Bluetoothマウス(VAIO VGP-BMS77)購入

10月に発売されたソニーのBluetoothマウスVGP-BMS77を先日購入した。

買ったのはこれだ。開発者情報はこちら

画像
外観はこんな感じ。

これまでPC用マウスはMicrosoftのマウスばかり使ってきた。ソフト/OSメーカーとしてのマイクロソフトはあまり好きではないが、マウスの使いやすさは他のサードパーティとは一線を画していたと思う。何度か他メーカーのマウスを使ったことはあるが使い勝手はいまいちだった。

今回よりによってVAIOのマウスを購入したのはもちろんいくつか理由がある。大前提として、ケーブルレスのマウスが欲しかったこと。それも外付けアダプタが必要なUSBタイプじゃなくて、ノートPC内蔵のBluetoothタイプがよかった。USBタイプだとUSBポートにアダプタを差し込むことになるので全くスマートじゃないから却下だ。

他のポイントは、乾電池じゃなくて充電タイプということ。さらに非接触充電ができること。さらにはマウス自体の重さが軽いことなどだ。デザイン的には、デザイナーがいうほどよくないのであまり個人的ポイントは高くない。

先週末にsonystyleで購入したので約一週間使って見た感想だが、最初にフル充電してからまだ充電サインは出ていない。スペック的には4週間持つはずなので、今のところは問題なしかな。肝心のポインティング感覚は多少微妙。いろいろセッティングをいじってはいるが、まだぴったりフィットする感じで操作はできていない(フリーセル操作が手間取るからよくわかるw)。これはもう少し慣れが必要かもしれない。

一方、使いやすくなった面もある。中央にあるホイールボタンのさらに内側にある戻る/進むボタンが、使って見るといい感じだ。特に戻るボタンが使える。ブラウジング中に何度も元のページに戻る場合に、わざわざカーソルを移動してクリックしなくていい分かなり時間的ロスが少なくなる。また、ケーブルがない分自由に操作できるのがうれしい。接続ケーブルの微妙な束縛から解放された操作感はこれまでにない快感だ。

ただ、本体サイズがこれまでのマウスに比べて大きくなってしまったがこれはもう仕方がない。慣れるしかないだろう。重量感は全くないのでしばらくしたら慣れると思う。
画像
これまではノートPC用のOptical Mouse3000を使用。動きが軽快で使いやすかった

仕事で使わない以上、個人用PCの入力デバイスの大部分はマウスに頼ることになる。それだけにどのマウスを選ぶかは重要だ。今回選んだマウスがぴったりあってくれればいいが。しばらく様子を見たいと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック