2012年上期(1月~6月)に読んだ本

今年も半年が過ぎた。この間、図書館から借りて読んだ本の数は82冊。以下にリストアップしておく。

●1月[10冊]
涼宮ハルヒの陰謀 谷川流
涼宮ハルヒの憤慨 谷川流
囮物語 西尾維新
涼宮ハルヒの分裂 谷川流
GOSICKs 2 ‐ゴシックエス・夏から遠ざかる列車‐ 桜庭一樹
スティーブ・ジョブズ2 The Exclusive Biography ウォルター・アイザックソン
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 伏見つかさ
GOSICK 6 -ゴシック・仮面舞踏会の夜 - 桜庭一樹
“文学少女”と死にたがりの道化(ピエロ) 野村美月
GOSICKs 3 ‐ゴシックエス・秋の花の思い出‐ 桜庭一樹
●2月[19冊]
“文学少女”と飢え渇く幽霊(ゴースト) 野村美月
“文学少女”と繋がれた愚者(フール) 野村美月
“文学少女”と穢名の天使(アンジュ) 野村美月
“文学少女”と慟哭の巡礼者(パルミエーレ) 野村美月
“文学少女”と月花を孕く水妖(ウンディーネ) 野村美月
“文学少女”と神に臨む作家(ロマンシエ) 上 野村美月
“文学少女”と神に臨む作家(ロマンシエ) 下 野村美月
“文学少女”と恋する挿話集(エピソード) 1 野村美月
“文学少女”見習いの、初戀。 野村美月
“文学少女”と恋する挿話集(エピソード) 2 野村美月
“文学少女”見習いの、傷心。 野村美月
“文学少女”と恋する挿話集(エピソード) 3 野村美月
“文学少女”見習いの、卒業。 野村美月
“文学少女”と恋する挿話集(エピソード) 4 野村美月
半熟作家と“文学少女”な編集者(ミューズ) 野村美月
”葵” ヒカルが地球にいたころ・・・・・・① 野村美月
”夕顔” ヒカルが地球にいたころ・・・・・・② 野村美月
クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い 西尾維新
クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 西尾維新
●3月[11冊]
“文学少女”はガーゴイルとバカの階段を昇る 野村美月 他
キノの旅 the Beautiful World 時雨沢恵一
キノの旅 2 the Beautiful World 時雨沢恵一
恋物語 西尾維新
”若紫” ヒカルが地球にいたころ・・・・・・③ 野村美月
乃木坂春香の秘密 15 五十嵐雄策
ねこシス 伏見つかさ
とある魔術の禁書目録(インデックス) 鎌池和馬
アリソン 時雨沢恵一
アリソン 2 真昼の夜の夢 時雨沢恵一
1Q84 book3(10月-12月) 村上春樹
●4月[13冊]
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら 岩崎夏海
アリソン 3 <上> ルトニを車窓から 時雨沢恵一
アリソン 3 <下> 陰謀という名の列車 時雨沢恵一
電波女と青春男 入間人間
電波女と青春男 2 入間人間
キノの旅 3 the Beautiful World 時雨沢恵一
スティーブ・ジョブズ1 The Exclusive Biography ウォルター・アイザックソン
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 2 伏見つかさ
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 3 伏見つかさ
キノの旅 4 the Beautiful World 時雨沢恵一
リリアとトレイズ 1 そして二人は旅行に行った<上> 時雨沢恵一
リリアとトレイズ 2 そして二人は旅行に行った<下> 時雨沢恵一
リリアとトレイズ 3 イクストーヴァの一番長い日<上> 時雨沢恵一
●5月[20冊]
リリアとトレイズ 4 イクストーヴァの一番長い日<下> 時雨沢恵一
リリアとトレイズ 5 私の王子様<上> 時雨沢恵一
リリアとトレイズ 6 私の王子様<下> 時雨沢恵一
キノの旅 5 the Beautiful World 時雨沢恵一
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 4 伏見つかさ
メグとセロン 1 三三〇五年の夏休み<上> 時雨沢恵一
メグとセロン 2 三三〇五年の夏休み<下> 時雨沢恵一
メグとセロン 3 ウレリックスの憂鬱 時雨沢恵一
メグとセロン 4 エアコ村連続殺人事件 時雨沢恵一
電波女と青春男 3 入間人間
キノの旅 6 the Beautiful World 時雨沢恵一
電波女と青春男 4 入間人間
メグとセロン 5 ラリー・ヘップバーンの罠 時雨沢恵一
メグとセロン 6 第四上級学校な日々 時雨沢恵一
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 5 伏見つかさ
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 6 伏見つかさ
キノの旅 7 the Beautiful World 時雨沢恵一
”朧月夜” ヒカルが地球にいたころ・・・・・・④ 野村美月
キノの旅 8 the Beautiful World 時雨沢恵一
あの夏で待ってる 1 豊川一夏
●6月[9冊]
メグとセロン 7 婚約者は突然に 時雨沢恵一
キノの旅 9 the Beautiful World 時雨沢恵一
電波女と青春男 5 入間人間
電波女と青春男 6 入間人間
学園キノ 時雨沢恵一
涼宮ハルヒの驚愕 前(初回限定版) 谷川流
涼宮ハルヒの驚愕 後(初回限定版) 谷川流
GOSICK 7 -ゴシック・薔薇色の人生- 桜庭一樹
涼宮ハルヒの秘話 涼宮ハルヒの驚愕 初回限定版 特製小冊子 谷川流

Excelにまとめてあるので、コピペも楽ちん。しかし、こうして振り返ってみると、2月は野村美月の“文学少女”シリーズ一色だ。ほぼ待ちなしで借りることができたので、集中して読むことができたのが大きい。勢いで、劇場版“文学少女”のブルーレイも買ってしまったので、まあハマっていたといっていいだろう。

野村美月の作品を読み尽くしてしまい、次はどうしようかと思って選んだのが時雨沢恵一。「キノの旅」はイマイチだったけど、「アリソン」「リリアとトレイズ」「メグとセロン」の一連のシリーズが面白かった。特にアニメ「アリソンとリリア」では描かれなかった「リリアとトレイズ」がよかった。あと、あとがきが面白いのがこの人の作品の特徴だ。あとがきは毎回楽しみにしている。

それ以外では、「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」「電波女と青春男」「涼宮ハルヒ」など、アニメ化されたエピソード以降のお話を興味深く読んでいた。

予約してから手元に届くまで一番時間がかかったのは、「スティーブ・ジョブズ1 The Exclusive Biography」の161日。去年の11/6に予約して、4/15にやっと順番が回ってきた。ちなみに、2位は意外にも「GOSICK 7 -ゴシック・薔薇色の人生-」で、152日だ。

次はまた半年後。さすがに同じペースでいくとは考えられないけど、年間で100冊はクリアできそうだ。ラノベ以外もいくつか予約中なので、いわゆるベストセラーがどんななのか興味を持って読んでみようと思う。



メグとセロンVII 婚約者は突然に (電撃文庫)
アスキー・メディアワークス
時雨沢 恵一

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by メグとセロンVII 婚約者は突然に (電撃文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

アリソン (電撃文庫)
メディアワークス
時雨沢 恵一

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アリソン (電撃文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック