「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」全11話

ふと見始め、ほぼ毎回泣かされてきたが、最終回は最初から中盤過ぎまで泣きっぱなしだった。こんなドラマは今までにない(と思う)。

まあ、自分が歳をとったということもあるが、地方から上京した男でこのドラマを見て心を動かされないやつはいないのではないか、という話をこのあいだ九州(長崎)から出てきた先輩と話をしてしまった(私は四国出身)。コブクロの主題歌も多少マンネリ気味のタイトル&歌詞だがなかなかいい。

ストーリー的にはあまり大したことはないのに、原作がベストセラーになるというのは、そういった誰でも身に覚えがあるエピソードが等身大に語られているからだろう。ただ、正直自分がマーくん(速水もこみち)と同じ境遇になるのはまだまだまだまだ先でいい。っていうかこなくていい。

フジの月9にしては異色の内容だったこのドラマ。視聴率的には苦戦したようだが確実に自分の心にはインパクトを残した良質のドラマだったと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック