スパイダーマン3(WOWOW)

久しぶりにプロジェクターを設置して、録画してあったスパイダーマン3を視聴。見始めてしばらくしたら、すでにほとんど1作目2作目のことを忘れているのに気がついた。

えっと、友人のお父さんを殺したと誤解されたのはどっちだっけ?1作目かな? MJにはスパイダーマンの正体を気づかれたんだっけ。まあこれは2作目だよなあ。なんてことを考えながら見ていた。

しかし、この3作目の展開はある意味すごい。もう何でもありというか、宇宙からの謎の生命体とか人間が分子レベルで分解されながらも執念で復活したりするんだから。それらしき理論なんてあったものじゃない。このアバウトさがさすがアメコミと思わせる。

スパイダーマンのもう一方の売りはというと、青春ものテイストだが、やっぱりヒロインであるMJの魅力がどうしてもわからない。まあ好みはいろいろだと思うが、万人受けするヒロインではないのは確かだろう。

結局、最後はMJが人質になったり、主要人物が死んだりする展開も従来作品と一緒。そろそろ内容的にもマンネリになってきていて、あまり次作をみたいと思わなくなってしまった。今回の作品はBD化するのはやめてもいいかなという感じだ。

今回久しぶりにプロジェクターで映画を見て気がついたことがある。それは、液晶テレビLT-42LH905でフルハイビジョン画質その他に慣れてしまったということだ。XV-Z9000は1280*720Pなのでどうしても画素変換が入る。1366*768の液晶テレビで見ていた時は気がつかなかった、画素変換による解像度の低下が認識できるようになってしまった。また、コントラストもLT-42LH905の方が高いので、画的にメリハリがないように感じる。倍速処理がないのも痛い。これらを総合して何がいいたいかというと、プロジェクター買い換えようかな、買い換えたいな、ということだw

内容:65点 画質:90点 サラウンド:75点

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック