はじめてのあくしゅかい

この日曜日に初めて握手会というイベントに参加してしまった。場所は新宿、握手のお相手は中島愛(なかじまめぐみ)だ。

そもそものきっかけは、3/7に発売された彼女の2ndアルバム「Be With You」初回限定版CDを買ったところから始まる。その初回限定版の特典の一つとしてプレミアムキャンペーン応募はがきが入っていた。初回限定版にDVDが付くのは知っていたけど、そんなイベントの応募券が付くのは知らなかったし、知っていようがなかろうがこういった「抽選で**様が当選」といったものにはいつもノーアクションなんだけど、なぜか今回に限っては応募してみようと思い、翌日本当に応募した。

そしてさらに不思議なことに、今回の抽選は絶対に当たると感じていた(だから応募したんだろうな)。根拠のない予感ってやつ? 当選通知が来る2,3日前から、「そろそろ来る頃かな」なんて思いつつ郵便ポストを開けていたので、4/6(金)に本当に通知はがきが来たときの感想も「うん、やっと来たか」だったし。

画像
その当選通知はがきの宛名側がこれ。ん?167番? 確か、自分が応募したのはプラチナ賞で、当選人数は100人だったような。

★プラチナ賞
プレミアム「サイン&握手会」参加券 総計100名様(東京会場70名 大阪会場30名)
*サインの際に、お客様のお名前を入れさせて頂きます!

★ゴールド賞
プレミアム「握手会」参加券 総計500名 様(東京会場330名 大阪会場170名)

★シルバー賞
「アナザージャケットカード」プレゼント 500名様
※上記500名様の内、100名 様分には直筆サイン入り!

<プラチナ賞><ゴールド賞>について、4月15日(日)東京都内某所、4月22日(日)大阪府内某所にて実施します。
詳しい時間&場所については、当選者のみに御案内します。
応募締切:2012年3月20日(当日消印有効)


ということは? はがきの裏面を見る。
画像
なるほど、プラチナ賞は外れたけど、繰り下がり?でゴールド賞には当選したということか。そういう救済措置があるなんて応募はがきには一言も書いてなかった気がするけど、もし書いてあったら全員がプラチナ賞に応募するのは目に見えているから、そりゃ書かないか。

どうせ当たるなら何か「モノ」が当たる方が良かったのだけれど、握手のみだからといってゴールド賞を辞退するはずもなく、のこのことイベント会場に足を運んだ。

画像
久しぶりに目にしたので、都庁などを撮影しつつ会場に向かう。会場はベルサール西新宿。

画像
家を出てから時間調整することもなくそのまま会場に向かい、着いたのが集合時間2分前の17:28。すでに多くの人が中に入っていた。自分も中に入る。以降、写真撮影は禁止なので写真はなし。

入ってすぐ、ほぼ時間通り(17:30)にスタッフの人がロビーに移動するように指示する。そしてそこで少し待ったあと、番号順に整列し、イベントホールに移動。そこでは個別に椅子が並べて用意されていて、みんなそれに座っておとなしく待つ。自分が座ったのは17:50くらいかな。そこまでほぼ誰も会話なし。黙って何もせず待っているか、携帯やスマホを操作しているかの二択。抽選で集まった人たちばかりなので見知った人が近くにいるはずもないから仕方がないのだけれど、なんか妙な雰囲気だ。

自分もやることがないので、会場に何人くらいいるのか数えたり、ついでにどんな人たちがきているのかを観察したりしていた。人数については、椅子が横に5人分*3つなので、一列で15人。それが7列まるまる+αなので、約110人といったところか。自分は167番で7列目(93人目)だったから、当選してても1/3くらいの人は来なかったということかな。

客層については、大学生から20代後半くらいの男が多数。でも比較的年齢高めのおっさんもちらほら。自分が最高齢かと思ったら全然そうじゃなかった。若い女性も結構いたかな。ざっと数えて20人くらいはいたと思う。あと、外国の人も3人ほど。ファッション的に、うわぁって人は残念ながら?いなかった。みんなごく普通の格好だったけど、唯一の特記事項としては、青いジャージ(ラグランジェのジャージかな? ライブ会場での100着限定品らしい)を着たのが5,6人ほどいて、それが唯一異彩を放っていた程度。

とかしているうちに時間がきた。18:00過ぎに本人登場。簡単なあいさつとアクション付きで「にぎにぎさせていただきます」宣言をしたあと、すぐに握手会が始まった。何しろこちらは握手会というものが初めてなので、一体どのように進行するのか興味を持って(というか自分の番になったときにあたふたしないように)じーっと舞台の上を見ていた。

まず、席の列順にまとまって舞台に上がり、一列に並ぶ。このとき、当選はがきが回収される。ちなみにはがきに書かれていたような身分証明書の確認などは一切なかった。プレゼントの手渡しはできない決まりなので、持ってきている人はここでスタッフに渡しておく。自分の順がきたら中島愛の前に進み、握手してもらい、一言二言話をして、終わったら舞台から降りる。一人あたりの時間は、平均したら20秒といったところ。そして、終わった人はホールには残れず、そのまま退場→帰宅となる。

とてもあっさりしている印象だ。実際、当選番号1番の人なんて、中島愛が舞台に出てきてから、握手して退場するまで、正味3分もなかった。はじめは「何時間も待たされたらいやだなあ」なんて思っていたけど、逆に前の人たちのやりとりをほぼすべて見ることができる後の方がいい気がする。開始ぎりぎりにきて最後尾に回されている人が何人かいたけど、もしかしてそれ狙いなのかもしれないなと思ったりした。

見ていると、握手しているときの行動はみんな人それぞれ。ほんの2,3秒手を握ったと思ったら、目も合わさずにそそくさと逃げるように去っていく人もいれば、でっかい声で周りに丸聞こえの話をする人もいる。プレゼントを持ってきていた人は、そっちを指さして自分が持ってきたものの説明をしているというパターンが多かった。なるほどね。

さて、自分の列の順番がきたのは18:35頃。舞台に上がって数分経ったらもう自分の番になってしまった。ちょっとどきどきしながら本人の前に進み、最初にこんばんはとあいさつして、手を出して握手してもらった。話したことはほんの一言二言で、今回のCDを繰り返し聴いた感想を伝えたのと、また次もいい曲を聴かせてくれるのを期待しているといった感じの内容だ。うーん、ありきたりだ・・・。ちなみに、中島愛からは「じゃあ今度はライブにも是非来てください」と勧誘されてしまった(笑)

それにしても、事前にあれを伝えようかなとか、こんなことを質問してみようかなとかいろいろシミュレーションしていたのに、その1/3も話すことができなかった。しかも、丸暗記したのを棒読みする感じの話し方だし。でもしょうがないよな、とも思う。初対面の若い女の子に両手で手を握られ、まっすぐ見つめられ、しかも周りの人間からは注視され、その状態で臨機応変に気の利いた会話のキャッチボールをするのはちょっと無理。

握手と話が終わり、舞台から降りるために階段に向かおうとしてちょっと止まり、振り向いたらまだこっちを見ていたので最後に会釈をしたら会釈を返してくれた。実は、順番を待っている間ずっと他の人とのやりとりを見ていて気がついたのだけれど、彼女は握手が終わって帰ろうとしている人の方を必ず見送るようにしていた。多くの人はそれに気づかずにそのまま降りてしまうのだけれど、自分はせっかくだからきっちり見送ってもらった。

舞台を降りて時計を見ると18:42だった。残りはあと15人くらいなので、18:50にはすべて終わるだろう。イベントホールを出ると先に終わった人が7,8人くらいエントランスに残って待っていたけど、それ以外の人たちはもう帰ったみたいだ。もちろん自分もそのまま駅に向かう。それにしても、本当に握手会のみなのね。歌を一曲くらい歌うとかは全く期待していなかったけど、グッズ販売とかはあるのかもと思っていたのに一切何もなかった。

JR新宿駅に向かって歩きながら、握手した手は一生洗わない、なんて思ったわけはなく、逆に不特定多数の手を握った人と握手したから念入りに手を消毒しなくては、なんてことももちろん思わなかった。はじめての握手会でなかなか日常では得難い経験させてもらったなあ、と思いながら帰宅した。

さて、リアル中島愛をこの目で見た感想だけれど、見た目すごくかわいいかといわれたらそうでもないかもしれない。当日の髪型がかつらみたいとか(失礼)、顔が思ったより細くて角張っているなとか(失礼)は思った。もっと丸顔かと思っていたので意外だったかな。それよりも、キャラクターが明るくて元気で、すこしオーバーリアクション気味だけど、でもうるさい感じじゃなくて、ちゃんと落ち着いてもいる性格の方に好感が持てた。

まんまと勧誘に乗ってライブに足を運ぶことになるかどうかは今のところ未定。とりあえずはこれまで通り、通勤時や休みの日に彼女の歌声を聴いて、元気をもらい癒されるだろうということは決まっている。

Be With You(初回限定盤)(DVD付)
flying DOG
2012-03-07
中島愛

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Be With You(初回限定盤)(DVD付) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック