・その0

今月12/4に左目の白内障手術を行った。手術から約2週間が経過して、ほぼ通常生活に復帰できたので、これから数回にわたってその記録を残しておこうと思う。 今回はその予告編なので短めに。 とりあえず、視界は良好。これまで不便に思っていた視野の狭さや光のまぶしさからも解放されて、なんだか気持ちも前向きになった気がする。 景色…

続きを読むread more

カラオケ館・西八王子店

10/17に西八王子のシダックスがカラオケ館に変わって一ヶ月。先週ようやく行ってきた。 西八王子のシダックスは、シダックス八王子店が閉店してからはずっとメインのカラオケ店だった。さて、どのように変貌を遂げていたかレポートしてみよう。 まずは入り口から。扉とか外装もきれいになっている。 入ってすぐに、無料貸し出しOKのコ…

続きを読むread more

サッカー日本代表(キルギス戦)

これが年内最後の代表の試合となる。今年はW杯イヤーだったけど、あの熱狂が遙か昔のように感じてしまう。時の過ぎるのは早いものだ。 さて、この最終戦は先週の試合からスタメンが11人全員入れ替わった。どうやら固定メンバーでの熟成よりも選手の見極めを選んだようだ。逆に、すでにレギュラーはほぼ決まったと考えることもできる。 今日のスタ…

続きを読むread more

サッカー日本代表(ベネズエラ戦)

来年1月のアジア杯まで、強化試合はあと2試合。今日の試合で、ほぼ森保Japanの核となるレギュラーが見えてきたと思われる。 そのスタメンは、シュミット・ダニエル、佐々木、吉田、富安、酒井、柴崎、遠藤、南野、中島、堂安、大迫の11人。今日の相手であるベネズエラがFIFAランク29位、来週のキルギスが90位なんだから、今日のスタメンが…

続きを読むread more

2018年秋の限定ホップビールそろい踏み

今年の秋に限定販売されたホップビールが出揃った。 左から、サッポロクラシック2018富良野VINTAGE、とれたてホップ2018一番搾り、プレミアムモルツ初摘み2018で、一番右は秋限定ではないけどヱビス<ザ・ホップ>2018となる。どれも通常仕様とは全く違う味わいなので、毎年とても楽しみにしているビールたちだ。 …

続きを読むread more

サッカー日本代表(ウルグアイ戦)

森保Japan3戦目にして、初めての強豪となるウルグアイ。スアレスはいないものの、カバーニはちゃんと来てくれている。新生日本代表がどんな戦いを見せてくれるのか、とても楽しみな一戦だ。 注目のスタメンは、東口、長友、吉田、三浦、酒井、柴崎、遠藤、中島、南野、堂安、大迫の11名。大方の予想通り、ロシアW杯のDF陣&1トップと、コスタリ…

続きを読むread more