テーマ:ドラマ

2006年10月期期待の民放ドラマ

結局7月期の連ドラは一本も見たいと思うものが無く、そして実際に見ることなく終わってしまった。が、10月期はいくつか見る予定のドラマがあるので、忘れないためにもちょっとまとめておく。 とりあえず一番期待しているのはこれ。 「Dr.コトー診療所2006」 10/12(木) 22:00スタート フジテレビ 本編は2003年以来、20…

続きを読むread more

「電車男DELUXE 最後の聖戦」

約1年ぶりの電車男だが、オリジナルストーリー(たぶんあのテレビシリーズの脚本家)ということで期待はしていなかった。が、これほどとは! もう弱々しく笑うしかない・・・。 こういったスペシャルもので面白かったことはほとんどない。ない、が! 見ていて途中で眠くなるほどなのも滅多にない。本編の総集編+ほんの少しの新作部分というならいざ知ら…

続きを読むread more

「世界の中心で、愛をさけぶ」再放送・全11話

ブームといわれるほど話題になってたけど、なかなかみる機会がなかった「セカチュー」。ちょうど集中再放送をしていた第1回目の放送に気がついたので、とりあえず1週分(4話)録画してみて気に入ったら続きも見ることにした。 その週は仕事が非常に忙しく放送日当日は見ることができなかったので、土日に消化できなければHDDの残量上そのまま消去にな…

続きを読むread more

「ストロベリー・オンザ・ショートケーキ」再放送・全10話

「元カレ」に続くTBSの再放送は野島伸司脚本の「ストロベリー・オンザ・ショートケーキ」。2001年1月の本放送から約5年半ぶりだ。 おおよそのストーリーとタッキーと深キョンの二人が主演だったのは覚えていたが、脇が誰だったかはすっかり忘れていた、というのを第一話を見て思い出した。「元カレ」に続いて内山理名がお隣の幼なじみ役。二年ダブ…

続きを読むread more

「功名が辻」第26話

この回は吉兵衛につきる。初回から見続けていた人は涙なくしては見ることはできないだろう。 山内一豊(上川隆也)を支える重臣の一人である五藤吉兵衛(武田鉄矢)が今回で命を落とす。史実がどうだったか知らないし、予告編でそれらしきことは匂わされていたけど、正直信じたくはなかった。それほど彼の存在は大きかった。 討ち死にする前夜に彼が…

続きを読むread more

「元カレ」再放送・全10話

先週から毎日一話ずつ再放送していた「元カレ」。W杯期間中という個人的には超過密スケジュールのなか、ほぼ毎日きちんと見てしまった。面白かった~。 本放送のときも結構楽しみにしていたけど、あれっていつごろだっけ?なんて思っていたら、番組中に「2003年の~」なんて出ていた。うーん、3年前か・・・時間が経つのは早いなあ。 菜央(内…

続きを読むread more

「クロサギ」第1話~4話

ヤングサンデーで連載されている漫画のドラマ化。周りの友人に勧めつつも、なかなか見る時間をとることができなかったが、このGWでようやくまとめてみることができた。 4話まとめてみた感想としては、「意外と原作通りだな」という感じ。 違和感があるのは、 1.山崎努演じる桂木がいまひとつ不気味感がないこと。ただ、山崎努自身は、さすがの存…

続きを読むread more

「赤い奇跡」第1話&第2話

当初は赤いシリーズリメイクの最後を飾るはずだった「赤い衝撃」が、「陸上選手に見えない」「(深キョンが)昭和風ではない」などの理由で急遽完全新作「赤い奇跡」になってしまった。さてその出来はいかに。 第1話 多少時機を逸した感もあるけど、トリノ金メダルで沸いた女子フィギュアスケートが題材でしたか。陸上スプリンターに見えないから企画が…

続きを読むread more

「青い鳥」再放送

野沢尚脚本のドラマ「青い鳥」が先週金曜日から集中再放送中だ。本放送当時(1997)結構好きで毎週楽しみに見ていた。なかなか再放送してくれなかったがほぼ9年ぶりにようやく見ることが出来て嬉しい限り。 野沢尚脚本のドラマって、他の脚本家とはちょっと違った独特の雰囲気があって結構好きだったなあ。特に「恋人よ」と「青い鳥」がお気に入り。何…

続きを読むread more

これまでの「功名が辻」と「西遊記」

1月期のドラマはあまり興味をそそるのがなかったので、この2つしか見ていない。とりあえずこれまでの感想をまとめておこうと思う。 「功名が辻」 司馬遼太郎原作で山内一豊の妻の内助の功の話らしいことは知っているが、具体的に何をどうしたまでは知らないし、久しぶりの戦国ものなので結構楽しみにしていた。 が! 初回を見終わったときの感…

続きを読むread more

「花より男子」第9話(最終話)

あーあ、終わっちゃったよ、「花より男子」。でも全9話って短くない? あっという間に終わってしまった気がする。確かに展開自体も次から次へと事件が起きたので、そんな風に感じたのかもしれない。 最終回のTOJ審査はちょっとつくしに都合がよすぎる気もしたけど、結局は準優勝にとどまり残念ながら優勝することはできなかった。まあそんなものだろう…

続きを読むread more

「義経」最終話

「義経」が最終回を迎えた(地デジで一足早く視聴済み)。視聴率的には今ひとつふるわなかったものの、個人的には一年間通して楽しむことができた。 最終回は、義経主従の最期をドラマティックに描いてあり、なかなかよかった。特に駿河次郎(うじきつよし)の最期は壮絶そのもの。弁慶の仁王立ちよりも印象に残った。義経の最期もインパクトあったなあ。義…

続きを読むread more

刑事コロンボvol.22(3/3)策謀の結末(DVD)

とうとうコロンボDVD-BOXの最終話までたどり着いた。4年以上かけて全45話をなんとかコンプリートすることができて嬉しい。さて、その最終話だが・・・。 アイルランドの紛争を背景にした武器ブローカー殺人事件を巡るお話なのだが、個人的には未見のエピソードだった。シリーズの最終話だからドラマティックな展開になるかと思えばそうではなく、…

続きを読むread more

「花より男子」第3話・4話

前回で、なんとなく道明寺の馬鹿っぷりが見え始めていたが、今回はそれが一層明確になっていた。やはり金持ちの馬鹿息子ってところなのだろうか。 それにしても前回であっさり花沢 類(小栗旬)がパリに行ってしまったのは残念。せっかくつくし(井上真央)といい感じになりそうだったのに。これじゃあ道明寺(松本潤)の思うつぼだよ。 と思いきや…

続きを読むread more

「花より男子」第1話・2話

少女漫画が原作ってことしか知らなかったけど、結構面白いなあ、これ。また3ヶ月楽しめそうなドラマが見つかってよかった。 設定は結構ありがち。お金持ちのご子息が通う学園に庶民の子供が通う、なんて話はいくつか思い当たる。その中でも選りすぐりで学園をも牛耳る4人(F4)と正義感の強い女の子が、今のところは反発しあっているけど、そのうち惹か…

続きを読むread more

「鬼嫁日記」第1話~3話

今月上旬のドラマスペシャル版ラッシュで少々疲れてしまい、10月期のドラマを見始めるのが遅れてしまった。で、とりあえず録画しておいた「鬼嫁日記」を消化することにした。電車男が2ちゃんねる発なら、こっちはブログ発。さて、どんなものか。 結局、3話分を一日で見てしまったんだから、個人的には○だったかな。 しかし、第1話を見ただけで…

続きを読むread more

いま、会いにゆきます(デジタルWOWOW)

TVドラマ版に続いて、WOWOWで放送した映画版を見た(順番逆だけど)。さすがにドラマ版とは違ってテンポよく話が進んだ。まあ2時間と10時間だから当たり前か。でも、結構設定とか違うんだね、映画では。 それでも、澪が事故にあって未来に飛ばされ、自分が死んだ後の巧と祐司に出会うことや、最初は巧の思い出が語られ、その後に同じシーンを澪の…

続きを読むread more

「赤い運命」第3話(最終話)

予想通り今週はドラマ三昧で忙しかったが、ようやく「赤い運命」の最終話を見ることができた。最後は少しオリジナルと違うところがあったにせよ、全体的に結構面白かったように思う。 最後、直子(綾瀬はるか)が刺されるところなんてあったっけ、なんて思ってDVDを見直したら、オリジナルでは吉野信人が刺されていた。でもあまり違和感なかったし、島崎…

続きを読むread more

「白線流し・夢見る頃を過ぎても」

とうとう「白線流し」のスペシャル版も今回が最終章。本編終了から10年目ということで区切りをつけたのだろうが、ちょっともったいないなあ。終わりなんていわずに今後も定期的に作って欲しい、と今回のスペシャル版を見終わった後にそう思った。 前回では、あまりに園子(酒井美紀)に辛い展開だったので、そんなに園子をいじめなくてもいいのに、なんて…

続きを読むread more

「電車男・もう一つの最終回スペシャル」

ドラマ版の高視聴率に気をよくしたフジが追加で作ったスペシャル版。本編と違って、こっちは創作のサイドストーリーと聞いていたので素直に楽しめた。ところどころ爆笑させていただきました。 一通り見て思ったのは、新たに追加したエピソードと本編放送時にカットしていた部分をうまく合わせて構成しているみたい、ってこと。本編放送時には、合コン時の「…

続きを読むread more

「赤い運命」第2話

3夜連続2時間視聴はきついなあ。今週は電車男SPと白線流しSPもあるし・・・。ということ?で「赤い運命」第2話は二日に分けて視聴。そうそう、第1話は視聴率11.5%&急遽翌日再放送を実施したりして大変なことになっているみたい。 さて第2話だが、オリジナルで内容を知っているだけに個人的に少しテンションは落ち気味。展開も1話ほどセンセ…

続きを読むread more

「赤い運命」第1話

前回の「赤い疑惑」に続く、山口百恵主演シリーズのリメイク「赤い運命」の第1話を見た。最初はいろいろ違和感があったけど、そのうち慣れてきてストーリーに引き込まれていった。うん、今回は結構いいテンポで話が進んでいる気がする。 さて、まずはオリジナルとリメイクでの出演者を比較してみる。 島崎直子  山口百恵 vs 綾瀬はるか 島…

続きを読むread more

「電車男」の視聴率・その3

「電車男」最終話の視聴率は25.5%だったらしい。個人的には強気に30%越えを予想していたが、意外と伸びなかったなあ。1話前が24.1%だから少なくとも+5%以上はいくと思っていたんだけど。 そうは言っても全話の平均視聴率20%越えは素直に凄いと思う。単なるネット上の掲示板の書き込みが小説になり映画になり漫画になりドラマになり舞台…

続きを読むread more

「電車男」第11話(最終話)

とりあえず終わりましたね、ドラマ版「電車男」。つっこみどころ&不満点もたくさんあったけど、この3ヶ月はいろいろ楽しませてもらいましたよ。 しかし、最終回の冒頭15分がいきなり総集編かよ。エルメス(伊東美咲)がスレを読むという流れだからある程度はしょうがないけど、せっかく30分延長拡大版なのにちょっと時間の使い方がもったいない気が…

続きを読むread more

「いま、会いにゆきます」第10話(最終話)

ようやくすべての謎が解けたのだが、個人的には素直に「そうだったのか」とは思えない展開だったかもしれない。 結局、死んだはずの澪が蘇ったとか、実ははよく似た別人だったってことではなくて、事故にあった19歳の澪がタイムスリップ&記憶喪失になって8年後に飛ばされてきたってことだよね。それってキャッチフレーズである「奇蹟」ではなくて「SF…

続きを読むread more

「電車男」の視聴率・その2

「電車男」第10話の視聴率が24.1%だったらしい。第2話が20%を超えたときに、「25%を超えるか興味がある」と書いたけどこれは現実味を帯びてきたかもしれない。来週の最終回は注目だ。 ところで、電車男以外の視聴率について。前回と同じく私が第1話を見た「スローダンス」と「いま、会いにゆきます」を例に出すと、 「スローダンス」 最…

続きを読むread more

「電車男」第10話

2週間ぶりの電車男だが、前回の引きから続く冒頭のテンションについていけない・・・。しかし、少し前の回にあった展開と全く同じだね。エルメスに「もう会いたくない」と言われる→電車男落ち込み、あきらめようとする→ネットの住人が励ます→以下略。 どうせ今回&最終回も同じ展開になるんだろうなあ。やっぱり人の手が入ったドラマオリジナルの展開は…

続きを読むread more

刑事コロンボvol.22(2/3)攻撃命令(DVD)

9/11は各テレビ局とも選挙速報ばかりだったので、しかたがなく未見のDVDを見ることにした。で、選んだのがこれ。DVD発売時に全巻購入したはいいが4年以上かかってもまだ見終わっていないという・・・。でもこれを含めてあと2話でコンプリートだ、頑張ろう。 このエピソードのひとつ前のお話「秒読みの殺人」が非常に面白かった反動もあって、今…

続きを読むread more

「H2~君といた日々」全11話(再放送)

先週に集中再放送された「H2~君といた日々」をようやく全話見終わった。やっぱり面白かった。結局D-VHSにもDVD-RWにも残さなかったんだけど、失敗したなあ。 前半のコメディ~中盤での甲子園初出場を決めるあたりまで見て、保存しなかったことを後悔。邪魔になれば消せばいいんだから手間を惜しまなければよかった。実は試しに最終話だけDV…

続きを読むread more

「電車男」第9話

今回(の前半)はやりたい放題やっているな。伊東美咲をメイド姿にしたりツインテールにしたり、小首をかしげて「萌えー?」なんて言わせたり。恐るべしフジテレビ(笑)。 伊東美咲のエルメスって原作のエルメスよりもお嬢様過ぎる気がしていたけど、ここまでやってくれたらそれはそれでもうどうでもいい気がしてきた。うーーん、美人は得だねえ。 …

続きを読むread more