新選組血風録(全12話)

4月のNHK-BS改編にあわせて始まったBS時代劇・新選組血風録が先日の日曜日に最終回を迎えた。

初めのうちは4,5話を録画したまま放置していたけど、GWに一気に消化して以降は、つまらない大河ドラマ「江」よりも遙かに楽しみな存在になっていた。

何がよかったかというと、
・土方歳三役の永井大以外は、新選組の隊士にあまり有名どころの役者が使われていないこと。まあ、その分、脇を演じる役者はそこそこ有名。
・殺陣の出来がすこぶるいいこと。とても迫力がある。特に沖田総司の剣捌きは必見。
・毎週放送の全12話なので展開が早いこと。だらだらしていないところが、風のごとく駆け抜けた新選組(というか幕末)のイメージにぴったり。
といったところだろうか。

こんな感じの時代劇なら今後も続けて見てみたい。と思ったら、次は沖縄? うーんまあ、その次に期待しようか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック